飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「華麗なる一族」第七話
2007年02月25日 (日) | 編集 |
大介に「鉄平は祖父さんにそっくりで虫酸が走る!」と言われてΣ(゚д゚lll)ガーン!な鉄平ちゃんに(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~となっていた丁度その時!まさにその時!外出してただんなが帰って来やがって、グダグダ喋って来るもんだから、一旦テレビを消して、終わった頃を見計らってもう一回仕切り直したんで、なんだか中途半端な鑑賞に…_| ̄|○

さて、気を取り直して感想ですが。え~、もう、ここまで来たら『華麗なる法則』と名付けてしまいましょうか(´∀`;)「奇数回は微妙な結果に終わる」これはもうデフォルトなんでしょうか一体何の為にせっかく時間を割いて玄さんとのエピソード描いて来たのよ~(つД`)もうちょっと盛り上げる方法あったんじゃなくて?高炉が爆発してんですよ???もっとなんちゅうかあんな小規模な感じじゃなくてさ、もう人間じゃ太刀打ち出来ない!って感じに迫力出せなかったんかい_| ̄|○ しかも、葬式のシーンもあっけなさ過ぎ!せっかく年頃の娘や息子が揃ってんだからさ!原作みたく専務を皆で責めようよ!責めて行こうよ!(誰の味方やねん)ドラマスタッフは鉄平ちゃんに優し過ぎますよ!ここは原作の山崎先生を見習うべきです!徹底的に心身共に疲弊し尽くすまで攻め責めて行くべきです!!!!もう、分かってねぇな!

予告は良かったんだけどねぇ…(遠い目)女将の手紙も「皆の前で朗読するんかいっ!」と女将があの世からツッコミ入れそうな展開でございました(;・∀・)何故、何故に朗読なの?それならいっそ鉄平ちゃんの低い、腰に来る良い声で最後まで朗読しきって欲しかったっすよ。読んでる内に涙目になってく所は萌えでございましたけど(´∀`*)パパンにボロクソ言われてショックな鉄平ちゃんも良かったっす!私のS心を刺激するにはもうちょい、切なげな表情になって欲しかったんですが(鬼)、庭のベンチでボソッと呟いた「子供の頃から…」の台詞はホロッと来ました(*´Д`)ハァハァ だって、風に煽られて前髪下りてたせいで、やけに幼くなってたんだもの!

しかし、パパン今日はいつもに輪をかけて歌舞伎チックでしたな(;・∀・)万樹子が流産したと告げてからの一連のシーンは、大河ドラマ的演技、舞台的演技、自然派ドラマ的演技、貫禄大女優的演技、大根見本的演技(×2)と、あらゆる演技が見れて(゚д゚)ウマーでございました。普段のドラマでは有り得ないラインナップです。ここに相子様がいらっしゃらなかったのが残念でなりません。

しかし、原作では大介が「鉄平=祖父さんの子」と疑ってるのを知っているのは寧子位だったと思うんですが(鉄平は芙佐子の言動で思い当たる)、ドラマではいつも大人数の中で暴露大会してくれるので、「おいおい、そんなに開けっぴろげでええんですかぃ?」と余計な心配しちゃいますわ(´∀`;)鉄平の出生の秘密が明らかになる手紙ですら芙佐子と早苗の前やしな。ありえへんって。てか、私の妄想では一人で読んで一人でショック受けて一人で思い悩むんだと思ってたから(*´Д`)ハァハァしてたのに、早苗も一緒なのかよ_| ̄|○玄さんの葬式まで付いて来てるしな、こいつ_| ̄|○てか、要らん所にまで付いて来過ぎやんな、こいつ(段々こいつ呼ばわり)。なんかね、いっつも夫婦で歩いてるの見ると鉄平自身が頼りなげに見えるんだよね~。一人で行動できんのかぃ!って思っちゃう。早苗の出番が必要以上に多いと比例して話も面白く無くなるのになぁ~~(´А`)

そして、毎回気になってて今回も気になった、現場で玄さん達に対する鉄平ちゃんの砕け具合(´∀`;)いや、ああいう場面だからこそ、いつも通りの「御曹司」で居て欲しいんですけども~「掃き溜めに鶴」になってて欲しかったんですけど~一人称まで変わるって何よ_| ̄|○木村くん、素になり過ぎっすよ(つД`)鉄平の仮面を外しちゃ駄目!誰か月影先生呼んで来て!!まぁ、玄さんがお亡くなりになった事でもう専務 in 現場なシーンは無くなりそうだけどね。

そして、毎回神がかり的に面白い予告は今回も面白かった。来週は偶数回だから面白い筈(人´∀`)全10話だから、最終回も期待できるワァ(n‘∀‘)η予告の鉄平ちゃんのビジュアルがどれもこれも素敵で今からドキがムネムネだわ机に埋もれた感じのショットが堪らん程かわゆい(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~(そんな呑気なシーンでは無さそうだったが)更に!!出ましたな!弁護士の同級生!萩原君ですよね?「若者のすべて」以来の共演ですよね?

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

楽しみです!一週間を早送りしたい程楽しみです!でも、原作では法廷に出廷はしなかったように思うんですが、その辺どうなるんでしょうか?もう後3回でちゃんと行けるんでしょうか?(;・∀・)色々不安も残りますが、なんで全回を偶数話レベルで作れないのかと問いつめたくもなりますが、やっぱり楽しみは楽しみなドラマなので、頑張って欲しいっす。

では、
今回の鉄平ちゃん萌えポインツ
銀平に呼び止められて振り返った見返り美人(*´∀`)モエ
パパンの暴言に立ち尽くす姿(*´∀`)モエ(早苗邪魔)
ベンチで呟く前髪下りて幼くなった鉄平ちゃん(*´∀`)モエ(早苗邪魔)
高炉爆発を見て大ショックの鉄平ちゃん(*´∀`)モエ(早…以下略)
玄さんの葬式帰りの高炉建設現場で夕陽に染まる専務(*´∀`)モエ(同上)
太郎くんと戯れる鉄平ちゃん(*´∀`)モエ
太郎くんを寝かしつける鉄平ちゃん(*´∀`)モエ(いいパパだよね~
女将の手紙を朗読しながら潤む瞳(*´∀`)モエ(女二人邪魔)
事故以来初めて頭取室を訪れる鉄平ちゃん(*´∀`)モエ(ビクビク具合が堪らんっす!)
予告の鉄平ちゃん全て(*´∀`)モエ

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。