飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗なる追記(※ネタバレあり)
2007年02月19日 (月) | 編集 |
「源さん」ではなくて、「玄さん」だったようです(;・∀・)すんません!

どうも、私が(・∀・)イイ!!と思ってた回に限って違う感想を持つ人に行き当たる(´∀`;)やっぱ、ズレてんの?ズレてんのか?俺!つづく!(何に)

中でも、「所詮いつものヒーロー物に着地しちゃうのね。失望したわ」的な意見にぶつかった時に凄い違和感を持ちました。きっと海に飛び込み救出→感動する玄さん→最後のオチのあまりのベタさ加減についての感想なんだと思うのですが、ちょっと反論したい!つーか、させてこれ、きっと次回の悲劇性を高める為の敢えての挿入エピソードだと思うのですが…てか、そうでなかったら困るんですが…(´∀`;)それに「いつもの」って何?今までの、タイトルがまんま「HERO」なあのドラマですら、私は木村くん演じる人物に「ヒーロー像」なんて感じた事なんて一回も無いんですけども。出演するドラマが「ヒーロー物」なんて思った事も一度も無いんですけど。ちゃんと今までのドラマ見てんの?そう思ってしまう人こそが、世間の言う「キムタク像」に捕われてんじゃないの??…と、ちょっとかなり熱くなる程に思ってしまいました。

以降はネタバレ含みますんで別枠で。



さて、昨日の直後感想にも書きましたがやっとこ鉄平の魅力が描かれて来ましたね!てか、おせぇよ!もう6話やん!話半分以上終わってんじゃん!このドラマ程、ファンの間で賛否両論吹き荒れるドラマも珍しいんですけども(;・∀・) 私はね、先週みたいな下手に原作の展開を踏んでおいて外される位ならば、今週みたくオリジナル展開ぶっ込んでもいいんじゃないの?と思ってしまう派です。

これは、私自身が「木村くんが出て無かったら、このドラマ見てないし、原作を読む事も無かった」って人間だからだと思うんですがいわゆる、邪道な原作派なんですね。「木村くんありき」だから。良く「主演が違ってれば」的なレビューを見かけるんですが、そうなるとこんなに熱く論じるまでもなく、まず見てなかったですね(´∀`;) 単純な事です。木村くんが出てるからこそ、熱くなるし脚本に文句の一つも二つも言いたくなる訳で。そして、原作の鉄平には今ひとつ魅力を感じなかった私は、木村くんに助けられてこのドラマにハマれている訳です。木村くん演じる鉄平を原作の鉄平に当て嵌めて読み直したから、熱く語りたくなるんです。それ位、きっちり演じてると思いますよ。滑舌も気にならない位良くなったしね(笑)

そして、原作派な人が厭がる今回の展開は全て、来週に引っかかって来るんだと思うんですよ。船の荷造り作業員の玄さんが事故現場に居た予告のカットから察するに、きっと玄さんは事故に巻き込まれて亡くなってしまうのではないかと…。それから、原作の葬式のシーンになるのではないかと…。普通に原作通りでも切なくキツいシーンですが、それが交流のあった、恩人でもある玄さんって事になると、鉄平が受けるダメージは、原作以上に計り知れないものになる訳で…(*´Д`)ハァハァって萌えてる場合か!で、でも茫然自失な喪服の鉄平ちゃんを想像すると…(*´Д`)ハァハァ(うがぁ、S妄想が!)

ま、違うかも知れませんけどね!あの脚本家だし…。

大概ゆるい原作派の私ですら怒らせた脚本家ですが。ここまでは許しますけども万が一、万が一にでも鉄平の最期を変えやがったら、黙ってはいませんがね!さすがに、流石にそれは無いと思いたいですけどもね。でないと、いくら鯉や肖像画や猪の萎え攻撃を喰らってすら笑って許して差し上げた、温厚なこのアテクシでも許しませんことよ!TBSと脚本家に断然抗議してくれるわ!!!その辺、ゆめゆめお忘れなきよう!まぁ、血液型云々の伏線も、今週の銀平と交わした「飲みに行こう」の台詞やドラマ冒頭の鉄平の様子や、ラジオやインタでの木村くんの発言等考えるに、それは無いと思うんですけどね~。でも、この脚本家ですからね(´д`;)頼むよ~

所で、予告で大介が銀平に「お前はたった1人の息子だ!」と言ったシーンと、物陰でショックを受けてるような鉄平ちゃんのシーンは一続きなんでしょうかね??もしそうだったら…その台詞を鉄平ちゃんが聞いちゃったりしてたら…。あ、あかん!想像するだけで胸が締め付けられる~~・゚・(ノД`)・゚・泣きながら萌える~~~!もっと、もっと苛めちゃって~~!(鬼畜)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。