飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全力坂!
2009年05月06日 (水) | 編集 |
大阪でも、5/1深夜に「木村拓哉の全力坂・完全版」が放映されました~~(人´∀`)…って言っても、ちゃんと萌え友HTさんに関東で放送されたのをダビングして速攻送って貰っていたので、関西放映時までには息子に「また見てんの??」と呆れられる程見ていたんですが、それはそれ。これはこれ。リアルタイムで見届けたくて(連休中だし)、深夜1時29分から見ましたよ~~♪しかもきっちり録画までして(笑)

しかし、何度見てもこう、わき上がるような勇気と元気を貰える番組です!

普通、「一日で50本の坂を全力で走る」等という、とんでも企画をする場合『取りあえず完走するが、走者はもう最後の方には満身創痍で、這うようにしてゴールを目指すのを感動的に仕上げる』か、『走者が激しく嫌がって文句タラタラなのを宥めすかして走らそうとするスタッフとの攻防戦を面白く仕上げる』かの二者択一になりがちだと思うんですが、今回の「木村拓哉の全力坂」はそのどちらにも着地させなかった、まさかの企画でございました。

『最後の坂は500mで、全力ギャルズ50人と競争!』なんて企画を用意している辺り、はなっから感動的にも攻防戦にもする気は無かった訳ですよ。『木村拓哉ならば、最後まで完走するだけでなく、50人の元気満々な全力ギャルズと500m競争まで出来る!』という、スタッフの木村くんに対する全幅の信頼の程が伺えます。また、それにキッチリ応えちゃうんだもんな~。矢張り、この人は只者じゃありません。

ドキュメントとしても、物凄く良く出来ていて一度見始めたらついつい最後まで見てしまうんですよね、これが。『坂を全力で走る』ただそれだけの番組なのに、目が離せない。驚くべき体力で、どの坂も全力で走る走る走る!!そのフォームに大きな崩れが無いのも凄いが、スピードすら衰えないのがこれまた凄い!!最後の方に画面上下にこれまでの走っている姿が映るんですが、それが一目瞭然です。本当にこの人は人間なのか??と時々思います(´∀`;)

だって!我が家は山の麓に建ってる為近所は坂だらけなのですが、歩くだけでも相当息切れするんですよ?それを全力疾走するなんて、私には1本すら絶対に無理無理無理!です。それをやってのけちゃうんだもん。足を引きずる姿は痛々しいまでなのに、スタートの声がかかると、そんな事全然伺えない勢いで走り抜けちゃう。それはもう、気持ちいい位に軽やかに。「ちょっと休みますか?」の声がかかっても「いいです」「休む事が良い事とは思えない」とサラリと言ってのけて、続行しちゃう。くそぅ!格好良いなぁ!もう!益々惚れてまうやろ~~~~!!・゚・(ノД`)・゚・←泣くなよ。

前々から、木村くんって芸能人って言うよりは、アスリートみたいだなぁと思っていたんですが、この番組を見てやっぱりこの人は、アスリートだと確信しました。この驚異の体力は、企画が上がってから俄に付けたものじゃあ無いでしょう。あの、細い足首にあんなに力があるとは…!(しかし本気で細い足首だった!私より絶対細い!)精神的な所も、アスリートに近い気がします。

そして、ただ坂を走るだけでも大変なのに、きっちり「決め台詞」や「ちょっとイイ話」やスタッフとの微笑ましいやり取りなんかも見せてくれる。本当に素晴らしいです。更に言えば、選曲も素晴らしかったこう、力が沸き上がって来るような音楽なのね。番組最後にこの音楽をBGMに、今までのダイジェストが流れるんですがこれがまた格好良くて痺れる感じ(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))凄く清々しい気持ちになるんですよね。

この番組を見た人の感想を検索して拾い読みしてみた所、一番多かったのが「自分も全力出してみよう!」「明日、坂を走ってみよう!」って前向きな感想。そう、人を自然と前向きにしてしまう、そんな素晴らしい番組でございました(人´∀`)

百の励ましの言葉よりも、この番組を見れば前向きになれます。木村くんの素晴らしいまでのポジティブシンキング、万歳つくづく、この人のファンで良かったと思いました(人´∀`)


拍手レス

S様
全力坂は、木村くんの一般にはあまり知られていない素の表情を沢山切り取ってくれた貴重な番組でした(人´∀`)これを機に、もっと彼の良さを知って頂けたらとっても嬉しい限りです5/23からは新ドラマが、土曜8時TBS系にて始まりますし、6/6からは映画も公開されます(´∀`*)これもまた、新たな部分が見られるのではないでしょうか是非是非、チェックしてみて下さいね♪(わたしゃ広報かw)

H様
私の全力を見たか!!(`・ω・´)
しかし、まだまだある萌えツボをこれでもカットした方なんです(笑)全部書き切ったら流石にドン引きされそうだし(´∀`;)何回見ても萌えるし燃えるよね!

J様
何十回と見ても飽きない不思議な番組、それが「全力坂」です(人´∀`)
こんなに元気を貰える番組ってそうそうないですよね。私も全力で頑張りますので、また遊びに来て下さいね

A様
息子さんの感想に何故か涙が…(つД`)本当に、良い顔してましたものね!私も、元気が欲しくなるとこれを見ます。何よりもこれが一番効きますからね(´∀`*)


<<<以下、やたらと長い萌え語り(笑)>>>

合間合間にある、スタッフとの会話がとても好き(´∀`*)きっとかなり「素」の木村くんに近いであろう、喋り口調が。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!! 物真似されるような喋り方はほとんどしないんだよね、本当は。そんな事ヲタは当然知ってるけども、一般は知らないんだろうなぁ。拾い読みの時にもそれに驚いている人もチラホラいましたわ。「もう、こっちのイメージで行った方がいいのに」と言って下さってたりして(笑) ええ、それはヲタもひしひし願っている事なんですよ!!(つД`) しかも、この番組ではヲタですら知らない姿も沢山拝めまして、本当に素晴らしい番組でござりました(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~

前回短縮版の時にも書きましたが、外見にそぐわない親父言葉が堪らなくツボでござった(*´Д`)

二つのカーブがある坂を走った後に感想を聞かれての一言。

『だから…!全力で走ってんだっつうの!
…良いも悪いも分からんよ。

何度聞いても、この口調堪らん!!(*´Д`)ハァハァ

そして、坂も終盤になって来た時に呟いた一言。

キツいけど…やれば出来るな。おもしれぇな、それが。

し、渋…っ!!!⊂⌒~⊃*。Д。)⊃
これがまた、低い声で呟くんだよ!!脳天直撃です~~

で、こんなに渋い一面を見せたかと思えば、可愛い顔に似合った可愛い口調で喋ったりもする。その、落差がこれまた凄い(笑)


暗闇坂の感想

『あっかるぅ~~い。暗闇じゃなぁ~~い』
程よく力の抜けた声が堪らなくカワエエ(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~


滑り台で膝を抱えて

『足が痛い…。階段使いたく無い。膝が痛い…。』

木村くんには珍しい弱音を吐いてる姿なのに、公園の滑り台の上で膝抱えてるからなのか、痛々しい筈なのになんか可愛い(*´∀`)←鬼か。

そんな木村くんの後ろに順番待ちの幼児の姿が…!_| ̄|○ノシなんともシュールでござった。しかも、滑り始めたら意外にスピード出ちゃって

『はっや!アブね!これ!!』
と大慌てなのがカワユス(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~


力なく窓に身体を預けて

『50周年おめでとうでいいじゃん。何で50本の坂走るの。』
も、可愛(・∀・)イイ!!

字だけだと分りにくいんだけど、何とも可愛い口調なんですよ。
木村くんって結構語尾に「~なの」とか「の」とかが付くんですよ。それが何とも可愛いんだな、これが(*´∀`)モエ

で、昼食後に瞳のアップが映るんですが、睫毛長げぇ!!!Σ(・∀・ノ)ノ
付け睫毛不要な長さだぜ!(*´Д`)ハァハァ

エネルギー充填したお陰で足取り軽く全力坂をこなして一言。

で?って感じですよ!
くそ~!かっこええ!!(*´Д`)


坂を走り終えて車に戻ると、運転手が熟睡中(笑)それを見ての一言、

『熟睡してた~~
も可愛いのだモエ(´∀`*三*´∀`)モエ
語尾がキュ~ンと上がるのがツボ。まるで歌みたい(笑)


幼稚園児に「待てぇ~~~!」と追いかけられて

待てじゃない!
もっと全力で!甘い!
も。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!
言葉は厳しいのに、子供を見る目が優しいのよね~~(人´∀`)


ものごっつい坂を走る為に、一旦下らねばならない時に

『逆再生ダメですか?』
って言いながら逆さに下りて行く姿が可愛い(人´∀`)


「風景どうでした?」と聞かれて

『僕は下の○ばっか見て走ってんですよ。感想言ってる場合じゃなぁ~い!』
お茶目で可愛い言い方に(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~
そして、自分で三角コーン担ぐ姿が男前


呆然と愛宕男坂を見上げて、三角コーンを抱えながら

『これ、坂じゃないじゃん…これ、階段じゃん。』
が可愛い!!(*´Д`)ハァハァ

「そうっす」とあっさり答えるスタッフワロスw
「しかも、本編でも走った事のない坂です」って言葉に

『やった~~!』(ガッツポーズ付き)
と乗ってみせる余裕な姿に惚れ直す


「坂」と言う名の「階段」を数段飛ばしで、一度も止まる事無く完走!!

倒れねぇ!倒れてたまるかぁ!!
男前過ぎます!!!・゚・(ノД`)・゚・境内で可愛い声援を送る女の子に応える姿も男前何度目かもう、分らない程惚れ直します。

坂を下っている時の、「また来てねぇぇ~~」の可愛い声に

『ええぇ~~~(;´Д`)』
『また来づれぇ~~~
が、地団駄踏みたくなる位可愛い!!!_| ̄|○ノシ


もう夕方の日差しの中、バスと競争する姿も可愛い(*´∀`)

『バスに負けねぇ~~
と、走り出し
『やったバスに勝った
と、本当に勝っちゃう所が凄いそして、この言い方がまたお茶目なのよね~(人´∀`)


三年坂の由来の『転ぶと三年以内に死ぬ。でも、転んでも坂を舐めれば大丈夫』って言うのを聞いて、

『ほっほぅ~~、随分挑戦的な坂ですね』
『舐めろ…と!』
負けず嫌いに火が点いた(笑)

無事に転けずに完走して
『転んでないよ!』
と得意げなのも可愛い(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~
思わず拍手するスタッフに
『そこ、拍手要らない!』
もカワエエ~~


坂も終盤差し掛かって来て、きっと一番キツいであろう頃に名言続出。

古い坂になってくると、それなりのクオリティの良さを感じる
全力出してねぇんだないつも…って思う。
キツいけど…何かちょっと楽しくなって来た。
全力は出した方がいい。
自分との喧嘩ですね
俺の全力、これかよ。
全力な感じは、好きですね。

普通、言えないでしょう。

木村くんなんて、いっつも全力で仕事してますよ?一般人なら「これ以上全力出せません~~!これ以上出したら死んじゃいます~~!」ってレベルですよ、毎回。マジで。なのに、更に言いますか?「いつも全力出してないんだな」って??

ど、どんだけ~~~((((((;゜Д゜))))
やっぱ化けもんですよ、この人は。「オラ、ワクワクして来た」な、悟空並ですよ!

かなり長くなって来てちょっと自分でもキモイ位なんですが、まだまだ萌え語りは続きます(笑)

狸穴坂、走る直前の

よろしいか?…いざ!
が、武士みたいでカッコエェ~~~~(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))

暗闇の中、坂の頂上に煌めくライトを見つめて

光に向かって行く感じ。
かかて来いや!
もう、痺れる程カッコいいんじゃ(# ゚Д゚)ゴルァ!!←怒ってどうする。


格好良い路線が続く中、幽霊坂を走り終えての

『物寂しい~~!物寂しいから、この坂早く抜けた方がいいね。』
が可愛い(´∀`*)そんな可愛い木村くんの背後の壁には卒塔婆が覗いているええ、早く抜けて下さい(笑)


品川の交差点を普通に信号待ちして渡る姿に萌え(´∀`*)警護?の人の存在スルーで小走りが素敵(人´∀`)

いちょう坂
走り終えた「(;´Д`)ハァハァ」がエラくエロいんですけど!!!(*´Д`)ハァハァ←ハァハァ違い。

天神坂では、坂の由来を説明するスタッフを尻目に自分でスタートのかけ声を(笑)

「この坂の由来はですね…」
『はい!ドーン!!!』(軽やかに走り出す)
「あっ!ちょっと!木村さぁ~~ん!坂の由来わぁ~~!!」
うるさい!!
由来なんかどうでもいいわ、もう!!!

男前!!!(笑)
この辺、とってもテンポ良くてまるでコントみたいだった!(笑)


氷川坂はお気に召さなかった木村くん。
前髪をオールバックで縛って、由起夫ちゃんチックで素敵です(人´∀`)
そして、この辺りになると明らかに朝より顔が痩せています!(・∀・;)


ころび坂を走り終えてバスに戻って来た木村くん。

『ころびぃ~ざか~~♪』
と、即興で歌うのが可愛い(*´ω`)
しかも、いそいそと毛布を腰に巻いているのがこれまた可愛い!!その姿を見て、思わず「家みたいになって来てますね?」と突っ込まれて一瞬意味が分からず「??(・∀・)??」な感じになってんのが、これまた可愛い!!!

格好良いと可愛いの連続相互攻撃に、ダウン寸前っすよ(;´д`)ハァハァ


噛み過ぎるスタッフがいるので、木村くんさんから突っ込んでくれませんか?ってな風変わりなお願いも、ちゃんと聞いてあげる木村くんも可愛い(人´∀`)そのスタッフが噛む瞬間を待ってる顔がこれまたカワユスで、噛んだらすかさず

『噛み過ぎですよ?』
『大丈夫ですか?』

スタッフの「す、すみません(・∀・;)」の声が心無しか嬉しそうだったのは気のせいでしょうか?(笑)

この辺で少し休憩を…と聞くスタッフにきっぱりと

変わんないんじゃない?
休む事が良い事とは思わない。


何?この格好良さ!!!(*´Д`)ハァハァ
きっと、この一言でスタッフ男女問わず『(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))カコエエ~』となった筈(笑)

ラスト一本となったけやき坂。そこに集う全力ギャルズ50人の姿を見た途端、それまでスタッフの前で見せていた渋い年齢相応のプロの顔や、愛嬌があって可愛い素の部分なんかが一瞬で消えて、『ザ・スター木村拓哉』が登場!!!この切り替えが本当にお見事!!自分が今、どういった位置を求められているかを一瞬で判断して、その顔を見せる。木村くんと仕事した人のほとんどが絶賛する『物凄いプロ意識と、集中力』の神髄をここに見た!

「木村拓哉!勝負だ!」に応えての

勝ったるわ!
が、倒れる程カッコいい!!(´∀`*)でも、決めた直後に
『なんだ、この甘い匂い!!」
ってなるのが、可愛い(人´∀`)

しかし、最大の見せ場のスタートの笛がスカシッ屁みたいでワロス_| ̄|○ノシ
びっみょう~な音だな!おまっw

4位になった原因はこの音にもあったんじゃないのか(笑)

1位取れなかったのを見たスタッフ。(;´д`)ハァハァしてる木村くんの所まで来て、「最後1位で格好良く終わる予定だったんですが…。多分、5位くらい…。どうします?

おいおいおい!(笑)凄いな、このスタッフ!マジで1位取らすつもりだったんかい!!1日50本の坂を手抜き一切ナシで全力疾走した上に、元気満々のギャル達と競争して1位を取るなんて離れ業は、ほんまもんのアスリートですら無理だろうに!

無理は無理。

はい、その通りデス(´∀`;)

目黒区編は要りませんから、完全版の完全版をDVDで発売して下さい(-人-)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。