飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっちもこっちも刑事モノ。
2011年03月05日 (土) | 編集 |
昨日は、せっかくHTさんに起こしてもらったのに、ワッツの途中で何度かうたた寝したらしく、面白そうな下りが聞けずに残念無念(つД`)・゚・最近何でこうも眠いんだろうか…。夜の11時辺りは一番眠くていけない。くそぅ!週イチの癒しタイムがぁああああ~~~!!!_| ̄|○ il||li

なので、ワッツ感想はあまりに記憶がツギハギだらけで書きようがないので、四方山話でお茶を濁したいと思います(笑)


110304_1952~01


先日、同時にアマゾンから届いた漫画は奇しくも両方刑事物で、しかも表紙も良く似ていた(そうか?)

結局「デカワンコ」は、ドラマの方は評判良いんだけど見ずに終わりそうだ。昨日はSPやってたんだけど、うたた寝してる間にほとんど終わってしまった(´Д`)刑事物に食傷気味なのか、今見ているどのドラマもながら見になって来てしまっている。

その中では唯一、ながら見もせずきっちり見続けていたドラマが終わってしまった。それは、田村正和主演の「国選弁護士」。これは面白かった!芸達者な役者が要所要所を占めていて、地味ながらもとっても見がいのあるドラマだった。まぁ、相武紗季だけは最後まで下手だったけど(´∀`;)だから、何であんなに「~だわ」が不自然なんだ!

検察官役で西村雅彦さんが出ていて田村さん演じる国選弁護士と同じ画面に収まっているのを見て、いきなり「これって、古畑コンビじゃないか!!」と気付いた。確か西村さんは先週も出ていた筈なのに、その時は全然「古畑」を思い出さなかったのだ。だって、二人の醸し出す雰囲気が全然あの時の二人と違うんだもの。見事でした

こういう実力派俳優の仕事をじっくり見られた希有なドラマでした(*´ω`)次クールにもこんな地味でもいいから、クオリティの高いドラマが見られますように…。

そこで、漫画に話を戻すと。

「秘密」は、初巻から出る度に買っている作品なんですが、ここんとこの展開にはちょいと不満なんざんす。もっと「第九」の仕事にメインを置いて欲しいんですけども~~。こないだの大臣の娘が拉致された話は凄く凝ってて良かったのになぁ…。身内に敵が云々な展開はイマイチ好きじゃないの。そして、薪さんの相棒青木が監察医と恋に落ちて云々になってからなんともその辺の描写が…ちょっと…キモイと思っちゃうのよねもうちょいなんちゅうかサラ~~ッと流して欲しいざんす(´∀`;)

しかも今までは1巻完結だったのに、以下続刊だし!!!気になって仕方ないのに、出るのは一体何時なのよさ??待てるか~!!(ノ≧皿≦)ノ≡≡≡≡≡≡≡┻━┻(結局言いたいのはそれか)

「デカワンコ」はなんと言っても、擬人化ミハイルが格好良い!!!(*´Д`)ハァハァ出来ればずっと擬人化で居て欲しい位(最初の方でキン●マ舐めてたのは見なかった事にするわ!)しかし、ヒロイン(違)のキリ先輩よりも犬の方が恰好良くていいんだろうか(笑)まぁ、普段人間と一緒の時は犬だから良いのか。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。