飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勿体ないYai Yai !
2006年12月04日 (月) | 編集 |
スマステは「俳優・木村拓哉特集」でございまして、ご本人も登場!って事でこれ以上はないって程の期待感を抱いていたのですが…。ですが…。

VTR長過ぎ!!

本人がそこにいるのに、何延々とVTR流してんのよ!しかも歯が浮くような、見ている方が居心地悪くなるような褒め言葉のオンパレードじゃないか。木村くんも居心地悪そうで、「今日は本当にありがとうございました!」「スマステ、勘弁して下さい!」って言って帰ろうとするし(笑) それにせっかくの慎吾と木村くんの2ショットなのに、ほとんど対話も無くてすっごく残念!

出だしまでは良かったんだよ。過去の映像が一杯流れてさ。蜷川さんの直球な言葉や三谷さんの古畑裏話やらまでは良い感じだったんだよ。なのに、それから後がいけない。何で、そんなに沢山のインタビュー取るかね?特に共演者なんか本人が見るVTRで辛口コメントなんか出来る訳ないじゃんか。山田監督、蜷川氏、三谷氏、井上女史、堤氏、松さんだけで良かったんじゃないかな?そして、どうせなら注文系にもっと時間取って欲しかった。そして、その注文に対する木村くんの答えが聞きたかった。結局蜷川さんの質問には答えられなかったしさ。

等々、色々ブチブチ文句言いまくってたんですが。

最後の抱擁でもうなんでも良くなりました(´∀`*)

所詮安い女でがんす。でもまたいつか、リベンジして下さい。蜷川さんとの対談でいいです(笑) あ、桃井さんでもいいかな。

そんな今、自分で「俳優・木村拓哉特集」と称して木村くんのドラマを見返しております。「HERO」、「空から振る~」と来て、昨日は「若者たちのすべて」を見ました(・∀・)

いや~~~、木村くん格好良いわ!これは当時このドラマを見た同世代の男達がこぞって真似したがったのも分かる!なんちゅうか、存在感が突き抜けてましたな。こんなドラマが一番苦手な私が、武志(木村くん)を見たいが為に、最後まで見ちゃったんだもの。これって凄いんですよ(笑) 私は面倒になると、途中からでもチャンネル変えるし見なくなる性分なんだもの。

しかも、このドラマに出ている若手俳優は皆上手い!木村くんは勿論、萩原くんも武田くんも深津っちゃんも鈴木杏樹も上手い!唯一遠山キョウコだけは駄目でしたけど(´∀`;)演技以前にあの声が駄目。私が一番嫌いなタイプの声でした。役柄もウザ系だしな。若手中心のドラマなので、核になる若手が上手く無いと見ちゃおれない代物になるんですよ。中心が全員上手かったのが本当に凄い。そして、主題歌。これも(・∀・)イイ!! イントロと共に映し出される夕日に染まる川崎の工場群。これだけで胸にわき上がる何かがある。素晴らしいです。今の若手やドラマ制作者は見習うべきですな。

そして、木村くんの俳優としての大きな魅力発見。それは、揺れる瞳 武志って結構ひねくれてツッパった感じの癖に、一瞬で目がウルウルするんですよ、この男!!きっつい目で睨んだりする癖に。その一瞬の水分含有率は何???涙は女の武器の筈なのに。これに女性は胸キュンな訳ですよ。このウルウル瞳は今も健在ですな(笑) ブラボー。

長くなるんで、また後日「俳優・木村拓哉」について語り尽くしたいと思います(´∀`*)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。