飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷいぷいの底力。
2007年09月25日 (火) | 編集 |
関西ローカル「ちちんぷいぷい」にて、約15分のインタビューがほぼノーカットで放映されました~!しかも、番組冒頭では「めざまし」で一切流れなかった大阪舞台挨拶の模様をかなり詳しく紹介してくれました~~!(人´∀`)マスコミの撮影準備完了まで端っこに座って話す所も、客席をバックに写真撮影も、勿論挨拶も、かなり長く流してくれて大感激!!

肝心のインタビューですが、今回インタビューしたのはメイン司会の角淳一(62)。「死ぬまでに一回木村拓哉という男に会ってみたかった」とインタビュアーの名乗りを上げたらしい。「最年長です」と挨拶。木村くんはラフな感じの服に着替えてて、とても表情が良い感じ(´∀`*)きっちり挨拶と握手をした後、椅子に座る為に角さんの前を横切る時に「失礼します」と声を掛けてから通る所が礼儀正しくて素敵です。本当に、木村くんのこういうさりげない時に出る言葉や仕草には惚れ惚れさせられます。

で、この角さん。「映画の事は、番組で充分紹介するし、せっかく木村くんに会うんやからもっと違う事聞きたい!」とかなりマイペースな質問をぶつけておりました(笑) 「62歳の人間にインタビューされるのはどうですか?やりにくいですか?どれ位の年代の人が話し易いですか?」と言った変わり種な質問に始まって(木村くんの答えは、「年下でなければ」でした。年下だと逆に答えにくいのかな?)、「角たぬき」とかいう焼き物を「近くにいる、大阪出身の人で「欲しい」と言う人にあげて下さい」と渡したりやりたい放題(笑) 「え?これ頂けるんじゃないんですか?」と驚く木村くんに、「そんなん、要らんやろ?」と言う角さん。「はい」とも言えず苦笑いの木村くんが凄く可愛かったっす~(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~最後に箱を渡されて、丁寧に角たぬきを直している所も激・カワ!!

遠くから東宝の人に「映画の話をして下さい」と催促が入るが、「もうあちこちで話してるからええやん」的に映画の話にはほとんど触れずにいた角さんに、終始きっちり凄く時間かけて真剣に答えてました。この角さんが特別なだけで、他は同じような事ばかり聞かれてるだろうけど、きっとどの人にでもこうなんでしょうね。答えを考えている時、顔に当てる指の動きがこれまた綺麗なんだ!!(*´Д`)ハァハァあの動きをアップで捉えた毎日放送カメラマンGJ!

角さんも「ええ奴や。すごい、空気読める奴や」と大絶賛でした。普段体温の低い司会する角さんが、VTRに行く前の説明の時に番組名を噛んだりして、少し興奮気味。「司会の俺が噛む程やのに、木村くんはきっちり番組名言ってくれた!」と感動してました。この辺、本当にノーカットだったんですけども、カンペとか誰かに聞いた訳でもなく「ちちんぷいぷいをご覧の皆様」とメッセージを出していて、そりゃ角さんも感動するよなぁと。スタジオの皆も「木村くんにしたら、知らないちっこいおじいさんやのに、ほんまに丁寧な人や」と大絶賛でございました。木村くんの事を「雲上人」とまで称していた太平シローや、ハイヒールの二人はちょっと涙目になってました(笑) 角さんのある意味失礼とも言える数々の言動に対する木村くんの態度に感激していた模様(´∀`;)

明日は、別の関西ローカル局でのインタビューが流れると小耳に挟んだので、「めざまし」は捨ててそっちを見るぜ!!

髭も剃って、顔の輪郭もスッキリしたビジュアル最高の木村くんが沢山拝めて本当に良かった「ちちんぷいぷい」ありがとう!TBS系なのに、一杯映画の映像流してくれてありがとう!また木村くんのドラマがTBSで始まったらヨロシクね!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。