飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「推理小説」を読む
2006年03月27日 (月) | 編集 |
推理小説推理小説
秦 建日子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



帰宅する途中の電車で読み始め、帰宅後すぐに続きを読んであっという間に読破しました。文体が読み易くてページが思ったより薄かったお陰ですね。ドラマとは少し設定が違ってましたが、基本的に雪平と安藤はドラマのイメージのまんまでしたね。こっちの安藤は黒幕では無いようなのでドラマの悪夢は忘れて忠犬安藤を堪能しておりました(*´∀`)

読後の感想としては、既にドラマを見てしまってて犯人も分かっている状態で読んでしまったせいで「補完本」の枠を出てなくて上手い事書けない(;´Д`) 犯人知らずに読めばそれなりに面白かったのかも知れないんだけどね。瀬崎が犯人として色々動いていた辺りの描写もドラマよりきちんと描かれてたし。最初犯人と思われた平井の処置は小説の方が良かったと思った。でも、小説版には薫ちゃんがいないのが不満だわ。

しかし、この作者は私を毎週イライラさせた「天体観測」や、そのオチに視聴者全員が「なんでやねん!」と総ツッコミを入れた「共犯者」や、毎回私を涙の海に誘い佐々木さん萌えの基本を作った「ラストプレゼント」の脚本家だったんですね!ちょっとビックリ。上手いのか下手なのか微妙なラインアップですが。小説は上手かったと思います。脚本家の小説で最悪な案件を知っているので(「宇宙皇子」)尚更思いますわ。で、続編が夏に出るらしいのですが最後に雪平が担当していた「赤ちゃん誘拐事件」が次の話なのかな?ドラマとは違うんだから安藤は忠犬のままなんだよね??だったら読むぞ!安藤黒幕反対派ですから(笑)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。