飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切なさが止まらない。
2004年11月05日 (金) | 編集 |
ふと時間が余ったので駅前の本屋で立ち読みをしていた時の事である。「週刊女性」の表紙に「ジャニーズ」の文字を見つけたので、興味本位で手に取ってみた。どうやら元ジャニーズ所属タレントが対談をしているようだ。メンバーは元光GENJIの山本、元忍者の誰か、元何かの誰かの3人。「誰か」や「何か」じゃ分かんねえよ!って感じだが、写真見ても名前読んでも全く覚えのない人達で(山本以外は)チラッと立ち読みした程度では覚えられなかったので仕方が無い。

そんな、ちょっと物悲しいトリオ対談であったのだが、内容は更に物悲しかった。かつては所属していて、確かに後輩ではあったのだろうが、今は一緒の番組に出られる可能性がほとんど無いと言っていい立場なのに「中居」と呼び捨てる辺りが、彼等の精一杯の見栄を感じて涙を禁じ得なかった。彼等にとって、今をときめくSMAPが「後輩」って言うのは唯一自慢できる事柄なんだろうなぁと言う事が活字の間から滲み出ていたからだ。なんて空しい事だろうか。

だが、だからといって「光GENJIまでじゃないかな、一心同体なグループは。SMAPは個人の活動が大事で次にグループって感じでしょ」と、勝手に決めるな山本よ。「司会は中居が場所取ってるしな」って、自分も司会できるつもりなのか?何かの誰か。「SMAP見てたら『自分の方が上手くできる』と思う」歌と踊り以外の事ではないよね?忍者の誰か。…余計に切なくなったじゃないか。

人生に「if」はないのだ。今、君達はSMAPにもTOKIOにも居ないのだよ。それが現実なのだ。切ないだろうが、頑張って生きて行って欲しい。なんのかんの言っても生き馬の目を抜く芸能界で、片隅とは言え今まで生きて行っているのだからいつ何が起こってまたスポットライトを浴びるとも限らない。そして、肝心のSMAPが彼等の立場になる日が来ないとも限らない。でも、出来る事ならいつまで経ってもSMAPには天下人でいて欲しいと思うのもこれまたファン心である。

彼等のファンはあの対談をどういう気持ちで読んだのかなぁ…。それもまた切ない気持ちである。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。