飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行くのかな?
2009年09月22日 (火) | 編集 |
釜山映画祭に参加すると、向こうのサイトで記事になっているみたいなんですが、それは本当に確定した事なんでしょうかね?(・∀・;)本当なら嬉しい是非行っちゃって下さい。今、テンション上がるような話題がぜんっぜん無いから、こういう明るい話題は嬉しい(´∀`*)あの3ショットがまた見たいわぁ。実現しますように。

でも、記事に「メディアにビョンホンが誘ったから行くと語った」みたいな事が載ってたけど、メディアには何も言ってないよねぇ(笑)これは、普通にワッツでの話だよな。だとしたら、「前向きに検討します」ってレベルだったから、イマイチまだ本当に参加するのか半信半疑


それはそうと。

どうもやっぱり艦に乗っちゃうみたいだねぇ。「船から下ろされる」って?下ろされちゃえばいいのに(#・∀・)百害あって一利無しな仕事としか思えないのは私の想像力が貧困だからなんでしょうかね?あの話を、どういじくり回せば素晴らしく萌えのある作品になるのか、私には考えられないんですよ(´А`)

え?何でそこに「萌え」が必要なのかって?や、私には多少のストーリーの粗も妙な演出も、萌えさえあればなんとか乗り越えられるって程「萌え」が最優先・最重要事項なんですよ。どんなに評価高くても萌えが無ければ、自分内評価は低くなるんです。

せいぜい若手乗組員とのあれこれを描いてルーキーズパターンにするか、発進までのあれこれをドキュメンタリータッチで描いてプロジェクトXパターンにするか。そのどっちか位だわ。浮かぶのは。宇宙人が攻めて来て大戦争パターンは12月公開のアニメに任せておけばいい。頼むから、そうしてくれ。

以前、木村くんは「漫画を実写化する意味が分からない」と日系エンタで語っていた。でも、私は漫画の実写化はまだ『音の再現』という部分や静止画を動画にするって事でまだ意味が分かるけど、アニメ作品を実写化する意味の方が全くもって分からない。アニメか実写かの差があるだけで、既に作品として同じ土俵で勝負出来る媒体を何故に今更実写化する意味があるんだろうか。しかも、12月にアニメ化される作品を何でわざわざ。ホントに意味不明。決まった事をぐだぐだ言っても仕方無いとは言え、疑問を呈さずにはいられない気分。

これで次にとんでもない萌え仕事があるってんなら、まだこの仕事も我慢出来るんだけど今分かっているのはこの仕事だけなんだよな…(´・ω・`)これでビジュ良かったら却って勿体なくてムカつくとこだけど、今真っ黒黒スケ状態なのは不幸中の幸いなのかも知れない…(自虐中)

拍手レス
2009回の拍手の内、貴女が叩いてくれた数は半分以上と思われます(笑)ありがとん!(人´∀`)

本当にもうね~、究極の選択ってやつだよね!次の仕事がそんなのだったら泣いて喜ぶし、今回の仕事にも目を瞑ってあげるのに…!!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。