飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白い漫画。
2005年02月13日 (日) | 編集 |
406325982Xのだめカンタービレ (2)
二ノ宮 知子
講談社 2002-04-12

by G-Tools



うちの姉は片道1時間近くかけて髪を切りに行く。家から3分の駅前2階で切っている私とはエライ違いである。で、そこの姉の担当さんは姉曰く「あんたの友達と同じ匂いがする。」らしい。匂いってなんやねんと聞くと「ジャンル問わず大量の本を読むタイプ」との事らしい。最初腐女子臭でもしたかっ!?と慌てたが、そういう事なら分かる。私の友人はまるでご飯を食べるように本を読む。飲み会で会った時などいきなり「さ~て、今日の本は?せいの~で、はいっ!」なんて事をする。で、皆なにかしらの本を持って来ているのである(道中読んでいる)。以前なら私も絶対と言っていい程本を持っていたのであるが、最近はとんと持ち歩く事が少なくなってしまった。で、たまに持っている時に限って吉村達也の「ボイス」だったりして皆の笑いを誘ってしまうのである。

私の友人のそんな所を姉は「高尚な趣味と会話の出来る素晴らしき人達」だと勘違いしていて、担当さんも絶対に同じ仲間だと言い張るのである。ちょっとその担当さんに申し訳ない気持ちになる。で、姉は一見本はファッション雑誌しか見ませんって感じに見える為、担当さんは普段は当たり障りの無い世間話をしているのであるが、たまたま話が「ごくせん」になり、姉がポロッと「でもあれは漫画の方が面白いよねぇ」と言った所、その担当さんが「漫画読むんですか!?」と非常に驚いたらしい(その姉が読んだ「ごくせん」も実は私の友人の物なのだが)。

そこで、「漫画読まれるのなら、これはオススメですよ!」と担当さんが激しく推薦してきたのが、上記の「のだめカンタービレ」なのである。姉が「二ノ宮なんとかって漫画家知ってるか?」という聞き方をして来たので、タイトルを思いだせ!と怒りながら内心「もしかして「のだめ」か?」とは思っていた。あちこちで「面白い!」って噂は聞いていたのだ。でも、どんな絵柄なのか、どんな話なのかは全く知らなかったのだ(なんとなく音楽系だとは知っていた)。案の定姉が思い出したタイトルは「のだなんとか」だった(全然思い出せてねぇよ!姉!)。「それは面白いって話を一杯聞くよ」と言うと「試しに買ってみるわ」と言って姉は電話を切った。

その二日後。取り敢えず今出ている11巻までを一気買いした姉がいた。姉に借りて私も一気にハマった。面白すぎる!当初タイトルだけで私が想像してた「のだめ~」は、「のだめ」という名の町立オーケストラがあり、そこでフルート(何故か決めつけ)担当の演奏は下手だけどめげない主人公の女の子とイケメン指揮者の男の人と、彼等を取り巻く人々の人情溢れる触れ合いの数々…みたいなベタな作品であった。それを悉くいい方に裏切った素晴らしく面白い漫画であった。「面白い」は文字通り、声を出して笑ってしまう系の「面白い」であったのだ。群像の雰囲気は「動物のお医者さん」系かも知れない。出てくる人出て来る人が脇役も含めて個性的なのだ。でも、その個性が主人公を潰す事も無く、鬱陶しくなく存在している。合間合間に散りばめられた名作漫画へのオマージュも笑える。でも、決める所は決めるメリハリも絶妙。

結構色んなジャンルの漫画を読み漁ったつもりだったが、自分と相性の良い名作がまだまだ溢れているんだなぁと感心する。もう手元に置けるスペースの余裕が無い為、試し買いが出来ないので面白そうだと思っても自粛しちゃうんだよね。「ごくせん」も小さい単行本で出してくれれば絶対に買ったのに、豪華本でしか出ていないので友人に借りるしかない。いつもすまん!…てか、その友人私より遥かに本を読むし買っているのだが…収納はどうしているんだろうか?謎です。そして、まだ「のだめ」を読んでなくて、佐々木倫子系が好きな方は是非読んでみて下さい。面白いですから!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。