飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月が見えねぇよ…。
2010年06月16日 (水) | 編集 |
『さて、ドラマもあと残す所●回となりました。なのに、相変わらず脚本は糞なまんまです。もう、最近は一々突っ込んでたらキリが無いので、普通のドラマだったら今までの展開をひっくり返すような色々な問題点が降って沸いて来ても、平気で脳内スルーできるようになりました。もう、どうでもいいです(ヤケクソ)。一切ドラマの内容に触れず、撮影隊が頑張っているとしか伝えなかった木村くんを始め、全キャストの一種悟りを開いたような演技が眩しくて、そっちをドラマにした方が良いんじゃ無いのかと思う程です。

こんなに最終回が待ち遠しいドラマなんか初めてです。

スタッフもヤケになっちゃいけない。冷静に作ろうよ、それかもう皆ハイになっちゃってたのか?あの糞脚本ともこれで最後だ! このままつっ走れ! 立ち止まるな! 止まったらもう立ち上がれないぞ! 後ろを見るな! 前だけみろ! 駆け抜けろ!ゴールは目前だあぁぁぁ~~! って勢いで作ったとしか思えない。現場は相当凄かった事だろう。「何だ?この展開は!」「ありえねぇ!」「なんの罰ゲームだよ!?」と騒然としてた事であろう。

それからフジ! 年1回しかない木村くんのドラマをよくぞこんな駄作にしてくれやがったな!今まで築いた物をよくぞ粉々にしてくれやがったな!!内容優先のドラマ作ってくれ! 頼むから木村くんの無駄遣いすんなよ!!』


まるで、今回のドラマの事を書いたかのような、上記の文章は、実は6年前に書かれたものです。ええ、私にとっての黒歴史ドラマ「プライド」の感想文なんですよ(´∀`;)当時はまだブログなんてものが無かった時代。個人HP全盛の頃。例に漏れず、私も個人HPを持っておりまして。そこの「日記」って項目に書き綴っていたもののログを掘り返して来ました(笑)

今回のドラマ。なんかものごっついデジャヴを感じると思ったら、6年前に既に同じ事を経験してた訳ですな(´А`)まさか、あの迷作「プライド」を越えるドラマが出来てしまうなんて、夢にも思っておりませんでしたあんな駄作、作ろうと思って作れるもんじゃあありませんよ。

でも、前回のドラマと今回のドラマで大きく違う事が、一つあります。それは、『今回は、ドラマの内容に見合った結果が出ている』っていう事です。これは、一見負の要素に捉えられがちですが、私はそうは思いません。なまじ、6年前に内容に見合わない結果を出してしまったが為に、今回同じ轍を踏む羽目になったのだと思っております。

これに、製作陣は懲りるべきです。今回、何もかもが迷走に迷走を重ねているらしい事なんて、内情に疎い私ですら想像がつきますよ。開始前のピンクピンクした『恋愛!!!』を全面に押し出したCMスポットと、いざ始まってみたら『恋愛どこ??』状態の展開との差、開始前の蓮介のキャラと、実際のドラマの蓮介の差。開始前は『クールな有能若社長だが、人間的魅力に溢れてて男女問わず惹き付ける』とか言われてて、実際クランクイン前の中の人がTV誌のインタで「どうして蓮介が社長を続けていられるのか」「彼の潜在能力に至るまで徹底的に話し合った」と語っているんですが、実際の作品にはこの、必要不可欠な部分が全く反映されていないんですから。この辺がしっかり描かれていたら、多少の『 (゚Д゚)ハァ?』も目をつぶれるのに、そこをすっ飛ばすからこんな駄作になってしまってるんですよ。

素直に原作通りの展開にしてたら、前宣伝に違わない普通の萌えを散りばめた大人の恋愛ドラマが普通に完成してた筈なんですよ。あの原作の何処が製作陣は気に入らなかったの??と今更ながら胸倉掴んで直談判したい程謎なんですけども。『弥生』に当たる人物がキャスティング出来なかった(正直、篠原のイメージではない)としても、あの原作からさほど遠く離れずに現在キャストで充分作れた筈ですよ。こんな素人の私ですら、それが想像出来る程ですよ。

主題歌だって、今のままじゃ無駄遣いです。久保田のFC会報に主題歌を依頼された時の事が載ってました。第一話の台本と、制作側のだいたいの今後の展開を聞いて、蓮介をイメージして作ったそうです。制作側は、「初回はこんなイメージになってますが(久保田は社会的なドラマだと感じたらしい)、これからどんどんラブストーリー度が増していくんで、とにかくラブソングを作って欲しい」と言ってたそうです。つまり、初回脚本があがった時点では…まだ原作寄りな展開だったのかも知れません。

それから何をどうやってどう混ぜたらこんなのが出来上がったのか、TVの前の私には想像しか出来ませんが、紆余曲折があった事だけは確実な事だと思ってます。でも、正直そんなのは視聴者には全く関係ないんですよ。裏で何が起きていようと、放送した時点でそのドラマは視聴者のものなんですよ。良いか悪いかは、視聴者が決めるんです。良ければ見るし、悪ければ見ない。たったそれだけですよ。もし、今回の製作陣がその事をちょっとでも考えて優先してくれてたら、こんな事にはなってなかったと思います。ホント、懲りて欲しい。各方面、懲りて欲しい。各方面の中には勿論、中の人所属の事務所や多分大いに関わったで有ろう、某女史も当然入ってますから!!

あんましネガティブになるの、好きじゃないんだけど、このドラマの今後を考えるとポジティブになれる要素が見つからないんだもの_| ̄|○ il||li 唯一の慰めは、中の人ブログです。これが無かったら、どうなってたかと思うと本当に有り難い事です。ドラマが終わるのは大歓迎だけど、同時に中の人ブログも終わるのかと思うと寂しいです…(´・ω・`)でも、期間限定だからいいのだとも思っているので、最後まで楽しみたいと思っております。

中の人はこの言葉が好きじゃ無いみたいだけど、この言葉しか浮かばないので敢えていいます。

頑張れ~~~!!!(ボンクレー風応援だと思ってくれ!)

以下コメレス、畳みます
Kさま
そんなこったろうと思ってました・゚・(ノД`)・゚・
本当にね、もう手を切ってくれて全然構わない。
毎回毎回、連ドラ毎に明後日の方向に豪華にして大騒ぎしてるけど、
お金じゃなくて、時間をかけて欲しい。

そんな当たり前の事が出来ないのなら、無理に連ドラしなくて良いよ。
良質なSPドラマや、映画に沢山出て欲しい。
共に、祈りましょう

aさま
>私の中で未だに木村主演作ワーストを『協奏曲』と争っております(^ω^)

「協奏曲」!!!あれも、キャストは豪華だったのに何とも微妙なドラマでしたな!あれ、完全に宮沢りえが要らんかったよね。田村さんと木村くんの当代きってのスター対決だけで良かったんだよね!

Σ(゚Д゚)ハッ そういや、あのドラマも途中で一旦宮沢りえがフェードアウトしてなかった?んで、ラストのラストにやっとこ登場して終わった記憶が。彼女が消えてから俄然面白くなったのを覚えてますわ(笑)

天下の田村様と木村くんの壮大な無駄遣いだったよね!!!(#・∀・)「月恋」の残念な所は、要らんのがフェードアウトした所で、話がこれ以上面白くなりそうもないって事でしょうか

>慎吾の花屋さんのときも思ったけど、どうも野島脚本が合わなくて;

(・∀・)人(・∀・)ナカーマ
ほんっとうに、野島駄目なの!!昔っから駄目なの!!
あの「おっはなやさぁん♪」って竹内結子の声聞くだけでゾワッとする程だよ!こないだ「プライド」再放送してたけど、やっぱり直視出来なくてHDDの中に眠ったまんまだよ

この脚本では、誰が出演した所で駄目でしょうよ(;´Д`)
「Gift」みたく、ヲタが激萌えになるような傑作ならば
数字がどうだろうが、外野がどう言おうが、それこそ馬耳東風だったのに。
悔し過ぎてもう禿げそう!!!!!・゚・(ノД`)・゚・

本当に、心の糧はブログだけだわ
何の変哲もない(いっそおバカな位)文章なのに、何回泣かされた事でしょうか。
それこそ外野がどう言おうが…(以下同文)

制作側は、マジで「作ってやってる」「見せてやってる」的傲慢さを何とかした方がいいよ。なんか、頭ん中がバブルで停まってるようなイメージがあるざます。で、創造力だけ極端に退化してんだよな。一番最悪なパターン。

いつか、また、激萌えな良作に巡り会える事を共に祈ろうぜ!!!

Mさま
はじめまして!
いくらなんでもそこまでバカだとは思いたくないですが…(´А`)
ここ数年の流れを見ると、有り得そうで怖いです((((((;゜Д゜))))

彼女が大事なのは、たった一人だけだと思いますよ
だったら、そのたった一人と手を繋いで勝手にどことなりと行けば良い。
中の人を巻き込むなぁ~~!!!と叫びたくなります

私も祈るのみでございます(´・ω・`)

何年か後には、「あのドラマ最悪だったけど、それで懲りたのかちゃんとした
作品を選んで出るようになって良かったね」と、言えてるといいですね…



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。