飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「HERO」観ました!
2007年09月10日 (月) | 編集 |
本日、一回目の上映を観て参りました~(´∀`*)田舎のシネコンの平日の一回目にも関わらず、結構埋まっておりましたよ取り敢えず、その場に居た人のほぼ80%以上は「HERO」を観に来ていた人みたいでした。へへ。自分の事のように嬉しいぜ。

さて、感想ですが!

月並みな言葉になりますが、面白かった!城西支部が城西支部のまんまで居てくれた事の喜びと久利生さんが久利生さんのまんまで居てくれた事の喜びが、メインテーマが聞こえて来た時にピークになって

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

と心の中で絶叫致しましたよ(笑)

上手く脚本を練っているなと思いました。色んなエピソードが繋がってほどけて行く様を見守るのは、上質のミステリーのクライマックスの謎解きを見て行くような心地で凄く気持ち良かった!最初「韓国ロケ&ビョンホン出演」の一報を聞いた時には萎えたものでしたが、そこは間違えない製作陣です!色んな雑誌での発言を見ていて「これは信頼出来そうだ」と思ったんですが、実際見て実感しました。上手く使ってますね!ドラマでも、ほんの少しの登場時間しかないキャラでも凄く印象的に描く事を得意としている「HERO」の真骨頂を見せつけましたね!この辺、凄く上手かったです。

無駄なモノを省いて、でもお遊びもキッチリ入れて、城西支部の各メンバーにも見せ場を与えて…。凄く上手く作ってありました。そして、そこかしこに感じる製作陣の作品に対する愛情が本当に心地良かったです(´∀`*)色々危惧してた部分は、ほぼ杞憂に終わりました~それが何より嬉しい。

以下、ネタバレ含んでるので別枠で。





さて、今回は裁判シーンが多用されておりました。
最初の裁判のシーン。ガランとした裁判所に響く久利生さんの靴音。それだけで何だか緊張感が溢れてきて、思わず居ずまいを正しました。そこで感じる、既視感。「あぁ、これは「華麗」の時の鉄平の足音と同じだ。」硬質で、確かな足取りの音。あの時は負け戦に向かう足音が切なかった。でも、今回は違う。凄く頼りがいのある靴音だった。

そいでもって、裁判中の久利生さんがもう、掛け値無しに格好良いんだ!これが!(*´Д`)ハァハァ普段の砕けてる部分も確かに久利生さんを構成している部分なんだけど、この人の本質はきっとこっちなんだろうなって思った。敵に回したら怖くて、味方に付けばこれ以上安心出来る人はいないって感じ。もう、見惚れてましたよ私は。あの長丁場を観ている者に飽きさせる事無く、逆に惹き込ませる事が出来る俳優がどれ位いるでしょう。確実に成長してますね!予想以上ですよ。「武士」と「華麗」で培ったモノが活きてました。それが何より嬉しい。

声の抑揚がね、もう見事でした!花岡の肩をガシッと掴んで席に座らせて「勘違いすんなよ」と凄むシーンは鳥肌ものでした久利生さん、格好良過ぎますから!(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~そして、被害者の事を語るシーンも圧巻!…ですが、スマスマのビストロでの慎吾の真似が一々思い出されてしまったのがちょっと…_| ̄|○し、慎吾を恨んだのはこれが初めてだわっ思わぬ伏兵(つД`)・゚・

おすぎは嫌いな評論家だけど、「とくダネ」で言ってた「大物俳優と木村くんが向き合うと火花が散る感じが良い」みたいな事。改めてその意味が凄く分かった。今回に限らず「武士」での対・緒形拳や「華麗」での対・北大路欣也でも感じた事ですが、木村くんと対峙するとベテラン俳優は、その持てる力の全てを出してぶつかって来ている気がするんです。それに対抗する木村くんも同じか…それ以上の力を出して来て、それを受けて更にまた…って感じで相乗効果を醸し出していると思う。今回特にそれを感じたのが、蒲生弁護士と裁判所の廊下で会った時と、滝田さんに面会した時。ムードの全然違うシーンながら、ぶつかり合う火花が見えた気がしました。

そして、雨宮。堅物でツンデレだけど、凄く可愛いの。今回も凄く可愛くてね~(´∀`*)酔った勢いでちょっと喧嘩みたくなった後のシーンが良かった!鏡の前でちょっと(´・ω・`)となってるのがね、気持ち伝わって来るんだよなぁ~。そして、それに被さる雨宮の韓国語勉強ノート。これがまた(・∀・)イイ!! あれ見ちゃったら、惚れ直しちゃうでしょ!ラスト、あぁなっちゃうでしょ!(笑) 私はラストのシーンよりも、スペイン語の意味が分かった時の方がドキドキした。「ヒュウ~」と思った。憎い演出でしたよね(´∀`*)あのシーンでラストでも良かった位。木村くんもそれが分かってたから、ラストの方のネタバレばかりしてたのかな。

後、雨宮のシーンでは報道陣に押されて倒れためぐみ(国仲涼子)に駆け寄るシーンが良かった!雨宮らしさが良く出ててね(笑) 単に駆け寄るだけじゃない辺りがニヤリとさせられましたね。あのシーン、映画館でも笑いが起きてました(´∀`*)

まだまだ語りたいシーンは山ほどあるけれど、それはまた今度。しかし、今日観た所なのに、またすぐ観たい気持ち。シネコンのポイントも溜まっている事だし、また観に行くぜ!!爽快な気持ちになれる良作でございます(´∀`*)ただし、観るなら最低でもドラマ版は見ておかなきゃ面白さ半減っすよ。…って、この映画を観ようと思う人はドラマ見てた人がほとんどでしょうけどね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。