飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「華麗なる一族」第一話
2007年01月14日 (日) | 編集 |
さて!ついに始まりました!「華麗なる一族」です。「演歌の女王」では期待度85だったのに満足度40で_| ̄|○だったんですが、「華麗なる…」はどうなるか。本当に9時5分前はドキドキして心臓が口から出そうな感じでした(´∀`;)

結果。期待度95で満足度85といったところでしょうか。これはかなり嬉しい誤算でした。もっと期待はずれな感じかと思ってたんですが、あっという間の90分でしたね。何が良いって、まず音楽!良いドラマの条件は主題曲(歌ではありません)だと私は常々思っています。「HERO」しかり「GOOD LUCK!」しかり「踊る大捜査線」しかり。その曲がかかっただけでワクワクしてキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!って気分にさせる音楽。それが良いドラマには必要不可欠なのですが、今回の主題曲もこれまたドラマに合った重厚さで、もの凄くワクワク致します。さすが服部先生でございます。下手に主題歌を付けなかったのが良かったと思います。

ただ、萎えポイントもございました。まずはナレーション(倍賞さんだったんですね!)。なんか説明台詞ぽくてドラマの流れを切られる感じ。「大奥」とかなら気にならないんだけど、なんか一々気になったのでした(´∀`;)そして、最大の萎え。それは敬介(鉄平の祖父)の肖像画…。まんま鉄平過ぎるだろ_| ̄|○ 絨毯に二千万円かけるのなら、もうちょい絵に力入れて欲しかった(つД`)なんでドラマに出て来る肖像画ってどれもこれも妙に安っぽくなるのかしら今まで見た中で唯一許せたのは「眠れる森」の肖像画だけだわ。結構物語上重要なアイテムなんですからもうちょい重厚な感じに出来なかったんですかね…(;´Д`)後、若々し過ぎるような…。もっと髭の生えたじいさんだと思ってたのに、妙に若くて違和感が私が想像してた敬介の肖像画は伊藤博文みたいな感じだったのよ(´∀`;)想像力が貧困なだけかもだけど。

あと、芙佐子(稲森いずみ)がえらく重要な役になっててビックリ。まぁ、原作でも出番は少ないなりに結構重要なポイントを担ってはいたんですけども、あそこまでピックアップされるとは意外だった。最初から若女将で出るのかと思ったら違うみたいだし。鉄平を主役に持って来たせいなんでしょうね。今後も色々絡んで来るんでしょうかね?鈴木京香さんのNGシーンから見るにそんな感じ。あれは原作にないエピソードだったもの(女将の入院費がどうのこうのって場面)。

まぁ、萎えはあったけど、それを上回って萌え…っていうか良いシーンは沢山ありました。まず、想像通りピッタシだったのが鈴木京香演じる高須相子。もう、私が原作読みながら想像したそのまんまのお姿でした(´∀`*)やっぱりええ声です。そして、矢張り想像通り迫力満点の大介こと北大路欣也。流石のベテランです。その存在感は流石!原作のイメージのまんまでした。当初名前の挙がってた渡哲也だと少し甘い感じになってしまってたかも。渡さんはどっちかっていうと三雲さんな感じだし。これから深まる鉄平との対決が楽しみになって来ました。木村くん、北大路さんにビシバシ鍛えて貰え!絶対にいい経験になる。

ヤマコーの銀平も良かったっす!(´∀`*)クールで投げやりな感じがとても良く出ててこれまたイメージ通りです。西田さんも流石の存在感で圧倒されましたし津川雅彦の老獪な大臣もこれまたイメージ通り!この辺の名優わんさかな三雲頭取就任パーティのシーンはマジで映画観ている気分になりました。豪華!そしてその豪華さを上手く使ってますね。要所要所に超ベテランを置く方法は上手いです。だって、上記の華麗なる俳優陣はそんなに出ずっぱりではないんですよね。重要な局面になると出て来る超ベテラン。その存在感がますますドラマを重厚なものにして行く事でしょう。流石開局55周年の意地ですな、TBS。

さてさて、最後になりましたが木村くん演じる鉄平。ファン目線からなのでどうしても甘い評価になってしまうんですが、私は結構良かったと思います(´∀`*)なにせスーツですし!(そこかよ)言葉遣いも丁寧ですし!(ここ、萌えポイント高いです)子供の額にキスする仕草がハマってて素敵でしたあの自然さは演出?それともアドリブの動き?子供を持つ親なら一度はする仕草ですよ。キスというより髪の匂いをかぐ感じなの。さりげなく胸に置いた手もトントンしてるし。あのシーン、凄く良かったっす。勿論、一番良かったのは矢張り大介と話すシーンですけども。お互いの間に火花が見えそうな緊張感が堪りません。不思議な事に、よく言われてる「キムタク演技」の癖が「武士の一分」の時よりも薄まっているように感じました。まぁ、ファンの欲目と言われればそうなのかも知れないですけどね

専門用語がちょっと舌回らない感じなのがちょっと気になる所ですが(・∀・;)頑張って自分のモノにして下さいな。来週は以前どこかのブログで見た工場のシーンですな。NG出しまくったという曰く付きの。どれだけ自然に喋れてるのか、ドキドキしつつ見たいと思います。あ、それで思い出した!銭高の西村さんも良い味出してますね専務付きの目付役なので、きっとほとんどペアで出て来るだろうから楽しみです。

色々外野の声の煩くなりそうなドラマですが、今の所、私的には良いドラマに仕上がってて嬉しいですね。この感じで最後まで突っ走って欲しいと思います。しかし、木村くん。あれじゃ第一話を見ても最後に鉄平がどうなるのか分からないんですけどもでも、ちょっとホッとした。最初に結末な演出あんまし好きじゃないんで。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。