飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秘密」第三巻
2007年03月11日 (日) | 編集 |
459213236X秘密-トップ・シークレット 3 (3)
清水 玲子
白泉社 2007-02-28

by G-Tools


楽しみに読んでいる漫画の新刊をブラリと立ち寄った本屋で発見すると嬉しいですね(´∀`*)そんな訳で昨日、清水玲子の「秘密」第三巻を発見したのでいそいそと買って参りました~♪どうやら先月末には出ていたみたいなんですが、最近は近所のちっさな本屋にしか行ってなかったので気付くのにちょっとタイムラグがあったようです

さて、今回の事件は白昼起こった左手と足を殴打されまくった挙げ句、全身の皮を剥がされて、トドメに頭を落とされた死体が発見された事から始まります。いつもいつも思うのですが、彼女の描く死体には生々しさが無く、皮を剥がされた死体も人体見本図のようで怖くないんですよね。それがいいのか悪いのかは、それを読む人の趣味に依るのでしょうがわたし的にはもうちょっと生々しくても良いのでは?と、毎回思ってしまいます(´∀`;)いや、スプラッターの趣味は無いので、リアル過ぎない程度で良いんですけどもねもうちょっと「死体」って感じが欲しいんですよね。被害者の無念とか犯人へのムカつき度がね、減っちゃうんですよ。あんまり遺体が美し過ぎると。

今回の話は過去が絡む犯人のお話で。話的にはよくあるタイプの話でした。途中でオチも読めたし。でも、やっぱり清水さんの演出と心理描写が上手いので最後までドキドキさせて、更にしんみりさせてくれました!早く続編が見たいっす!このシリーズは最初のアメリカ大統領の話(シリーズの序章的話)と、最初の事件(薪さんも係った連続殺人鬼の話)と、美少女が犯人の話が好きなんですよね~~。この3作は本当に良く出来てます。ミステリー的にもバッチリですよ。読んでてドキドキしちゃったし。

そういや話には関係ないんですが、薪さんの顔が1、2巻から変わってきてる気がします。絵柄が変わって来たのかな?下睫毛の描き方がちょっと変わって来てますね。そして、ちょっと垂れ目に。でも、当初ん時のイメージよりも今の方が役職と年齢を考えるに丁度良い気もします。てか、てか、言っちゃうと益々木村くんに似て来て素敵っす!薪さん特にカラーのイラストは激似っす!…と、これ以上言うと清水玲子ファンに怒られそうなので止めておきます(´∀`;)いや、私も一応清水さんファンなんですけどもこれを映像化する事があるのなら、マジ本当に、薪さんは木村くんにお願いしたいっす!!スーツ姿が激似合うのも「華麗」で証明された事だし!そして、その時は青木の役は伊藤英明君(勿論眼鏡着用)にお願い致します。身長差萌え(*´∀`)

なんかまた読み返したくなっちゃったんで、これからちょっくら読み返して来ます!ではまた「華麗」第九話の後でお会い致しましょう(笑)おお!奇しくも「第九」!お後がよろしいようで!チャンチャン
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。