飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディレクターズカット版「華麗なる一族」第三、四話
2007年07月12日 (木) | 編集 |
さてさて、掃除洗濯とっとと済ませて臨んだ第3、4話でございます。
これまた全体的に「うそ!」って位増えてて、めちゃくちゃ分かり易くなっております。本当に惜しい!これ、本放送見てた人皆に見て欲しい!!と心底思った。だから全12話で…(以下略)

そういや、鉄平ちゃんの滑舌。アチャー(ノ∀`;)だったのはこっちでした(笑) 突撃イノシシの回でした_| ̄|○ノシ アフレコしなおそうよ!声優仕事もお手の物だろうに。そして突撃ヨタヨタ猪はCG修正無しでした_| ̄|○あんな見事なCG合成術を持ってて何故にあの猪のクオリティだったのか。本当に謎ですよ!スタッフさん(つД`)

まぁ、猪は置いておいて。鉄平像がほんとうに丁寧に描かれてます。…本放送は原作読了直後に見たせいで大介視点で見てた節があったのですが、DVDは主に鉄平視点で見ちゃっているので、マジで最終回が怖いです…。時々現れる日付が運命の日に段々近づいて行くんですよ(つД`) いや~~~!最終回は、翌日休みの日とかにしないとヤバイかも…。精神的に通常の生活を過ごせないような気がします。

さて、以下は追加部分についてですので、別枠で。


主な追加部分(時系列無視)
■説明的部分が全体に渡って詳細になってて、もの凄く分かり易くなってます。ナレーションも説明部分に使われる分には苦になりません。心情シーンには無用ですけども。

■池田支店長の命削る仕事っぷりが充分描かれておりました!原作で印象的だった、銀行の預金争奪戦の過酷さ、空しさといった部分を丁寧に作り込んでいて、これをカットせねばならなかった編集に同情してしまいました。この一連のシーンのおかげで大介の非情さが際立ったし、鉄平との思想の差も明確になっただけに、つくづく勿体ない!!!

■鉄平ちゃんと玄さんとの港でのやり合いも、凄く丁寧に描かれていて本放送では「何あっさり和解しちゃってんの??」的だったあのシーンが非常に納得の行く展開になっていました。騒ぎが収まった後に、お互いが見つめ合って鉄平が頭を下げて改めて礼を言っておりました。このシーンがあれば後に玄さんが、鉄平の為に奔走してくれたのも分かるってなもんです。

■融資額が減らされて、三雲さんにも門前払いされて、八方ふさがりで凹んでた鉄平ちゃんが公園の噴水の所で物思いに耽るシーンは本放送でもあったのですが、DVDでは更に目の前でアコーディオン弾いていた傷痍軍人の義足に鉄平が目を留め、それがかつて自分が大学時代に開発した新素材で作られていたものだった事から自然に足が大学に向かう流れになっておりました。大学構内のシーンも大幅に増えており、鉄平の鉄に対する熱い思いがこちらにも伝わってくる、台詞は無いけれどとても重要なシーンになっておりました。同じ家族だけど、明らかに大介、銀平とは種類が違うっていうのが納得出来る感じです。

■銀平の見合いのシーンもかなりカットされてた模様(つД`) 寧子が空気読まずにのんびり思い出に浸ってるのを苦々しく叱る相子のシーンが追加されておりました。本放送で不服だった部分は、きっちり撮られていた訳ですね。そりゃそうか。原作読めば必要なシーンだったものね…。脚本家さん、ボロクソ言ってごめんね(何を今更)

■銀平の結婚式の空虚さもクローズアップ。鉄平の鋭い目付きに(*´∀`)モエそしてここでも「早く脱げよ!」とのだめの高橋化してしまっている私。

■新しく家族となった万樹子を囲んでの夕食会。中途退席する鉄平夫妻の辺り、台詞がかなり増えてました。すんごくスムーズな流れに!ちょっとした台詞やシーンが有るか無いかって事がこんなに重要なものだとは…。やはり最初から全12話に…(もういいって)

■大川先生が倒れて、早苗がお見舞いに行く辺りや、鉄平がお見舞いに行く辺りも色々(大亀がノックしようとして、鉄平が来ている事に気付き止めるシーンもあり)増えておりましてすんごく分かり易く、感情移入し易くなっていました。大川先生の「さーちゃん」がいいんだよなぁ~(´∀`*)

■確認しました!「ディスペラード」は跡形無くありませんでした!(てっきりインストになるのかと思ってたのに)でも、通産省の玄関での鉄平と大川のやり取りは泣ける!唯一「ディスペラード」が合う場面だったので、そこだけちょっと残念でした。

■芙佐子とのシーンが微妙に増えた…?でもやっぱり唐突に「テッちゃん」は変だよ、ふっこ。ここだけいきなりトレンディドラマ化してます(笑)「瀬名くんと桃ちゃんだ」と思ってしまったのは、ついこないだ「ロンバケ」見たせいです。すみません。

■大川の不正献金がすっぱ抜かれて怒り心頭な鉄平が工場の電気炉を睨みつけているシーンが長くなっておりました。すんごい目ヂカラでございます。目ヂカラ無い人に鉄平を演じる事は出来ないとつくづく思います。


他にも本当に色々あります。台詞が長くなってるのが多いです。ちょっと長くなるだけで、こんなに分かり易くなるなんて。相子の憎々しさが倍増するなんて!でもハセキョーの大根っぷりも倍増…_| ̄|○ カンヌ受賞監督に目一杯鍛え直して貰えよ。

それにしても、鉄平ちゃんの歩き方の美しさには毎度惚れ惚れ致します(´∀`*)背筋がビシッと伸びてて、本当に華麗なんですよね。目の保養っすね~銀行巡りしてる時の黒スーツ姿がもう、最高に素敵でございます~~(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。