飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他国よりの使者。
2013年02月02日 (土) | 編集 |
旧知の友人が遊びにやって来た。もうかれこれ25年来の付き合いである。
お互い年を取って、年に一度会うか会わないかの付き合いになっていたのだが、小梅を飼いだした途端、彼女の態度が急変した。

そう、彼女は猫飼い。しかも十数匹の猫を飼っている筋金入り。
小梅がまだ生後3ヶ月程の、まだ子猫特有のホワホワ毛の時に片道二時間の距離をものともせず、大量の貢ぎ物(勿論、小梅への)持参でやって来た(笑)

それから、わずか5ヶ月で再度の来訪。
何度も言う。小梅を飼うまでは、年に一度会うか会わないかな状態だったのである。
しかも、家への訪問なんて次男がまだ赤ちゃんの時以来である。

猫力、恐るべしw

今回の訪問に際しても、彼女は前回以上に大量の貢ぎ物を持参して来た。

猫じゃらし×2
ネズミのおもちゃ×4
キャットニップを染み込ませた縫いぐるみ(小梅、抱えて泥酔状態w)
ペット用湯たんぽ
キャット用おやつ
そして、ビーズで作った綺麗な首輪。

布製の首輪は速攻で外しにかかる小梅が、何故かこの首輪には抵抗せず、寧ろ誇らし気に付けている不思議(゚Д゚*)白い毛皮にピンクが映えて本当に綺麗

友よ、ありがとう!!
そして人間にも(゚д゚)ウマーな手土産ありがとう!!

これがその、貢ぎ物の首輪である。
まるで女王のような悠然とした表情である。

女王の首飾り

だが、しかし。
実はこの時、小梅は「シャー!!!シャー!!!」と蛇みたいに威嚇していたのである!!(;`・ω・)

友人、何せ多頭飼いである。
その匂いがするのであろう、友人が小梅と対面して、さぁ撫でよう!としたその瞬間からまるで獣のように「グルルルルル」と唸り、「シャー!!!」と威嚇しだしたのある!!

前回子猫時に訪問した際は、友人の肩に止まりスヤスヤと寝入る程に懐いていたと言うのに(つД`)・゚・猫好きな友人に対して、あまりにつれない小梅たん。

でも、何故か友人の側には行くのだ。そして、遊んで貰ってちょっと止めると「ヤメるな!遊べ!」と唸るのだ。なのに、触ろうとすると「シャー!」と威嚇(つД`)それは別れの瞬間まで続きましたとさorz

友よ、これに懲りずにまた遊びに来ておくれ。

で、友が帰ったその夜。貢ぎ物の湯たんぽの上で寛ぐ小梅。なんちゅうあられもない姿w
そんなに気に入ったのなら、今度は友人に抱っこされてやってくれ

余は満足じゃ

でも、今度は私が友人ちの大量なニャンコに会いに行きたいぞ!!
唸られて威嚇されそうだけどね(;´∀`)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。