飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『華麗なる一族』第二話
2007年01月21日 (日) | 編集 |
さぁ!待ちに待った第二話です!先週よりもテンポ良く話も進み、ナレーションも初回程物語の邪魔をする事なく、音楽は初回ですら気にならなかった私には改善されたのか分かりませんが、今回も特に気にはなりませんでした。木村くんの滑舌も良くなってて(前回比)、良かったんではないでしょうか。将軍も出たし(ギャフン

高炉建設の是非をメカ鯉・将軍に委ねてどうするよ、鉄平!しっかりしろ!そして肖像画も改善されておりませんでしたな(つД`) ばか~!寧子さんの浴室のフラッシュバックは段々核心に迫ってくるし!(肩チェックしそびれた!肩見ればあれが木村くんがやってんのかどうか分かるのに!)「どうやって映像化するねん」と思ってた妻妾同衾もやっちゃいましたね!

以下、原作ネタてんこ盛りなので別枠で。


銀平の過去のトラウマ話が意外に淡々とあっさりと語られててちょっと残念原作では『少年の頃』となってたけど、色々設定が変わったようだ。相子が家に来たのもドラマでは鉄平が留学している間にって事になってたけど、原作では中学校の頃って感じだし。しかも、原作では一番寧子を気遣い、一番相子の存在を憎んでいるのは銀平なのに、それは鉄平にすり替えられちゃったんだよね~。そこはちょっと残念。原作の鉄平はそこんとこ結構割り切っているのに。てか、自分の夢に精一杯でそこまで気が回らない感じなんだよな(;・∀・)

その他エピソードが原作と前後してたり錯綜してたりしてて、理解するのが大変だわ四々彦と二子の関係も色々すっ飛ばしていきなり「実は付き合ってるんです!」になってるし!あそこは普通に原作通りでも良かったんじゃないかねぇ…。てか、原作の四々彦って本当に二子の事好きなんかい?って思う節が端々に。二子が自分達の今後の話を振った時にも「今は専務(鉄平)が大変な時だから考えられない」みたいな事言ったりしてたしな(笑) 最後まで積極的な二子に圧されまくってた印象でした(´∀`;)

そうやってきっちり描いて欲しい原作のエピソードは容赦なく削るくせに、はっきり言ってどうでもいい芙佐子と鉄平の「元恋人」話にはエラく時間割くのよね。あれは相子に引き裂かれたって事になってるけど、芙佐子はちゃんと『異母兄弟かも知れない』って事を知っている設定のままなんだろうか?相子が絡んだのは事実だけど、それでも諦め切れないでいる芙佐子に女将が真実(と思っている)を告げた…って設定にでもしてくれないと後々話が繋がりにくくなるんだけど。てか、そこを握っているからこその芙佐子の存在価値が揺らぎ兼ねないのだが。

そして、原作通り荒れて「若い妓連れてこ~い!」と荒れる鉄平のシーンはあるんでしょうか(*´Д`) そして芙佐子を押し倒すシーンは(*´Д`)ハァハァ そこカットするのはナシよ!結構原作ではやる事やってはります。流石絶倫親父の息子でございます(笑)

そんな今日の萌えシーン
社員食堂で掃き溜めに鶴状態の鉄平に(*´∀`)モエ
深夜、将軍にお伺いたてる鉄平に(*´∀`)モエ(正確にはその時のビジュアル萌え)
赤いネクタイに(*´∀`)モエ
背筋を伸ばして座りながらも首が項垂れてる鉄平に(*´∀`)モエ
美形兄弟の2ショットに(*´∀`)モエ
いきなり前後の流れも無視して「お父さんは僕が嫌いなんですか?」と、ウルウル目線の鉄平に(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~ あ、あの子犬のような瞳!!!いじめ倒したい!(Sッ気発動)
高炉建設予定地に感慨深げに立つ鉄平に(*´∀`)モエ
融資10%削減でガ━━━(゚Д゚;)━━━ン!!状態の鉄平に(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~ パパン、もっと苛めてやって!!

来週がとってもとっても楽しみです(´∀`*)夜目にも眩しい将軍は来週も出るんでしょうか。その辺も見逃せません(違)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。