飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマの質について考える。
2006年09月07日 (木) | 編集 |
今ね、関西では2時から「振り返れば奴がいる」を再放送してんですよ。私の中では神ドラマの一つですからね、全てDVDに収めて永久保存するつもり満々ですよ。きっと再放送してくれなさそうなSPはビデオで残っているんでこれもその内DVDに落とす所存でございます。

今日もワクワク見ておりました。1時間があっという間に終わってしまうクオリティの高さと息つく間もない展開に痺れる。もう本当に何回見たか分からない程見ている癖に全然飽きない。カメラ割りから台詞からBGMまで全て知り尽くしているのに面白い!こんなドラマはそうそう無いと思う。なんと言っても俳優陣のレベルが高い!レベルっても芸能界の格付けなんて下賎な話じゃなくて、演技力のレベルの事です。

今の、事務所ゴリゴリ押しの実力皆無の架空人気タレ満載のヘボドラマなんか学芸会以前に見えて来る程レベルが違います。更に言えば、脚本もレベルが段違いです。最近のドラマって見終わった後に心の端にこれっぽっちも引っかからないようなお洒落っぽくしただけの陳腐な台詞の山、山、山!まぁ、脚本家の質の低下の一因に一々噛んで含めるように一から十まで説明してすら理解出来ない読解力ゼロの世代が増えているってのもあるんですけどね。嘆かわしい事です。今回の「振り奴」で司馬ちゃんと中川部長の過去の因縁のシーンが出て来たんですけどね。台詞はほとんどないんですよ。医療ミスして患者をオペ中に死なせてしまった中川部長(鹿賀丈史。この人も凄い俳優です)が司馬先生にそのミスを押し付ける為に土下座して頼んでいるんですけどね。

中「司馬君…頼むよ、ね?頼むよ、司馬君」

台詞はこれのみ。でも、土下座(っても正座して座ってるだけで頭は下げていない。ここに中川の人間性が現れていて面白い)する中川を見下ろす司馬先生の目の動きだけで、「何を」頼んだのか、それを見た司馬先生は中川に対して「どんな」感情を抱いたのか。それがね、もう司馬先生の表情見てるだけで手に取るように分かるんですよ。これはもの凄い事です。今の脚本家ならば延々と言い訳する中川と、それを見てどんなにショックかを延々と語る司馬って糞展開にする所でしょう。でも、三谷さんは台詞を極々僅かに絞った。必要最低限のみ。でも、それでも充分。いや、だからこそ見ている方の胸に刺さる。これはまぁ、演じる側の力に依る所も大きいんですけども。織田は天才ですよ。

特にこの「振り奴」の名場面は短い台詞で構成されている気がする。台詞だけ書き出して行けば「それのどこが名場面なの?』って感じなのだが、映像込みで見ると…ドラマの流れで見るとこれ以上は無い程のゾクゾクするような名場面になるんだよね。本当に名作だと思いますよ。今のドラマはもっと台詞を削るべきだと思う。そしてもっと、目の演技をさせるべきだと思う。…と、それは出来ない輩が増えてんのか(´А`)由々しき事態だわ。どうしてこんなにレベルが低下しちゃったんだろうか。視聴率至上主義になっちゃったせいだろうか。なんか制作者側のドラマに対する愛着が感じられないようなのが増えている気がする。

今期で私が見ているのは「結婚できない男」と「マイボス★マイヒーロー」のみなのであるが、この2作には「振り奴」とまでは行かないが、そこそこの面白さとスタッフの愛着心みたいなのを感じる。「結婚…」の方は俳優陣もベテラン勢を使っていて見苦しい演技をするのが皆無(唯一みちるの同僚だけアレだけど、出番が少ないからマシ)だし、犬のケンちゃんの神演技には毎回癒されている。やっぱし、主要な役はそれなりに演技の出来る人にして貰わないと計11回も見続けるなんて出来ないだろう。一回だけチラッと見た「サプリ」は酷いものだった。伊東美咲は「タイガー&ドラゴン」の時なんか凄く良い感じだったのに、その魅力が全然活かされてなくてこれでは可哀想だと思ったわ。向き不向きってのがあるんだよね。それをキャスティングする側が見抜かなければいけないと思う。

あと、なんでも漫画をドラマ化すりゃいいってもんじゃないって事をそろそろ学んで欲しい。たまたま「ごくせん」や「花より男子」が上手くいったからって、他のも全部右に倣えして成功する訳ないじゃないか。しかも、原作改悪につぐ改悪で原作ファンからすれば「舐めてんかゴルァ( ゚Д゚)」って感じなのばっかだし。あと、連投な。今期は上戸彩が「アテンションプリーズ」主演に続いて「下北サンデーズ」主演してたけど…。なんで?って思う。脇が連投なら別にアリだと思うんだけど、主演が連投は「え?また出るの?」って感じなんだよね。なんで連投なんかするんだろう。連投って事は、最後の方はちょっとダブルんじゃないの?なんかなぁ~。どっちも中途半端になるような気がするわ。次は亀梨が連投なんだっけ?24時間でのドラマもそうだったし、事務所が大プッシュしているのは分かるんだけどちょっとやり過ぎ。てか、明らかに「サプリ」は赤西系が演じるべきドラマだった気がする。事務所は何考えてんだ。潰す気なのか(´А`) 取り敢えず、連投は誰に関してもあんまし良い感じしないからしない方がいい。天海祐希がした時もちょっと工エエェェ(゚д゚)ェェエエ工って思ったもんな。好きな人でもそうなんだから、そうでない人だったら「もういいって。お腹いっぱい」ってなっちゃうだけなのにね。

しかし、今期の低迷っぷりは本当に凄くて驚く。10%未満がザクザクだもの。視聴率が全てではないけれど、それだけドラマを見ない人達が増えているってのは問題。まぁ、一言で言えば「おもしろくない」んだと思う。それで視聴者が離れて行ったんだと思う。かつて「ロンバケ」があんなにヒットしたのは別に木村くんと山口智子の人気のせいでは無いと思う。この辺勘違いしている輩が多い(哀しい事に現場で)みたいだけど、あの時にもし「サプリ」と全く同じ脚本と演出でドラマやってたらあんな大人気にはならなかったと断言出来る。「ロンバケ」は、役者陣だけでなく音楽、脚本、演出の全てが上質で、バランスが上手く取れてたからこそ奇跡のドラマになったんだと思う。そこを間違えているからいつまでたっても第二の「ロンバケ」が作れないんだよ。人気者出しときゃ当たるだろうなんて馬鹿じゃないの?視聴者を馬鹿にするのもいい加減にしろと言いたい。ちゃんと質の良い脚本で、しっかりした演出で、ドラマに合った音楽で、役に合った配役陣でドラマを作ればまた視聴者は帰ってくる筈なのだ。今回の低迷で危機感を持って改めて欲しいと思う。

あと、「キムタク出してりゃOK」の幻想も捨て去ってくれな。「GL」以降納得出来るような作品がないんですよ。「プライド」と「エンジン」は申し訳ないけどもう忘却の彼方ですわ。「ロンバケ」や「眠れる森」の方が記憶に新しい位。早く木村くんのドラマでワクワクしたいんですけども。「華麗なる一族」がどう転ぶか、不安でもあり楽しみでもあります。「誰これ!?」って程の変貌を求む。その前に剛のドラマがあるな。佐々木さんが出るし絶対見るつもりだけど…。ドラマ界の活性化になるような上質なドラマである事を祈っている。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。