飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディレクターズカット版「華麗なる一族」第一、二話
2007年07月12日 (木) | 編集 |
昨夜、うっかり時間が空いたので勇気を出して「華麗なる一族」のDVDを見てみました!なんせこのドラマは、変に思い入れが強くて未だに写真見るだけでも胸に来る程なので見るだけでもかなりの気合いが要るのである。

で、見ました!一枚目(#1、2)を。冒頭の雪山歩く鉄平ちゃんだけで泣けて来るよ…。結末を知っているだけにキツい(つД`) そして、始まった本編はまさにディレクターズカットなだけあって、話がもの凄いスムーズに分かり易く流れており、登場人物の心情も細かく分かるようになっておりました。「何でこのシーンを省いちゃうのかな!」てなシーンも数カ所。うあぁぁ!勿体ない!だから2クールとは言わないけど、せめて全12話位にしてくれれば良かったんじゃん!そうしてたらかなり評価変わったのに!!

本放送の時は原作読んですぐの放映であり、期待値が高かっただけに酷評しちゃってたのですが、今改めて全てを知った状態で見てみると本当に良く作り込んでいるドラマだったのだなぁと実感。ちょっと鉄平ちゃんの滑舌も良くなってる??(;・∀・)三雲さんと山で喋るシーン、本放送ではアチャー(ノ∀`;)となる程舌っ足らずだったのがマシになってた気がしたんですけども。アフレコし直したんかしら。色々足すついでに肖像画をCGで差し替えてくれてりゃ良かったのに(特典映像のCG裏話は凄かった!全然分からなかったよ!)。微妙にBGMも変わってた気がします。後、まだ未見なんですが風の噂で「ディスペラード」が差し替えられてたと聞きました。やっぱりね~、「眠れる森」再びだ。まぁ、本放送もDVDで残してるからいいけどね。

以下、追加箇所について語るので別枠で(´∀`*)

さて、追加されてて「うわ!これ省くかよ!」と一番思ったのは2話終盤の鉄平が寧子に大介への重要書類を「渡しておいて下さい」と頼むシーンです。すかさず相子が「あら、そんな重要な物寧子さんに任せたらすぐ忘れてしまうわよ。私が」って口出すんですが、鉄平はそんな相子を一瞥して改めて寧子に丁寧に頼んで渡すんですよね。それを受け取る寧子の少し嬉しそうな顔と、それを見て優しげに微笑む鉄平と、それを苦々しげに見る相子の三人三様の表情が凄く良かった!台詞は無いけど一瞬で人間関係が分かる見事なシーンでございました。寧子に優しく微笑んだ後にキッと相子を睨む鉄平ちゃんに(*´∀`)モエ

このシーン本放送で流してたら、その後の大介と鉄平のシーンが際立ったのになぁ~。残念!!先程の恨みを晴らすべく相子が必要以上に得意げだったんだよな!

他に印象に残った追加シーンを時系列無視で思いつくまま羅列すると…

■冒頭の直訴に来たスーパーの社長との話し合いの場面。そのシーンで、銀平の銀行における立場のようなものが透けて見えただけに、カットされたのは惜しい。

■ホテルの部屋で眠れないのか、1人紅茶(コーヒーかも)を飲む鉄平(*´∀`)その時の姿勢が「本を読む敬介の肖像画」と同じ姿勢なのが意味深です。しかし鉄平ちゃん横顔綺麗っす!(*´Д`)ハァハァ

■大亀が大介に相子との関係を清算するように進言するシーンもカットされてました。惜しいなぁ…。

■二子が「好きな人がいるの。お兄様、これからも私の味方して下さいね」とお願いする可愛いシーン。そんなに長いシーンでも無かったから、入れておいてくれれば後の四々彦と一緒の食堂のシーンにうまく繋がったのに。すんごく唐突に感じたんだよね、しかし、食堂のシーンは何度見ても鉄平ちゃんが木村くんに戻っちゃってんのが残念だ。その他では鉄平ちゃんは鉄平ちゃんにしか見えないだけにほんま、残念。私がジャイさんなら容赦なくNG出したのに。

■美馬が情報入手の為に弱味を握っている部下に無理難題押し付けるシーン。悪代官のような美馬が(・∀・)イイ!! 大介との電話での不遜な態度を「( ゚д゚)、ケッ」て表情で見る一子が素敵

■飲みに出かける銀平を心配する鉄平ちゃん(´∀`*)お兄ちゃんだねぇ。志摩でも銀平の投げやりな人生を気にしてたし。このシーンは腐女子へのサービスとして本放送で流して欲しかったっす!

■大川との食事シーンで「お父さんは僕に興味はありませんから」と呟く鉄平ちゃん(つД`) 大川が「そんな事あるかい」と否定してくれるんですが、鉄平の表情は曇ったままで…。このシーン入れておいてくれよぅ!!

その他至る所に追加箇所が見られました。一々上げてられない程っすよ。それは台詞のほんの一部だったり、1シーンまるごとだったり、一瞬の表情だけだったりと色々なんですが、それを省いちゃうと本放送のような妙なチグハグ感と唐突感になるのだなぁと改めて感じました(…編集さんも本当に苦渋の選択でカットしたんだろうけど)。

さぁ!これから用事片付けて三、四話を見るぜ!!

勇気が無くて買ったのにまだ見てないって言う昨日までの私のような人、意を決して見てみましょう!これこそが真の「華麗なる一族」ですよ。でも反面、未完成な本放送ですらあそこまで昇華させた鉄平像が更に詳細に描かれてるので、最終回が怖いでんすが

走り出してしまったのだから、最後まで走ります!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。