飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウルとスペイン坂の美人に萌える。
2005年11月21日 (月) | 編集 |
土日にハウルにどっぷり浸かって萌えまくる。あかん、全てが好み。登場時の金髪ハウルも、だだっ子みたいな黒髪ハウルも、段々パワーアップしていく鳥ハウルも、全てが萌え~~(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃))) 堪らん。何度も聞ける「上手だ」「いい子だ」にむひょ~⊂⌒~⊃*。Д。)⊃と転がりまくっておりました。なんて幸せな休日。

色々言われる「ハウルの動く城」ですが、私は大好きですわ。そりゃ、起承転結があやふやだし、説明不足な所も多いし、「トトロ」や「千尋」に比べたら整合性が無いのかも知れない。でも、なんちゅうのかな~、しっとり胸に来るんだよね。じわじわと来る感じ。ある意味宮崎アニメでも珍しい程の恋愛映画な所があるし、戦争の中心に主要人物がいないって辺りも面白くて好きだ。あと、やっぱり魔法の世界なのが良いんだよね~。「魔女の宅急便」とちょっと似てるんだけど、「魔法」が人々と寄り添っている古き良き時代なのが好きなんだよね~。色彩も良いし!(良かった、赤かったらどうしようかと思ったよ)

で、ハウルに萌えに萌えた翌日は中の人の木村くんですよ。日曜日にスペイン坂に出たとの情報をゲットしていたので、準備は万全。「めざまし」、「みの」、「ズームイン」で無事ゲット!(瞬殺だったが「なるとも」もね)「ズームイン」→「みの」→「めざま」→「なるとも」(問題外)って感じでしょうか?芸能情報をやってる時間が掴めなかった「ズームイン」を予約で録って、後は手動で録ったのだが成功だったようだ。しかし、「めざまし」はほんまに最近SMAPに冷たいよな(# ゚д゚)プンプン

いやしかし、可愛かった~(*´∀`*)モエ 声援にビックリした時の表情が「ほんまに33歳ですか?」と聞きたくなる程のラブリーっぷり。もう、(*´Д`)ハァハァし過ぎて困りましたわ。でも、サングラスは外して欲しかったぜ。チッ。話し方も落ち着いてて良かったわ。某所で「柴咲も木村も不機嫌で…云々」といった書き込みを見かけたが、まさに( ゚д゚)ハァ? だ。あの、あの、主役の織田を差し置いてしまった程の不機嫌王柴咲コウと一緒にするなぁあぁ~~ゴルァ( ゚Д゚)!あ、不機嫌MAXのコウは最高でしたが(笑) でもワイドショーはそればっかりで、肝心の織田の声一つ聞けなかったのはどうなの?主役なのに(つД`) 織田の宇宙一高いプライドが傷ついたんではないでしょうかね。現場の雰囲気はどうなんでしょうかね。ワイドショーが余計な事しやがったせいで、ただでさえハードな現場が北極化してそうで怖いです。そして、そんな空気も読まず相変わらずのコウ。ある意味萌え。…って、コウ話してどうするよ。

とにかく、最新版の木村くんが見られたのは本当にラッキー 心配したより全然灼けてなかったし(慎吾のオーストラリア灼けの方が凄かったみたいだ)。髪型も良い感じ。もうちょい色は黒い方が好きなんですが、別に今のままでもOK。しみじみ長い方が好きだと実感する狸山でございました。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。