飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男だらけの「大奥」
2005年10月26日 (水) | 編集 |
4592143019大奥 1 (1)
よしなが ふみ
白泉社 2005-09-29

by G-Tools


「隠し剣 秋風抄」を買う時に、それだけでは送料が勿体ないからと(1,500円で送料無料)よしながふみの「大奥」、「愛すべき娘たち」、「それを言ったらおしまいよ」の3冊も一緒に購入。こんな時、つくづくネットは便利だと心底感じる。ネットがあって本当に良かった。

で、早速読み耽った訳ですが「大奥」が本当に面白かった!最初「逆大奥なんてドタバタコメディなのかしら」なんて思っていたのですが、ところがどっこい!結構シリアスなんですよね。どうして逆大奥が成立する世の中になったのかもきちんと描かれているから、全然荒唐無稽な感じがしない。女性の将軍吉宗も、普段男装をしている訳でもないちゃんとした「女性」として描かれているのも良い。しかも、格好良いんだ!この将軍吉宗が!(*´∀`) 大奥での振る舞い方が堪りません。男前過ぎだ。そして密かに、同じように男らしい大岡越前も好きだったり。今回数コマしか出演されてませんが、今後活躍される事を祈りたい。

よしながふみは「西洋骨董洋菓子店」で知ったのですが(遅い)、サカサカした絵柄とシリアスな話に盛り込むギャグの比率が絶妙で凄く好きな漫画家です。BL系(ボーイズ・ラブですな)が多いんですが(しかも激しい)、普通の恋愛だったり家族愛だったり学園物だったりなんかも描きこなす、数少ない漫画家の一人だと思います。「西洋…」がドラマ化してくれて良かった…。でなかったら、きっと知らないまま過ごしていた筈だから。そういや、彼女のエッセイ漫画「愛がなくても喰っていけます」も面白かったなぁ。

で、「大奥」なんですが以下続刊で非常に今から楽しみで仕方ありません。私はコミックス派なので次が出るのに時間かかるのがじれったい(;´Д`) あぁ、この後どうなるのかしら。外国人も絡んで来たりするのかなぁ…と、悶々としてしまう。きっと色んな事が待ち受けているんだろうけど、あの男らしい吉宗ならばガンガン乗り越えて行って下さると信じておりまする。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。