飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今頃さんスマ。
2007年12月25日 (火) | 編集 |
「さんスマ」に毎年薄く期待しながら裏切られ続けて早13年。矢張り今年も裏切られました…(つД`) 「今年は『いやな女』だけで2時間半!」とスタッフが抜かした時点で「駄目だこりゃ(by 長さん)」だったんですけど、番組始まって羽鳥が「今年は、女性ゲストが選ぶ『いやな女』も発表!」と言い放った時点で、その予感は確信に変わりました。

チチカカさんへのコメレスに書いた通り、面白いと思えたのは緞帳が落ちるまでと、歌と、本気で心筋梗塞でも起こしたのか??と視聴者のみならず共演者までマジ慌てさせた剛の大コケのみでした…_| ̄|○ まだ、SMAPの「いやな女」まではマシだったんですよ。女に限らず、これが男でもいやなヤツだよな~なネタが多かったし。

が!

話が女性ゲストによる「いやな女」になった途端、番組は一気に安くなり素人よりはマシ程度の女性タレによる「から騒ぎ」に早変わり。まさに「さんま&SMAP」ならぬ、「さんま&バラドル」状態。たんまに映るSMAP映像に、「あぁ、そういやSMAP出てたんだわ」と思うものの、特に下3人なんか映りもしない。まさに、無駄な時間。「お前等こそが『いやな女』だよ!!」と画面に向かって叫びたくなるような醜い人間関係がそこには展開されておりました。バラエティとしてすら、成り立たない程の微妙な空気が流れるシーンも多々あり、見てる方はうんざり。某女史の光浦に言い放った「あなたなんか下の下でしょ!!」には( ゚д゚)ポカーン 私は、女史の性格の悪さが前面に出た顔よりも、光浦の顔の方が遥かに好感持てますが、何か? まぁ、女史の「バカを売りにするタレントがムカつく!」には男女問わず同意です。近頃の、バカ重視な芸能界にはうんざりなのでそこは、賛成しました。けど、他の人に対する言動を見るに、彼女は確かに頭は良いのかも知れないけど、品格は無いなぁ…と思いましたよ。

ギャル曽根とか光浦とか、きっとこの人は良い人なんだろうなぁと画面越しにも分かる人はこういう時本当に目立たないんだよね(´∀`;)きっと、引いちゃってたんだと思うわ。しかし何故にこのメンバーに大黒摩季がいたのかが分からない。歌の1曲でも歌う訳でもないのに勿体ない。

もう、SMAPはこの番組から手を引いた方が良いんじゃないかなぁ…。何のメリットも無い気がするんだけど。ちょっと心がネガティブに侵されそうになった時に、流れた「クリナイ」に癒されました(´∀`*)今度は青スマか

本当に、もう来年は出なくて良いよ…(つД`) 自分等の価値を自ら落とす事ないよ。こんな無駄遣いされたくないよ。日テレに出てくれないSMAPに対する恨みをぶつけているとしか思えない企画&番組ですな番宣が良かっただけに更にムカつく~~~!!

今年一番私がムカついたのは、この企画考えたバカ共だぁあああ~~~!(怒)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。