飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプル・イズ・ベスト
2007年04月18日 (水) | 編集 |
めざましで華々しく(?)昨日の一報を報じておりましたな(;´Д`) 某所の「HERO」スレでは工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエエの嵐なんですけども、皆的を射た意見ばっかなので製作者側には是非一読して貰いたい。本放送が終わって6年経ってもも、細々と書き込みがあり存続しているスレですが、それだけに番組に対する愛は本物ですそれを読めば、本当のファンが「HERO」に何を望んでいるのかは一目瞭然でしょうよ。

元々、「HERO」は派手なドラマじゃないんですよ。映画にははっきり言って向いてないソフトだと思ってます。刑事ドラマだった「踊る」は映画に向いているソフトだったけども、「HERO」は検察のドラマであり、扱っている事件も派手な事件ばっかではありませんでしたよね。殺人事件もありましたけども、どちらかと言えば下着泥棒だったり、結婚詐欺だったり、傷害事件だったり地味めな事件が多くて。それに取り組む久利生さんを始めとする城西支部の面々のやり取りの面白さが「HERO」の肝だと思うんですよ。

だから、この作品にはゴテゴテしたモノは一切要らないんです。正直大物ゲストは松本幸四郎さんだけで良かった位です。それ位シンプルな方が「HERO」らしくて、面白さが引き立つんですよ。その辺を肝心な制作側が何一つ分かっちゃいないのが非常に残念です。こないだスマスマで木村くんがパロった嵯峨見は某大多Pですよね私にとっての鬼門「プライド」を作った奴ですよね 今度は「HERO」を「プライド」化する気かゴルァ(# ゚Д゚)!!感覚がバブルで止まっている老害はとっとと引退してくれ。

災い転じて福となすか、蛇足につぐ蛇足で駄作になるか頼むよ、フジ。話題性ではなく、内容で勝負してくれよ。私の心の名作に泥を塗らないでくれ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。