飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「華麗なる一族」in 上海
2006年11月08日 (水) | 編集 |
木村くんの「華麗なる一族」の上海ロケにエキストラ参加された上海の方(中国の木村くんファン)がレポを書いていらっしゃいました。

偶然レポされるちょいと前にこのブログを発見して「お気に入り」に入れて毎日チェックしていたのですが、最初は参加予定の無かったエキストラに参加する事になったとの書き込みを見て以来、レポを楽しみにしておりました所、つい先日数回に分けてアップして下さいました。もうね、それを読んでいたら泣けてきましてね。プライドの番協の時にも色んなレポを読んでいて、木村くんの仕事に対する真摯な態度なんかを充分理解していたのですが、そこはほら、「番協」ですから。自分のファンが沢山参加している事を知っていたからこその態度だったんじゃないかと穿った見方をしていた所もあるにはあったんですよ。今、そんな自分にドロップキックかましたい気分です

リンク・転載フリーとの事なので、まずはそちらを読んで下さい(日本語がそこらの日本人より美しいですよ。自分、ちょっと反省しました)。

http://d.hatena.ne.jp/owood/


でね、強風吹きすさぶ中での木村くんの取った行動がね、なんかもう堪らんかった訳ですよ。胸がジーンと熱くなって来て、気付くと泣けておりました(´∀`;) 木村くんのファンで良かったよ。変わらないんですよね、この人は。日本にいようが上海にいようが。さり気ない気遣いの出来る人なんだよね。プライド撮影時にも同じような行動を取っていてね。気付く人にはそれがファンを思い遣っての行動だと分かるし、そうでない人にも普通に嬉しい行動なんですよね。押し付けがましく無い優しさですよ。こんな生き馬の目を抜くような芸能界に生きててよくぞここまで変わらない優しさを持っていられるなぁ…。とその奇跡に感謝ですよ。

滅多に会う事の出来ない海外のファンにとって、今回の上海ロケはとても貴重なひと時だったようです。「武士の一分」が上海で上映される事を祈ってやみません。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。