飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗なる雑談。
2007年01月21日 (日) | 編集 |
面白くないだろうけど、一応「演歌の女王」の2話目を見ようと思っていたのだが、友達に借りた「花より男子」がめちゃくちゃ面白くて読み耽っている内に終わってしまってました(・∀・;)ありゃりゃ。ま、いっか。

木曜日は「ピンポン!」に木村くんが出るってちゃんとラテ欄に書いてたのにうっかり忘れて見逃してガッカリ_| ̄|○アホだ…(泣) 見逃した時に限って中味濃いそうな感じだし(つД`) ちくそ~!

そんな傷心な心は3回目の「武士の一分」で癒して頂きました。なんてあの夫婦は可愛いんでしょうか何回観ても面白い、心温まる本当に良い作品です。膝に落ちたご飯粒を取って食べる加世が可愛い(´∀`*)落ちた蚊を取ったりもしてましたな。アイロン(のようなもの)を当ててる時に手を出した新之丞に「あぁ」と呟いて手を遮った仕草とか凄く好きです。今回はそういう所に重点を置いて観ておりました(´∀`*)

さて延々と続く語りは「華麗…」のネタバレを大いに含みますので、別枠で。


さてさて。またいつものようにネタ蔵から色んなブログをさすらっていたら、妙にムカつ文章にぶつかった。あまりに一々ムカつきポイントを突いてくるなぁと思ったら、やっぱりゲンダイか! いつかこの記事書いてる奴と討論してみたい。毎度毎度嘘で塗り固めた叩き記事ばっか書きやがって視聴率が高ければ高いで結局貶すんだよな、こいつらは。「褒めたら負け」とか「褒めたら世界の破滅」とでも思ってるかのような叩き記事のオンパレードにはいっそ感心すらするわ。よくもまぁ、10年以上叩き続けるよね。もっと他にする事ねぇのかよ。

まぁ、こんなアホの言う事に耳を傾けるだけ人生の損でございますわ。木村くんのファンになって、ゲンダイや文春やら東スポやらの芸能界の噂がどれだけ嘘八百か身をもって知りましたから。何一つ信用できませんよ。皆様、くれぐれも盲目的に信用めされないように。登場人物の名前位しか当たってませんから、あれ。例えば、最近のでしたら『現場で座らない』『台本を頭に叩き込んでいる』『控え室を使わない』という、ファンならだいぶ前からそうしているのを知っている事をさも、今回のドラマからだという論調で書き、その理由が映画の評判が芳しく無いから焦っているのだと結論付けている始末。映画をこき下ろしてたのは映画祭で取材拒否にあった(当たり前だろが)お前ら自身やんけ(怒) 普通の身元の確かな一般人のブログでは概ね好評なんすけどね。

そういや、「ハウル」と「武士」の公開前には『演技が酷く』て、『監督』が、『怒って』しまって、『現場の空気』が、『ピリピリ』している。(by 映画関係者)というテンプレでもあるのか?て位同じような記事が載ってましたな。どちらも蓋を開ければ大好評だったんですけどね。「華麗」の前には「映画と一緒の『チンピラ演技』にドラマスタッフは頭を抱えている」との意味不明の記事が載っておりました。ここまで来たら笑うしかない。映画、観てへんやろ(呆)荘内弁の武家言葉を話す新之丞の台詞のどこが「チンピラ」????綺麗な敬語で話す鉄平のどこが「チンピラ」????昨今のチンピラは敬語で武家言葉話すんかい。

矛盾だらけなんだよ私は執念深いので、書き殴っている本人が忘れててもずっと覚えているからな…と、こんな阿呆共の事を書くつもりじゃなかったんですよ。ついついあまりに腹が立ったんでムシャクシャしてやってしまった。反省はしていないが。

話したかったのは、今回のドラマの事。小説を読んだ段階では、どうしても鉄平が好きになれずにいた私ですが、現金な事に動いている姿を見た途端コロツと『好き』に変わりました(笑)単純だと笑いたくば笑え!だって、あの顔や声や仕草が私の萌えのど真ん中なんだから仕方無い。

しかし、久々にドラマで萌えそうな予感(´∀`*)ドラマ萌えは「GL」以来かしら。ふふふふふ何が萌えるって、スーツで麗しい男が一杯!しかも、「男は25歳越えてから!」が信条の私には堪らん青年、中年、の山!(*´Д`)ハァハァ 神様ありがとう。ここまで萌えポイント高いとは思ってませんでした。動いてみないと分からないもんですね。

しかも、なんかこう、パパンに冷たくあしらわれて涙目な鉄平がですね、私の中のS心を呼び覚ますっつーか…(;´Д`)ハァハァ 「可哀想に」とハラハラしつつも、「パパン、もっと苛めてやれ!」と声援を送ってしまう私の深層心理がこわひ…第一話でこれだぜ?今後もっと凄いんだぜ?鉄平には不幸のがぶり寄りが待ってるんだぜ?た、耐えられるかしら私。押し寄せる萌えの波に(違)。おかしい、普段はSっ気なんてないのに。予告で芙佐子に「知らなかったんですか…?」て言われて目をウルウルさせて俯いてる姿見たら「ふっこ、もっと焦らして苛めてやれ!」と思ってしまうし(´∀`;)

そういや、過去も「眠れる森」で国府にボコボコに犯られやられて後ろ手にガムテで縛り上げられるシーンは巻き戻して何回も見る程萌えたよなぁ…(´∀`;) 涼が完三にナイフで刺されて崩れ落ちるシーンにも(*´Д`)ハァハァしたよなぁ…「GL」で元ちゃんが落下して香田さんが駆け寄って名前を呼んでそれに応えようとしながら気を失ったシーンも激しく萌えて胸がズッキュ~~~ンとなったんだったわ。

わ、私ってもしかせんでも木村くんが痛めつけられてるシーンに萌えるのか…?(・∀・;)いやんこれからパパンに殴られるシーンやら原作通りなら、爆発事故の後の憔悴しきった姿や、倒産しちゃって会社去ってく姿や、父のように慕った三雲さんにも冷たくあしらわれて淋しく去って行く姿なんかも見れる訳ですか?(*´Д`)ハァハァ(鬼か)

流石に最期は萌えてる場合じゃないんですけどね(;´Д`)それまでの過程は存分に萌えさせて頂きますわやっぱり、ドラマには「萌え」がないとね!!あ、「萎え」は最小限でお願いね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。