飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魔法にかけられて」を観た。
2008年04月06日 (日) | 編集 |
魔法にかけられて


昨日は久々に映画を観に行った。子供達とママ友と一緒に。連れの子供は全員男子なのに、完全女子向け映画だったので「大丈夫か?」「間が持つか?」と危惧していたのだが、大丈夫であったようで安心した。

さて、映画の方はディズニーアニメの見本中の見本って感じのアニメで始まる。韻を踏んでいきなり動物達と歌い踊りだすヒロイン・ジゼルに、ディズニーのセルフパロディー力を見た!(;・∀・)お見事!でもこの皮肉は子供には伝わりにくいんだろうなぁ…。子供に連れて来られた大人向けのささやかなプレゼントって感じ?

俳優に似せてアニメのキャラクターを設定したってのは分かっててもあまりに「そのまんま」なのが面白かった!特に悪の女王なんかアニメより現実の方が怖いし!((((;゚Д゚)))) アホっぽい王子様も面白くて良かった。ええ人やったし(笑)

特に何も考えずに観れるし、映像や音楽は良いし、ジゼルのドレス(カーテンだったりカーペットだったり)は可愛いし、中々楽しい映画でございました(*´∀`)

…ただ、ただね。ジゼルは歌声で周囲にいる動物達を引き寄せて、家事を手伝わせる力があるんですけども、その中にね…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルあぁ、文字にするのも嫌な生き物がぁあああ~!!超リアルなCGで動いておりますよ!!群れをなして!!!ひぃ~~~!!

でも、一緒に観てた観客達は動じない人達だったのか、「ぎょえ~~!」となってたのは私とママ友だけで、なんとも静かな館内…(;・∀・)ああいう場面では他の方々と「ぎょえ~!」となりたいもんざんす。

最後のオチもディズニーらしいっちゃあ、らしい終わり方でそれもまた良しでしたわ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。