飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観たぞ!萌えたぞ!
2004年12月03日 (金) | 編集 |
B000AOXE0Yハウルの動く城 特別収録版
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 宮崎駿 倍賞千恵子
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-11-16

by G-Tools


うっかり忙しくて書けないでいる内に12月になってしまいましたよ!驚き。いや~、こないだ大掃除したばっかだと思うのに月日の流れるのって本当に早いですな。単に年取っただけかも知れないが。

そんな多忙な合間をぬって「ハウルの動く城」を観に行って参りました!!昼の1時には戻らないとならないキツキツなスケジュールだったのですが、行って参りました!12日に友人達と観に行く予定なんですが、それまで待てなかったのだ。あちこち散らばるネタバレ大会を避けてハウルサイト巡りも出来ないし。思う存分感想読みたいし。

で、観た訳ですが。

感想を言えと言われたら一言「ハウルに萌え過ぎて物語をよく覚えていない」としか言いようがない自分が嫌。でも、実際そうだったんだもの。もう、萌えの固まりっつーか、我ら婦(腐)女子を萌えさせる為だけに巨匠が創り上げたのではないのか?と疑いを持つ程に何から何まで萌えで出来ているハウル。彼がいけない。彼が画面に出てると釘付けになっちゃって、その間の物語が飛んじゃうんだもの(*´∀`)

なんともアホな感想だ。自分でも自覚しているので、あまり突っ込まないで下さいまし(つД`) でも、本当にそれ程に萌えキャラだったんですってば!!まず初登場時の王子様っぷりにノックアウトされちゃって、ソフィーと一緒に空中散歩気分っすよ!めちゃ腰にくる良い声で「上手だ」なんて言われた日にゃもう、その細腰に縋って良いですかっ!?と叫びたくなるっちゅうねん!!!しかも再登場時にゃ、華麗な手さばきで卵割ってるし!!なんですか?あの優雅な手の動きは!!!ソフィーを押しやる動きすら優雅ですよ!動きに合わせて繊細に揺れる髪なんてもう、「美」の一言ですよ!!!ソフィーはお下げなせいもあるんだけど結構おざなりに描かれているのに、もうハウルの髪の動きだけで何枚セル使ってんねん!って感じっすよ!!アップになれば瞳がキラキラしてるし!!!!!

更に萌えなのは、鳥ですよ!鳥ハウル!あれに萌えずして何に萌える!?てな位に萌えですよ!!!!傷を負って戻って来て足を暖炉に投げ出したシーンなんか萌えの固まりですよ!段々人間の姿に戻って行きながら苦痛に呻く、あの声!!!!その場でグルグル回りそうになりました。だ~か~ら~、腰に響くっちゅうねん、あの声は!

そうですよ。声がまた良かったです(*´∀`) ファンの欲目があるから割り増しで良く聞こえるのかも知れないけど、良かったですv そりゃ確かに下手ですよ。大塚明夫に比べたら(笑) もうちょい、抑揚を!と思わないでもないシーンもありましたよ。だが!それを凌駕する程に良い声でございましたv それに「心を悪魔に取られた」って設定だから、あれ位淡々とした話し方で良かったのかも。ソフィーを王宮に送り込む時とか、引っ越しの時とか、髪がベーコン色になった時とかのハイテンションぶりもすげぇ可愛くて良かったよ~~v

マルクルの声も心底可愛くてね~v 可愛い子は声も可愛いのかしら。「待たれよ」が可愛くて悶えそうでした(笑) 賠償さんも良かったよ~。そりゃ18歳時の声は無理が無いって言ったら嘘になるけれど、サリマンにハウルを庇う発言をした時、おばあさん~18歳まで段々戻って行くんだけど、その声の移り変わりがはっきり分かったのは凄かった!!このソフィーの外観がコロコロ変わるのは、きっとソフィーの心情っつーか、テンションの変化を表しているんだと思うんだけど、この辺りの説明が一切ないので分かりにくいと言われる一因かも知れない。誰も突っ込まないのも不思議だったしね(笑)

萌えと離してこの映画を語るのは非常に難しいのですが(笑) 何回も観たい映画だなぁと思いましたね。「一回観ただけじゃ分からない」ってんじゃなくて、何回も観て新たな発見がしたいって感じ。一回で十分!って人と何回でも観たい!って人にクッキリ分かれるタイプの作品だと思う。実際分かれているみたいだし(笑) 主に女性に支持されてるようですが、それも分かる。なんたって、王子様とそれに惚れちゃう女の子(でも大半おばあさん)の物語なんて、男が観て楽しいかって言ったら違うと思うし。しかも王子様が萌えの化身だしね。前回の「千と千尋の神隠し」は「小さい女の子の為の作品が少ない」と宮崎監督が作ったと聞いたが、それで行けば「ハウルの動く城」は純真な乙女心を失って久しい婦女子達の為に作ったのかも知れない。ええ、純真な乙女心なんざとっくの昔に葬り去ったと思った私でさえ、あの頃に戻ってときめきめときすさせて頂きましたとも!

さすがだ、宮崎駿。萌えキャラまでお茶の子さいさいか。平伏します。ですから、原作のあんなシーンやこんなシーンを入れて続編作って下さいっ!!勿論声もそのままで。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。