飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西遊記 第二話
2006年01月17日 (火) | 編集 |
■西遊記■
先週よりも今週の方が各キャラの個性が上手く出てて良かったように思います。

なんて普通の感想はこの際うっちゃっといて、このドラマの魅力はたった一つ!『萌え』の一言に尽きます。この強大な萌えの前にはコント舞台のようなちゃちいセットも物語の展開も問題になりません。目にも入りません。完全スルー。

誠に都合の良い目で申し訳ないのですが、私にとって「良いドラマ」の絶対条件として「萌え」が外せません。ブログのタイトルにする程、私にとって「萌え」とは必要不可欠なモノなのでございます。どんなに良作であってもそこに「萌え」が無ければ、そのドラマへの評価は低くなるのです(例:「エンジン」)。逆に、多少話がヘボくとも、見るに耐えぬモノであっても、「萌え」さえあれば乗り切れたりします(例:「プライド」)。ですから、内容が良く「萌え」があればそのドラマへの評価は最高になるのです(例:「GOOD LUCK!!」,「ロングバケーション」等々)。

今回の「西遊記」はその「萌え」が凄い!まず、衣装萌え。レギュラー陣全員の衣装が個性に合ってて萌えです(*´∀`)特に悟空の衣装は最強です。かっこええ~ それからゲスト妖怪の衣装も素晴らしいです。衣装だけなら幻翼大王はモロ好みです。今回のミッチーの衣装も素晴らしい。温泉の妖怪という強いんだか弱いんだかな中途半端な妖怪には思えない程でした(ほらやっぱりメイクした方が似合うじゃんか!)。次にキャラ萌え。レギュラー陣4人が4人とも(・∀・)イイ!! お師匠さんは女優が演じるってのは夏目雅子以来の伝統ですが、あくまでも「女性が演じている」だけで「三蔵は男」なのがいいのです。これを下手に尼さんなんて設定にしちゃうとそれは直ちに「萎え」です。そんなドラマは見ません。

しかし、慎吾程「キャラ物」を見事に演じられる人はいないだろうね。慎吾ママに始まり、ハットリ君ときて悟空だ。見事!慎吾ママなんかでかい男の女装キャラではなく、「性別:慎吾ママ」って思える程だったのが凄い。ハットリ君もなんの違和感なくハマってたし、この二つを乗り越えた慎吾はもう、文句無しに「悟空」である。ただ一つ注文があるとすれば、もうちょっと声を小めにして怒鳴らないでねって事だろうか。EDの砂漠を歩くシルエットの悟空がもうひたすら格好良いんで特にそう思うのかも。後もう少し痩せてくれれば…(禁句)

そんな訳で、物語的には豚が可愛かった事と、悟空の侠気が素敵だった事位しか印象に残ってないんですが、巨大な萌えの前には小さな事です。来週もこの調子で萌えさせて下さい。


■スマスマ■
ビストロはどうでもいいからおいといて(おいおい)、早く終われといつもは思っていた「ルーレットボーリング」が今回とっても面白かったでございます。ゲスト次第って事なのかねぇ…。三谷さんも戸田さんも好きな人なので凄く楽しめましたわ。チーム分けは毎度のごとく木村・慎吾チームと吾郎・剛チーム。定番なのかと思ってたらこれって抽選らしいですね。なのに、何故か毎回同じ組分けになるという不思議。いや、私は別にずっとこのままでも一向に構わないんですけどね。

「慎吾に投球指導をする木村くんの図」に割り込む三谷さんの小芝居が笑えます。打ち合わせしてんだろうなぁ…(笑) そして、それに従って見事にストライクを決めた慎吾に飛びつく木村くんと、大の男に抱きつかれてもビクともしない慎吾の図にも萌えましてございました~モエ(´∀`*三*´∀`)モエ なんか前にも同じ図を見たような。あの時も慎吾はビクともしなかった。流石、SMAPの大黒柱。

今回の歌も素晴らしく良くて、やっぱシングル買おうと決心した次第でございます(まだ買ってなかったのかよ)。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。