飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シュミじゃないんだ』を読む。
2007年01月25日 (木) | 編集 |
4403220487シュミじゃないんだ
三浦 しをん
新書館 2006-10

by G-Tools



ちあきちゃんに借りた、素晴らしく面白い文章でBL漫画(ボーイズラブ。男と男の恋物語が描かれている)について語り倒している本である。最初、このタイトルを見た時「そういうのって趣味じゃないんだよね」の方の『趣味じゃない』だと思ってたら、しをんさんにとって読書(この本ではBL漫画を指す)は「趣味は読書でぇす」レベルのもんじゃないんだ!って意味だったと知り、こっそり親近感を抱いた。何故なら、私にとっての読書(勿論漫画も多いに含む)も「趣味」なんてレベルを越えて、まさしく人生の一部になっていると言っていい程のものだからだ。

今回はことBL漫画に絞ってのレビューというか、BL界の考察エッセイであるのだが、その文章が一々面白くて普段BL漫画(小説)を読まない私が読んでも十分に面白い本であった。なんか凄く思考回路が近い気がするのだ。エッセイに登場するしをんさんの友人は私の友人にかぶる所が多いし、話す会話もよく似ている。凄い親近感だ。延々と続くBL界の在り方についての熱弁は頷ける事も多くていい。

BLって実はもの凄く奥が深く、分類も細かくあるので一概に「BL好きって…キモ(;´Д`)」なんてひと括りにされると非常に不本意である。が、大っぴらに「私はボーイズラブが大好きなんですぅ」とも言えない。まことにジレンマ。その辺のもやもやも全部この本でしをんさんが語ってくれた。ありがたや。てか、好きな設定や駄目な設定が非常に似ているのでしをんさんが薦める漫画位は読んでみようかな…と思った。今回取り上げられていた作家で知っているのはよしながふみ、藤たまき、深井結己(BLではなく、義姉に借りたレディコミで知った)だけであったのだが、他の作家にもかなり興味が湧いたのは収穫だった。

ちなみに、私の駄目なBL設定はショタ物と「それ、女でええんちゃうん」って感じの受(女役)が出て来る作品。好きなのは…へへへ。ナイショ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
3冊貸した中で。
いの一番にこの本を読むあたりが、さすがあなたらしい(笑)。
BL漫画って私も読まんけど(よしながふみ以外)、春抱きシリーズには興味津々。
もし買ったら貸してね(自分では買いたくない・笑)。

では、もう1冊のブックレビュー本もたいがい笑えるので楽しんでくれたまへ。
2007/01/25(木) 19:48:32 | URL | ちあき #-[ 編集]
そらもう(笑)
いや~、面白かったっす!今は既にブックレビュー本を読んでおりますぜ(笑) こっちも面白いわぁ~v

ちなみに私は政界物に興味津々でございますよ(´∀`*)
…「春抱き」はちょっと私には(絵が)濃過ぎるのでは…って感じでしたが(´∀`;)

漫画喫茶行ってみようかな~~(笑)
2007/01/25(木) 21:42:23 | URL | 狸山 #-[ 編集]
こんばんは。
トラックバックさせていただきました。
この記事のトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2009/08/29(土) 04:30:02 | URL | 藍色 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
はじめまして!

今回はトラックバックありがとうございました(´∀`*)
こちらからもトラックバックさせて頂きますね~♪
2009/08/29(土) 07:13:33 | URL | 狸山 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ボーイズラブ漫画にまみれた日常。愛してやまぬボーイズラブ漫画についてのエッセイ。 たぶん人を選びそうなテーマ、BL。飾らない言葉と...
2009/08/29(土) 03:58:10 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。