飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年初めワッツ♪
2011年01月08日 (土) | 編集 |
木村ファンやSMAPファンの中には、おさむを毛虫のように嫌ってる人が多々おりますが(笑)私は、おさむが出て来るワッツは結構好きなんですよね。

だって、おさむと話す木村くんのテンションが大好きだから(人´∀`)
今回は「帰れま10」の時に弁当を食べられた事を知って言い放った

「吐けよ」

に、大爆笑させて頂きました(笑)いいわぁ~あのどこか投げやりな口調最高!
おさむを金の亡者のように言い募るのが面白くてw
あと、ミチの物真似も聞けて中々にお得なワッツでございました(*´艸`)

そして、「若者のすべて」の武志の触れる者全てを斬りつけそうな程の鋭さがあんなにリアルだったのは、その時の環境に依るモノが大いに関係あったのだなぁと改めて実感。私は、木村くんの素性も何も知らずにあのドラマを見て一目惚れした訳ですが、それもこれもガソリンに火を点けてくれた萩原君(断定するなw)のおかげなのだと思えば感謝してもしたりません(人´∀`)

だって、あのドラマは武志と哲生の二人の絡みに全てが掛かってたと言っても過言は無いんだもの。変に友好的で馴れ合った雰囲気が滲み出てしまえば台無しになるんだよね。本当に二人のシーン(同居するまでの前半ね)は、こうギリギリの危うさがあって、当時どんなにドキドキした事か。

あの、全く私好みではないあのドラマを最後まで見続ける事が出来たのは、武志が何せ魅力的だったから。武志と哲生のシーンの緊迫感に萌えてたから(すんません、殺伐萌えで)と言っても過言ではない。

当時、芸能界に全く疎かった私はあのドラマで知ってたのは萩原君(夏子の酒が好きだった)と、鈴木杏樹のみだったのよ(笑)だから、単純にドラマを楽しめたのもあったかも。今は色々知り過ぎて、楽しめてるとは言い難いなぁ…。木村くんのドラマよりも、軽く好きな俳優さんのドラマの方が楽しめてる。いかんなぁ…。

あ、でも「ヤマト」はかなり楽しめたかも(笑)
早くまた観たいぞ~!ヽ(`Д´)ノ 一応16日に観る予定なのだが…遠いぜorz

拍手レス
せっかくまともなコメントなのに拍手で済ますなよw

>「役割分担」でソンしてる人物の一人であることは間違いない@スマヲタ内

同意w
スマスマが自分らの望む方向とズレた時の叩き台になってるよね(´∀`;)
番組の出来云々をたった一人のスタッフのせいにするのは無理があるんだけど…
自分の気持ちのぶつけ先が欲しいのかもな。

自分を常に客観的に見るのは、あの世界では凄く大事な事だよね。
それにきっと彼は一役かってるんでしょう。お互い遠慮無さそうだし(笑)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。