飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Take Off!
2011年03月14日 (月) | 編集 |
...夜が明ければ日はまた昇るように哀しみの先に喜びがある...

犠牲になった方へのご冥福と、被災地の、一日も早い復興を祈っています。

私は関西在住の為、今回の被災は免れました。先の阪神大震災も、少し家にヒビが入っただけで済みました。ネットのあちこちで、そんな私と同じように被災を免れた者達が今、自分達が出来る事を語り合っていました。それを少しまとめてみました。

■被災地への交通手段自体が困難な今、何かしようと個人が駆け付けたりするのはかえって邪魔になります。緊急を要する今は、医療関係者、復旧工事関係者、救援物資輸送業者を優先させましょう。人手が要るのは、もう少し後です。

■救援物資は、今は被災地に送る事が出来ません。送れるようになったからと、個人がいきなりあちこちに送っても迷惑にしかなりません。阪神大震災時には個人が送って来た大量の物資を仕分けするだけで大変だったそうです。物資を送るなら、地元のきっちりした窓口を通じて送ると無駄が無くて済みます。

■寧ろ、個人は物を直接送るのではなく募金をするのが一番良いと思います。ただし、募金と言っても詐欺も多いので、テレビ局等で呼びかけている身元がしっかりした機関を選んで募金するのが良いと思います。

■後は、献血。健康で血が余ってる人はできるだけ献血に協力しましょう。

一人一人の力は僅かでも、何人もの力が合わされば大きい力になります。

地元、関西電力も支援しております。東西の周波数が違うので、送れる電気の量に上限があるのですが、その上限いっぱいの電気を送り続けています。原発への資材と人材も派遣しております。(ちなみに、それに伴う関西地域での節電要請はデマです。チェーンメールには注意して下さい。でも、節電を心がける事は悪い事では無いです。)きっと九州電力も同じように協力をしている筈です。

頑張れ日本あの美しい景色を、笑顔を、一日も早く再び取り戻す事を願って...
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。