飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しい事もあるもんだ。(追記あり)
2009年05月01日 (金) | 編集 |
大概、ミクシの芸能記事に『キムタク』ってあると、叩き記事ばっかでうんざりしてたのに(一時記事を畳んでた時まであった程)、今回は珍しくちゃんとした記事だった!てか、こうであるのが普通の筈なのに、ほんっと木村くんって損な役回りだわ(つД`)

でも『顔に○○体験』ってタイトルは止めろ!(笑) 私はてっきり…(以下略)

記事はラジオで既に語ってくれた、目の縁を這う蛆虫の話でした。関連日記の一覧を見ても比較的好意的なコメントが多くてホッ…。しかし、「よくこんな事させたな」とか「怒らなかったのか」とか書いてる人も多数…(´А`)

普通に木村くんのファンやってたら、彼はそんな人間じゃなくて、「やれ」と言われたら大抵の事は厭わずにやってのける事位知ってるのに、矢張り一般的にはSMAP内役割のイメージが強いんだなぁと思うと本当に残念(´・ω・`)売り出し時期には、認知度向上に役立ったであろう、グループ内役割なんだけど今はそれが足枷になってると思うわ。

てか、ぶっちゃけ邪魔。

こういう時、声を大にして叫びたいもどかしい気持ちになる。すんごくじれったい気持ちになる。パブリックイメージのまんま叩いている記事を見ると、「その記事に出ている人は何処の誰???」と聞きたくなる位、私の知る木村くんとかけ離れていたりする。だから、私はこういうアホ記事はハナっから信用しない。木村くんについて書かれている事の85%以上が嘘なんだもの。他の芸能人に関する記事も同じ位嘘に決まっている。

「ICWR」関連で嘘と言えば、「浮浪者の格好をするのがイヤで代役を立てた」とか言うアホまる出しの叩き記事もあったなぁ…。アホ過ぎる。浮浪者どころか、顔に蛆虫乗っける人がそんな事を拒否する訳なかろうに。監督に「自分で切った感じに髪切って」と言われてその場で髪切っちゃったりもしてんのに。しかも、その記事が言う撮影のあった日付は映画「HERO」の公開日だったらしいんですよね。香港撮影に行ってる訳無いじゃん!日本で舞台挨拶中だよ!ば~か!(おっと下品ですんません)

この撮影は多分、Shitao探し中のジョシュのシーンだと勝手に予想中。人探しシーンにありがちな「見つけた!と思ったら人違い」なシーンに違いない(笑)

正解は映画の中で見られるかな?

そんな「ICWR」公開まで後、1ヶ月…!
そして、九十九さんに会える日まで後23日…!

wktk(0゚・∀・)

※芸能記事がどれほどいい加減でデタラメだらけなのか、過去にちょうどピッタシな記事を書いてたのでリンクしときます。これ読んで呆れて下さい(#・∀・)

捏造記事の作り方


拍手レス
芋虫系全般と足の多い生き物系全般が苦手な私には、あれをやってのけた木村くんにはひたすら賛美を送りたい「プロなら当然」と言われればそれまでだが、生理的嫌悪感ってのは拭い難いもんですからね(;´∀`)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。