飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コード
2005年01月18日 (火) | 編集 |
4042955037ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 2006-03-10

by G-Tools



友人に借りて読みました!

いや~~、面白かった。一気に読んじゃった。元々ダ・ヴィンチには興味があって、探せば大昔にやってた彼の生涯SP番組のビデオとか出て来るんじゃないかと思う。NHKでやってた「ルーブル美術館」も全部ビデオに録ってたし、好きな時代の分だけだけど番組連動の美術本も買ってた。あの当時にお金があれば、単身でもルーブルに行ってたんじゃないかって位にのめり込んでた(当時ヨーロッパツア-は軽く50~100万かかってたから断念)。更に言えば「薔薇十字」だの「フリーメイソン」だのの秘密結社にも興味があって、胡散臭い謎解き本も一杯買ってた。ダ・ヴィンチの他にノストラダムスにも興味があって、五島勉の謎解き本なんか私の中ではベストセラーで、未だに読み返す事もある。

この本はその時の感覚を呼び起こしてくれる。主役2人の学者ならではの興味最優先な所が面白い。「そんな事してる間に逃げろって!!」と何度突っ込み入れた事か。更に一難去ってまた一難の見本の様な展開も面白い。正味2日程の話なのかな?映画になったらこの辺凄く面白そうだ。しかもフランス語だし。外国人しか出て来ないので、頭の中では浦沢直樹の漫画に変えて読んでました(笑) 読みやすかった~~。しかも訳が「いかにも訳してます」って文体じゃなかったのも良かった。おかげで更にスラスラ読めたと思う。

最後のオチも「あぁ!なるほど!」と思わせてて良い。途中であった暗号文の文字の謎がどの登場人物よりも先に解けたのも嬉しかった。でも、あれはあの3人が揃っててあり得ない見落としだったので、きっと作者プレゼンツの「読者参加の謎解きゲーム」だった気がする。ダ・ヴィンチに詳しい人があの謎が一瞬で解けない訳ないもの。しかし、「最後の晩餐」の絵に隠された秘密には私も驚いた!下巻の巻頭にあった絵を何度見返して「おお!」と唸った事か(笑)いや~、凄い。流石のダ・ヴィンチ。

かなり面白かったので、前作に当たる「天使と悪魔」も読みたくなった。古本屋巡ってみよう(買えよ)

そして、今回「正直者が馬鹿を見る」の見本のような登場人物に涙。あれで報われないなんて可哀想だ。それと、映画化するなら最初の殺人現場はどうするのだろうか…。と、関係ない所が非常に気掛かり。重要なキーワードだからあのまま再現せざるを得ないと思うのだが…。その辺も気になるので、映画になったら絶対に観に行きます。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。