飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Birthday !! 慎吾!&スマスマ
2007年01月31日 (水) | 編集 |
慎吾、誕生日おめでとうございます

ついに30歳っすね!これで史上初(?)の全員三十路越え現役トップアイドル誕生ですな!(人´∀`)思えば、私がSMAPファンになった時にはまだ慎吾は未成年でした。ビストロで皆がワインを飲んでいる時も1人ジュースだった慎吾。そんな慎吾がもう30歳ですか!早いんだかやっとなんだか、色々感慨深いものがございますな。

どうも、慎吾以外のメンバーはファン視線で見れるのに何故か慎吾だけは「こんなに大きくなって、ねぇ…」と母親か親戚のおばちゃん目線になってしまうのは何故でしょう(´∀`;) 親にとって末っ子がいつまで経っても小さい子にしか見えないのと似た感じなんでしょうか?木村くんが30歳になった時と全然違う印象ですわ(笑)

慎吾にはいつまでも若々しい、憎めない、天才肌のSMAP家の末っ子であって欲しいと思います(´∀`*)

そんな訳でスマスマ感想。
■ビストロ
妻夫木くん、(・∀・)イイ!! その食いっぷり(・∀・)イイ!! こういう食べる番組で美味しそうに食べない人ってどうしても私の中の好感度が下がるんですが(チャングムの人とか)、ブッキーは好感度急上昇しましたよ!喋りも面白いし!柴咲コウが惚れたのも分かるなぁと思いました(´∀`*)だって、コウちゃん(馴れ馴れしく呼んでみる)すっかり「恋する乙女」になってましたよ?「県庁の星」での仏頂面とは同一人物とは思えない笑顔でございました(´∀`;)(…そんなに織田は嫌だったのか?

慎吾のどろろコスプレは面白かったぜ!映画観た人ならではのネタは、ゲスト2人には嬉しかったのでは。厨房での会話も面白かった!洋服の展示会話が最高に面白かった(笑) どこでも食べてるブッキー、(・∀・)イイ!! 玉木くんに次いで、また木村くんのポイントに入ったみたいですな(笑) 今度是非共演して頂きたい。兄弟役なんかで。

■玉様ビリヤード
ウィル・スミス(・∀・)イイ!! 大スターなのに、気取る事なく場を盛り上げるのがすっごく上手くて、前に来た時から大好きな人だ。「めざまし」に出た時も凄く楽しく盛り上げてくれていた。真のプロフェッショナルだよね(´∀`*)

勝負は圧倒的にウィル・スミスの勝ち~~~!罰ゲーム見たいので、このコーナーは「SMAP負けろ」といつも念じているので嬉しかったぜ!お題は「人生最悪だった話」。最初に吾郎が手を挙げた時は「ま、まさかあの事件の事を…??」と全国一斉に固唾を飲んだ筈!(笑) でも、実際は「それのどこがどん底だ!」てな内容でしたな(´∀`;) 木村くんのネタはかつて聞いた話ではもっと悲惨な展開だったので、ちょっとライトバージョンで語ったみたいだね(つД`)・゚・よほどトラウマなんだろうな…。

そんなしんみりした感じを吹き飛ばしてくれた中居の貧乏話!GJ!どこかで「銀行に水なんか無いじゃん」てな感想を読んだのですが、あったんです!!!平成生まれのお嬢ちゃんには信じられないだろうけど、昭和のあの時代にはあったんですよ。銀行に。お茶と冷水が!紙コップもあったのよ!私も良く飲みました。しみじみ。

そんな中居の話を泣き芝居を入れて王様認定のウィル・スミス(笑) この人、本当に上手いですね!メンバー皆に抱擁した後、バーの女性にも抱擁しに行こうとしてメンバーに引きはがされてフェイドアウトしていく姿なんて、良く出来たコントの1シーンのようでした(´∀`*)また是非来て下さい。映画も面白そうなので観てみようかな近所にシネコン出来たおかげで、今まで興味持っても出かける億劫さが先に立って見逃してた映画が山程あったけど、これからいくらでも観れるわ(人´∀`)

■歌「show ypur smile」
ET時の木村くんが可愛い~~モエ(´∀`*三*´∀`)モエ 下りた前髪が可愛い!こないだ苦悩しながら銀行巡りしてた人と同一人物には見えないわぁ流石の木村くんでも、あのベテラン陣には緊張するのね~。そういえば、以前「さんタク」で本場みたく外人だらけの中でラップした時も異常なまでに緊張してたから、意外に緊張しぃなのかも知れないね(´∀`*)

歌は、CDよりも皆上手くなってた!!凄く良かったよ~~この歌、慎吾のパートが好きなんだよね。良い感じでございました(´∀`*)衣装も良かったし、セットも良かった!立って歌って欲しかったって位かなぁ~、不満らしい不満と言えば。

ゲストによって、面白さが変わるコーナーのみのスマスマだったから、素敵なゲストばかりで良かったよ。楽しい1時間でございました(´∀`*)


スポンサーサイト
感想追記。
2007年01月29日 (月) | 編集 |
あんまりにも最近は「華麗なる…」関連記事ばっか書いているので、カテゴリを作っちゃっいました(笑)

前にも書きましたが、私は結構人の意見に流される方なのでドラマの感想は一回見た直後に、全く他の感想を読んだりせずに書く事にしています。でないと他の方の意見に流されちゃうんですよね~昨日もそうやって、まっさらで正直な感想を書いてからあちこちのレビューサイトを巡ってみました所、意外にみなさん慣らされてしまったのか例のイノシシには軽く触れる程度でございました(笑)慣れって怖い(´∀`;)

そして、興味深かったのは木村くんの熱烈なファンのレビュー程、3話目に不満を持っているって事でした。一々頷く事も多くて、先にこっち読んでたら私も流されてもっとマイナスな感想になっちゃってたのかも知れません。それで言ったら読まなくて正解って事なんでしょうかね?さっきもう一度三話を見てみたのですが、初見よりは話も理解できましたね。でも、何回見ても芙佐子は要らなかったけど(´∀`;) かつて住んでた場所に行くっていう設定は良かったんですけどね。名札をズラしたら、下にかすれた「万俵鉄平」の文字があるってシーンは凄く良かったし(手が綺麗だよ…(*´Д`)ハァハァ)。台詞が無くても伝わって来るものがあった。

なのに、芙佐子…_| ̄|○ 前回は「さん」付けだったんだから、今回も最初は「鉄平さん」呼びで、弱音を吐く姿を見て段々腹が立った挙げ句の「てっちゃん!」呼びだったら凄く自然で良かったのに。窓からのシーンも映えたんじゃなかったかなぁ。なんか勿体なかった。窓を見上げる鉄平はめちゃくちゃ萌えだっただけに…残念!なんか今回はそんな感じが多かった。いいとこまで行ってるのに、「惜しい!」って感じ。マッサージ受けてて、一瞬「そこ!」って部分をかするのに、手がそれて行っちゃってじれったい感じに似ているかも。

こんなドラマいつかどこかで見た!と思ったら…「新撰組!」だった。私はそのじれったさに耐えきれなくて、面白くなる前にリタイアしてしまった負け組なのですが、このドラマもそんな風に見限られない事を祈りますだって、来週からもっと面白くなる筈なんだもの!!予定では…。でも、既にすんごく楽しみにしてた三雲さんとのシーンが不発に終わってしまったし_| ̄|○ じゅ、重要な会話が抜けてるよ~~~(つД`) それか、それはまた違うシーンで出て来るの????確かに、脚本と演出には首を傾げる部分も多いかも(;´Д`)

あとね、もっと高須相子をクローズアップすべきだと思うんですよ。そうするともっと面白くなるのに!お見合いの席でも、相子の場を取り仕切る有能っぷりと、寧子の役に立たなさのシーンを挿入すべきだったね。無駄なイノシシとか芙佐子とか要らないから、その辺の要所をおさえて欲しいっすよ。でも、撮影もそろそろ終わりって事だから…もう終わっちゃってんのかなぁ…。勿体ない。なんで全部で10話なんだろう。2クールは無理でも、15話位やってくれりゃまさしく名作になった題材なのに。勿体ないな~~。

勿体ない話はここまで。以下は三話の萌えポインツです
阪神銀行に乗り付けてビルを見上げる横顔(´∀`*)
銭高さんを後ろに従え颯爽と歩く鉄平(´∀`*)(黒スーツバージョンが更にヨシ!)
パパンにぶっ叩かれて、「キッ」と睨み返す燃える瞳!(´∀`*)
非情なパパンの一面を見て揺れる銀平の眼差し(´∀`*)
高炉建設断念か…!とこめかみを抑える辛そうな表情(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~
突進イノシシに驚いて腰が抜けた顔(´∀`*)
夜の高炉建設予定地にひっそり立って、空を扇ぐ姿(首筋萌え!)(´∀`*)
ふっこに励まされ、傘を少し挙げて返事する姿(´∀`*)

今回は見上げる仕草と横顔とのど仏の美しさに萌えさせて頂きました~~(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~ そして、黒スーツ!黒スーツが倒れる程似合うの~~~こんな眼福なドラマって本当に久しぶりっすよ!(つД`)・゚・うれしい!

次回にも色々期待!わたしは2回見ても、そこまで悪いとは思いませんでした。面白いっすよ、やっぱり。今回不満だった人はきっともっと良いドラマにして欲しいからこその愛の鞭だと思います。そこにあるのは愛なので、私は読んでて大変楽しいです。
「華麗なる一族」第三話
2007年01月28日 (日) | 編集 |
吐きそうな程楽しみにしてた第三話でございます。しかし、久しぶりですよこんなに1時間が早いドラマは。今日も早かった~。そしてCM入る度に「はぁ~~~~~~~~~っ」と深呼吸しちゃうドラマも久しぶり!(「眠れる森」以来?)

今回は家族内のドロドロよりも、話が外に広がってて楽しかったです。金策に走る鉄平が凛々しくて素敵(人´∀`)グレーよりも黒系のスーツの方がお似合いでございます後ろに銭高さんを従えて、颯爽と歩く姿が実に(・∀・)イイ!! でも、融資は中々受けられないのね~(´д`;)原作だと結構あっさり三雲さんが出してくれるのに。ドラマだと石川社長も期限内に金が揃わなきゃ高炉は建てさせない!って言う程の権力あるみたいだし。まぁ、その分必死で駆けずり回る鉄平がクローズアップされるって事なのかな。

東大に行って決心を新たにするシーンと、かつての住まいにふと寄るシーンは良かったんだけど、芙佐子とのシーンがちょっと違和感(・∀・;)前回まであんなによそよそしかったのに、「鉄平さん」呼びだったのに、なんでいきなり「鉄ちゃん」「鉄平」呼びになるの???ものすげぇ違和感が。しかも一連のシーンの鉄平さんは紛う事なく「木村拓哉」に戻ってましたがな…(;´Д`) 思わず白目になって「うっ…!鉄平の仮面が外れた…!!」と月影先生が憑依しちまったじゃねぇかよウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン! バカバカバカ!せっかくすんごく良い感じだったのにぃ~~!でも、帰り際に窓を見上げて、決心も新たに歩き出すキリリとした姿は完璧に鉄平に戻ってましたね。ホッ。

もう一つ突っ込み入れるシーンが。言わずと知れた、突進してくるイノシシのシーン_| ̄|○ 演出したんはだ~れ~じゃ~~!
ギャグか?そうなのか?笑う所か?何?あのヨタヨタした迫力ゼロのイノシシわ!!せっかく三雲さんとの良いシーンだったのにっ!(つД`)・゚・原作では凛々しく三雲さんを守る鉄平なのに!銃の名手なのに!何腰抜かしてんねん~~!あぁ、でも、でも…腰抜かしてる鉄平が可愛い…(*゚д゚*)ポッなんかさ、原作の鉄平っておぼっちゃん経営者丸出しで甘ちゃんでイマイチ可愛げがないんだけど、ドラマの鉄平はなんか可愛くて憎めないんだよね~。真摯さはドラマの鉄平の方が伝わるし、つい何かしてあげたくなっちゃうモノを持ってるのよね。あのウルウル瞳が曲者ですな(笑) 三雲さんと大川義父はそこにスコーンとハマっちゃってるみたいですな。良い事ですその技は肝心のパパンには通じないのがこれまた悲劇でして。

そんなパパンの非道さが今回はクローズアップ。目力すんごいっす!支店長ズが蛇に睨まれたカエル状態池田支店長の悲劇は、芙佐子とのシーン省いていいから、もっと詳しくして欲しかったなぁ…。原作で現場の過酷さがひしひし伝わって来るエピソードだっただけに残念その辺絡みの銀平の葛藤が今回少し描かれておりましたね。原作には無かったシーンですが、銀平の父と兄に対する感情が少し伺えて興味深かったです。万樹子もやっとこ出て来ましたな!外見はイメージ通りだったけどちょっと演技力が…(・∀・;)ま、まぁいいか。華があるし。

そういや、こっそりじいさんも後ろ姿で出演してましたな!将軍込みで(笑) 声も普通に老人で良かった~。木村くんのアフレコだったらどうしようかと(んな訳ない)。でも、大介がこんなに歪んだ感情を鉄平に抱いたのって、ほぼじいさんのせいなんじゃ…(;´Д`) じいさん的には鉄平は自分の子って認識だったのか?なんてじじいだ!(# ゚Д゚) ムッキー おのれがもっと息子(大介)に愛情注いでたらこんな事にはならなかったのに~!大介にしても、鉄平にしても父の愛に飢えてるんだよね…。親子二代で何を彷徨ってんだか。もどかしいなぁ~(つД`)

しかし、やっとこ理解できたのですがエンディングで流れる映像は全てが次回予告って訳じゃないんですね(・∀・;)かなり撮りだめしている模様。今回も鉄平さん、髪型コロコロ変わってたしな

ともあれ、次回がこれまた楽しみでございます。次週のメインイベントは銀平さんの結婚式ですな

華麗なる鉄平お兄様の今後(注:ネタバレしまくりです)
2007年01月28日 (日) | 編集 |
ドラマ3話目を前に、鉄平さんの今後の動きをおさらいしておこうと小説の登場シーンだけ抜き出して読んでおりました。ドラマの前に初めて小説を読んだ時には、上手く小説の鉄平のイメージと木村くんがかぶらなくて「工エエェェ(゚д゚)ェェエエ工、なんかイメージ合わないよ!」と違和感抱えつつ読んだんですが、今回はドラマも2話まで進んでたおかげですんなりイメージを重ねる事が出来て初読の時よりものめ込む事が出来ました。

そうして読んだら、あちこち萌えだらけで困る程。あのシーンもこのシーンも映像化して欲しい!!とドラマの掲示板に書き込みそうになりましたがな!(ネタバレ満載なのに)そんな萌え…もとい、今後の鉄平さんに待ち受けるあんな事やそんな事をメモ代わりに時系列に沿って抜き出してみたいと思います。

ネタバレイヤン(´Д`)な方は回れ右!!


[READ MORE...]
くやしぃ~~~・゚・(ノД`)・゚・
2007年01月26日 (金) | 編集 |
今、まさに今(18;57)、夕刊見てたら夕方6時のニュースのラテ欄に「”華麗なる一族”の舞台は大阪?」とあるではないですか!!今日「ぷいぷい」まではチェックしてたのに、何でその真下のニュース番組のラテ欄を見逃すかな、自分!

うわーんヽ(`Д´)ノ木村くん出たのかな??大阪にロケに来てたの???見たかった~~!・゚・(ノД`)・゚・これってきっと毎日放送だけやん!なんのメールも無い事を見ると、姉も見てなかったんだろうな_| ̄|○ 今回ドラマ関連は見逃してばかりだこれからは、番組欄は上から下まで熟読せねばならるまいな。ぬかるな、自分!関西は視聴率バカ高いから(2話28.7%!)独自路線で張り切ってんのかも知れないわ。明日のローカルWSも見逃せないわね(`・ω・´) シャキーン

…はっ!Σ(゚Д゚)そういえば今日はワッツもあるんだったわ!うっかり忘れる所だったこれこそ聞き逃せないのに。そして明後日は…(*´Д`)ハァハァ 心臓持たない…
「ピンポン!」、「TV Navi」、「月刊TVジョン」、「FMV」に(*´∀`)モエ。
2007年01月26日 (金) | 編集 |
昨日、いっつも11時からやってる「ピンポン!」が何故かこちらでは11時半からになっていた。「きらきら研修医」のダイジェスト番組をやってたから、「じゃあ、今日は全国的に11:30からなのね」と思いつつも、念のためTBSの番組欄をチェックした所なんと、TBS系は11時からになっているではないか!以前生出演の時に11時半前に出ちゃって、11時半から放映地区の木村くんファンが_| ̄|○となっていたのを思い出し、「まさか、もう出ちゃった?ラテ欄に名前載ってないしな…」と不安な気持ちでいたら、ちゃんと終了間際にやってくれて一安心 何故か「ピンポン!」でドラマ関連の事をするのは木曜日みたいですな。裏にいいともがある兼ね合いなのかしら。

北大路さんとのインタビューは友人に録画して貰った、こっちではしなかった()番宣の時の映像でしたね。ああやって細切れに出して行くんでしょうか?メイキングは二子が四々彦に会いに来たら鉄平お兄様に会っちゃった!って所をやってました(*´∀`) スタートの合図がかかるのを、階段で目を閉じて待つ姿になんかドキッとしました。丁度ね、雪山のシーンで木に凭れてちょっと辛そうな表情で目を閉じてた時に似てた。雪山ではあまりの寒さにあんな辛そうな表情になるのは分かるけど、階段のシーンは数少ない微笑ましいシーンなのに、あの表情ですよ。ちょっとドキドキしましたわ。「ピンポン!」で麗しの鉄平さんを拝んだ後は駅前の本屋まで総力特集と銘打っている「TV Navi」と「月ジョン」をゲットしに走る。

まずは、「TV Navi」。読んでビックリ!まさに「総力特集」でございました!巻頭インタ(インタビューと言うよりは記事?凄く(・∀・)イイ!!)は言うまでも無く、ドラマのセット、ロケ地、衣装、その時代背景に至るまで12P(巻頭入れたら17P)に及んでじっくり隅々まで逃さず特集!これは、木村くんファンだけでなく「華麗」にハマって今後も見る気満々な人は絶対に買うべし!です。

今回の特集で特に興味深かったのが衣装についてで、鉄平はアメリカ留学経験有りなので、アメリカ風のスーツ(後ろの真ん中にスリットが入るタイプ)で、大介と銀平は欧州風(両サイドにスリットが入るタイプ)にしてあって、昔の上流階級の人達がしていたように既製品ではなく、各キャストに合わせてオーダーメイドしたそうな。そういう方向のこだわりは好きです。二千万円の絨毯は無駄だったと思うけど(;´Д`) いや、別にいいんだけどその情熱を何故もっと肖像画に…と思ってしまうんでね。つい(鯉将軍はいいのかよ)今回も載ってやがんの。載せなくていいのに。誰かあれ描き直せ~~~!

「月ジョン」は表紙と(ある意味表紙裏も)巻頭インタのみですが、吾郎ちゃんとマッチさんの対談と剛のエッセイが載っててお得な感じでした。吾郎ちゃんもスーツ似合うよね~(´∀`*)で、巻頭の木村くんは「Navi」と同じくダークスーツなんですが、ちゃんと「木村拓哉」なんですよね。「Navi」はどっから見ても「万俵鉄平」なのに。不思議~ついでに言うと、両誌共に表紙裏には茶髪ロン毛の木村くんがいるんですが(笑)これまた全然違う人ですわ。う~ん、凄い!こういう見飽きない所も魅力ざんすね

そして、今朝のめざましで見た新しいFMVのCM!これまたダークスーツなのに鉄平ではない。てか、眼鏡!眼鏡よ!!ちょっと!めがねっ子よ!!スーツのめがねっ子よぉ!!(落ち着け)(*´Д`)ハァハァ かっ、格好良い~~スマスマ「いそう大賞」のスーツリーマンめがねっ子は「可愛い系」だったのに対してFMVの方は「格好良い系」。仕事出来そう(´∀`*)猫背椿さんバージョンの方が好きっすこれは捕獲に精を出さねば!「車窓」チェックせねば!!!

毎週日曜日に訪れる萌えだけでも精一杯なのに、これでもか!と萌えを続々プレゼンツしてくれる木村くんには感謝です。萌えがエネルギーなので最近充電100%っすよ!電池マークいっつもフルですよ!あぁ、毎日が充実してるって素敵(人´∀`)そして、いよいよ明後日「華麗なる…」第三話なり!!!楽しみ過ぎて吐きそう~(;´Д`)←アホ。
『シュミじゃないんだ』を読む。
2007年01月25日 (木) | 編集 |
4403220487シュミじゃないんだ
三浦 しをん
新書館 2006-10

by G-Tools



ちあきちゃんに借りた、素晴らしく面白い文章でBL漫画(ボーイズラブ。男と男の恋物語が描かれている)について語り倒している本である。最初、このタイトルを見た時「そういうのって趣味じゃないんだよね」の方の『趣味じゃない』だと思ってたら、しをんさんにとって読書(この本ではBL漫画を指す)は「趣味は読書でぇす」レベルのもんじゃないんだ!って意味だったと知り、こっそり親近感を抱いた。何故なら、私にとっての読書(勿論漫画も多いに含む)も「趣味」なんてレベルを越えて、まさしく人生の一部になっていると言っていい程のものだからだ。

今回はことBL漫画に絞ってのレビューというか、BL界の考察エッセイであるのだが、その文章が一々面白くて普段BL漫画(小説)を読まない私が読んでも十分に面白い本であった。なんか凄く思考回路が近い気がするのだ。エッセイに登場するしをんさんの友人は私の友人にかぶる所が多いし、話す会話もよく似ている。凄い親近感だ。延々と続くBL界の在り方についての熱弁は頷ける事も多くていい。

BLって実はもの凄く奥が深く、分類も細かくあるので一概に「BL好きって…キモ(;´Д`)」なんてひと括りにされると非常に不本意である。が、大っぴらに「私はボーイズラブが大好きなんですぅ」とも言えない。まことにジレンマ。その辺のもやもやも全部この本でしをんさんが語ってくれた。ありがたや。てか、好きな設定や駄目な設定が非常に似ているのでしをんさんが薦める漫画位は読んでみようかな…と思った。今回取り上げられていた作家で知っているのはよしながふみ、藤たまき、深井結己(BLではなく、義姉に借りたレディコミで知った)だけであったのだが、他の作家にもかなり興味が湧いたのは収穫だった。

ちなみに、私の駄目なBL設定はショタ物と「それ、女でええんちゃうん」って感じの受(女役)が出て来る作品。好きなのは…へへへ。ナイショ
華麗なる萌えドラマ。
2007年01月22日 (月) | 編集 |
2回目は視聴率が落ちたので、あちこちでアンチが歓喜の踊りを踊り狂ってて鬱陶しいのですが、初回はキャストの数字ってのはドラマスレでの定説なので、その役目は充分果たしたから全然平気。いっそ肩の力が程よく抜けた感じ。

てか、日曜の9時ってまさに家族の団欒時にさ、妻妾同衾…いわゆる3P やら 風呂場で●姦を匂わす映像なんかがいきなり流れるドラマを堂々と見られるかぁ~~~~!!!(怒)

このドラマが決まった時に一番不思議だったのは、何故に日9なんだろうという事だった。日曜日の9時にあんな愛憎ドロドロ渦巻くドラマを誰が見たいと思う?どう考えても日9は「GL」みたいな爽快感溢れる、親子で見ても差し支えないような健全なドラマが似合うだろうに。「花より男子」と「華麗なる一族」の枠は逆な気がする。「華麗」は大人のドラマなんだから10時に放送すべきだ。断言するけど、今後も視聴率は似たような推移だと思うよ。「エンジン」と似たような感じかと。ただし、潜在的な視聴率は高いと思うけどね(笑)私も来週からは録画しておいて1人でじっくり見る事にするわ。子供やだんなの前では見にくいドラマなんだもの(;´Д`)

もう一つ、子供やだんなの前で見たく無い理由がございます。それは…

萌え(´∀`*)

この渦巻く萌えドラマの萌えシーンの連続に顔面崩壊している様を家族には晒したく無いのですよ(´∀`;) あぁ、でも嬉しい。木村くんのドラマで萌えたのは何回も言ってるけど、「GL」以来なんですもの!!!「プライド」は萌える以前にドラマとして糞過ぎて(脚本がな)イライラが勝っちゃってたし、「エンジン」はドラマとしては悪く無いとは思うけど、あまりに地味で萌えのカケラも無かったので私の中で印象が薄かった。そんな訳で、長らく木村くんドラマで(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~となる事が無かったので私は飢えていたのである。

そこに真打ち登場「華麗なる一族」。1話よりも2話の方が遥かに萌えだった!キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!となった!心の奥が身震いした!これだ、私はこれを待っていたのだ!!ありがとう、萌えドラマ!久々の萌えドラマ!萌えが生きるエナジーな私にとって、萌えドラマ程一発で元気になる事柄は無い。私の萌えの源である木村くんが出演していれば尚の事だ。

魅惑の低めの囁き系ボイス禁欲的なスーツ姿シャツ姿になった時の細腰つれない父親を見つめるウルウルした瞳し、辛抱たまらん(*´Д`)ハァハァ

例え視聴率が40%越えても、カケラの萌えも無かった某「BL」は私の中の『木村くんドラマランキング』ではかなり下位の作品である。私にとって、何より大事なのは中味だ。例え低視聴率だろうが、『私が』面白いと思う事が一番大事なのである。DVD-BOXが出た時になんの躊躇も無く買える程の思い入れのある作品に私は出会いたいのだ。「華麗」は第二話の時点で、そんなドラマになりそうな予感をビンビン感じる。とっても嬉しい誤算である。
『華麗なる一族』第二話
2007年01月21日 (日) | 編集 |
さぁ!待ちに待った第二話です!先週よりもテンポ良く話も進み、ナレーションも初回程物語の邪魔をする事なく、音楽は初回ですら気にならなかった私には改善されたのか分かりませんが、今回も特に気にはなりませんでした。木村くんの滑舌も良くなってて(前回比)、良かったんではないでしょうか。将軍も出たし(ギャフン

高炉建設の是非をメカ鯉・将軍に委ねてどうするよ、鉄平!しっかりしろ!そして肖像画も改善されておりませんでしたな(つД`) ばか~!寧子さんの浴室のフラッシュバックは段々核心に迫ってくるし!(肩チェックしそびれた!肩見ればあれが木村くんがやってんのかどうか分かるのに!)「どうやって映像化するねん」と思ってた妻妾同衾もやっちゃいましたね!

以下、原作ネタてんこ盛りなので別枠で。


[READ MORE...]
華麗なる雑談。
2007年01月21日 (日) | 編集 |
面白くないだろうけど、一応「演歌の女王」の2話目を見ようと思っていたのだが、友達に借りた「花より男子」がめちゃくちゃ面白くて読み耽っている内に終わってしまってました(・∀・;)ありゃりゃ。ま、いっか。

木曜日は「ピンポン!」に木村くんが出るってちゃんとラテ欄に書いてたのにうっかり忘れて見逃してガッカリ_| ̄|○アホだ…(泣) 見逃した時に限って中味濃いそうな感じだし(つД`) ちくそ~!

そんな傷心な心は3回目の「武士の一分」で癒して頂きました。なんてあの夫婦は可愛いんでしょうか何回観ても面白い、心温まる本当に良い作品です。膝に落ちたご飯粒を取って食べる加世が可愛い(´∀`*)落ちた蚊を取ったりもしてましたな。アイロン(のようなもの)を当ててる時に手を出した新之丞に「あぁ」と呟いて手を遮った仕草とか凄く好きです。今回はそういう所に重点を置いて観ておりました(´∀`*)

さて延々と続く語りは「華麗…」のネタバレを大いに含みますので、別枠で。


[READ MORE...]
「今週妻が浮気します」と「ヒミツの花園」とアニメ版「のだめカンタービレ」
2007年01月18日 (木) | 編集 |
火曜日のドラマを見てみました(・∀・)

■「今週妻が…」
タイトルは生々しいけど、ドラマはサクサク進む感じ。主題歌が結構面白くて好きだ。ユースケはこういう役がハマりますな。結構面白く見る事ができました(・∀・)

仕事をしながら家事もバッチシ!な奥さんが素晴らしい仕事してないのにダラダラしている私とはエラい違いだ(;´Д`)(でも!4月から働くのよ)見習わねばなりませんな。と、妙な所に感動したりして(笑)

結局やっぱり奥さんは浮気してるんでしょうか?最後まで引っ張るんでしょうか?取り敢えず見て行くつもりです。

■ヒミツの花園
先週見逃して今週から鑑賞。取り敢えずひとこと。

肝心な花園ゆり子の絵が古い(;´Д`)

何年前の少女漫画…?てか、せっかく『男4人』が『人気少女漫画家』って設定なんだからさ、もっとキラキラ系の絵にすれば良かったのに。その方がギャップがあって面白いのに。かつて漫画家を主人公にした「他人の不幸は蜜の味」ではおおや和美の絵を使ったりしてリアリティがあったのになぁ。なんか高校の漫画研究部の部長の絵って感じ(どんなんや)。

あと、今時の漫画家は、ほとんど耐水性の画材を使ってる筈なので、ちょっとコップの水がかかった位じゃ全部描き直さなきゃならない程の被害は出ませんぜ。あれはいっそ掃除機が引っかかって、インクをこぼしちゃったって位の展開にした方が悲壮感が出たのにな。描き直す事の労力も凄くなるし、釈演じる編集の「とんでもない事しちゃった度」もアップしたのにね。

でも、釈演じる編集がどうも好きになれないので、もう来週からは見ないかも(´∀`;)

■アニメ版「のだめカンタービレ」
アニメなのに、絵が下手。演出悪い。OP、ED共に悪し。声優合ってない。色んな面で完全にドラマ版に負けている。千秋とのだめが二人でピアノ弾くシーンなんか特に断然ドラマの演出の方が原作のイメージに近かった。何故あそこまで台詞をトレースしておいて「ほら、はねた」「とんだ」って辺りを飛ばしちゃったんだろう。あそこ好きだったんだよ。そこをドラマはきっちり再現してくれて凄くワクワクした事を思い出した。

千秋が目覚めて虫がワッと散るシーンもアニメの方がもっと表現の仕方があったろうに、ドラマの断然勝利であった。そして何より、原作のにじみ出るような千秋の色気がアニメ版には全然感じられないのが不満!!!ドラマ版の玉木・千秋様のあの色気!あれを見習え!!!!千秋様にはあの色気が必要不可欠なのに、同じ絵を使う特権を活かし切れなくてどうすんだゴルァ( ゚Д゚)!大体、顔は必死で原作に似せてるけどさ、足が似てないんだよ(怒)何?あの大河内みたいなもっさいスタイルは!それもドラマに完敗しとるがな!玉木版千秋様は漫画を越えてたわよ!!!!見習いなさいよ!!

あと、肝心な演奏シーンに動きがないのよ!!!なんとかしなさいよ!ピアノでこのレベルなら今後峰のバイオリンやら真澄ちゃんのティンパニーやら、最大の見せ所の千秋様の指揮姿をどうするつもりなのよっ!!!このまんまだったら非常に不安だわ!ちゃんと魅せてくれるんでしょうね?魅せてくれなきゃ承知しないわよっ!!ゼ~ハ~ッ(真澄ちゃん憑依)

文句を言いながらも、取り敢えず視聴続行。
「華麗ぱん」(゚д゚)ウマー
2007年01月16日 (火) | 編集 |
記念だし、値段も手頃だしで普段あんまし木村くんCM関連商品の消費に貢献してなかった私ですが、これ位なら貢献できるわね(´∀`*)と、早速ゲット。遊びに来た姉と一緒に食べてみました~(・∀・) 味に関してはほとんど期待してなかったんですが、これが中々美味い!安いけど、美味い!手作りパン屋のカレーパンしか普段は食べない私ですが、結構これは食べられますな。温めたら尚(゚д゚)ウマー

しかし、この「華麗ぱん」なんと30万個出荷で大ヒットなパン業界で105万個出荷しているそうですよ!一応最初は通常大ヒットの30万よりは多めの40万個出荷で、それでも山崎パン的には『大冒険』だったと思うのですが、もの凄い売れ行きで追加注文が殺到して頑張って作っては出荷し作っては出荷してたら105万個の超特大ヒットとなったそうです。買ったコンビニでも「あ!これドラマのパンだったんですね!」とレジの女の子が驚いてて可愛かったです(笑)うっかりその可愛い笑顔につられて「だから買ったんですよ~」なんて普段は絶対言わないような事言っちゃっいましたがな(´∀`;)恥ずかし~~

でも、なんか高視聴率の話題よりこっちの大ヒットの方が嬉しかったりして(笑)
ドラマ感想追記。
2007年01月15日 (月) | 編集 |
昨日は、ドラマ見た後全くどこの反応も見ずに一気に感想を書いたのですが、日付が変わって今日改めて色んなブログの感想を読んで参りました~。萎えポイントは皆同じだったようで(笑)「肖像画」「ナレーション」の違和感は結構挙げられてました(´∀`;) 私があまり感じなかった所では「BGMがうるさい」…あんまし気にしてなかった(;・∀・)不感症なのかしら。あと、やっぱり不自然だった「将軍」はアチコチで笑いの種になってましたな(笑)いや、私もアレ見た時「え??何?あの不自然な鯉!」と思ったんだけど以前木村くんがラジオで「将軍」に触れて「記念写真撮った」とか言ってたんで素直に「超貴重な超高価な本物の鯉」だと思ってたんですよ!だからどんなにCGみたく見えようが、模型みたいに見えようが、「本物」だと思って見てたんですよ!(恥)鯉ロボットだったみたいです~(´∀`;)

だったらもっと水底に沈めて撮れよ_| ̄|○

せっかく重厚に(肖像画以外は)進んで来たドラマが最後で安いコントになっちゃってたわよ~ヽ(`Д´)ノ登場時のBGMもおどろおどろしくてジョーズの登場みたいだったし!!(泣) まぁ、もうあんまし出て来ないでしょうからいっか…(いいのか)

無差別に読んだ感想の中で、随分今回のドラマをこき下ろしている人がおりまして(´∀`;)「原作、映画とは比べるまでもなく安っぽい所詮はテレビドラマだ!」とぶった斬っているので、余程原作に思い入れのある人なんだなぁと思ってたら(それなら私もそういう所厳しい視線になるので気持ちは分かる)、『関西が舞台なのに関西弁じゃないなんて、テレビドラマサイズにお手軽に作っている』との記述が_| ̄|○

原作自体が標準語なんすけど!

原作読んでませんやん!原作ファンでもありませんやん!原作で関西弁風味なのは今回削除された三子と、実家に帰った時だけ公家訛の出るお母さんだけですやん!後は出ても地元企業の社長とかだけですやん!

貶すならば褒めている原作や映画をきっちり見てから書けばいいのに。私は自分の目で見たものしか批評しませんよ。見てないのに比較して貶すのはただの言いがかりです。原作や映画を盾にせずに、素直に放映されたドラマに関してだけ批評すればいいのに。変なの('A`)

私は結構人の意見に左右され易い性格なので、今まで見てたドラマスレも削除して自分の感性を大事にして行こうと思います。手始めに、昨日買い忘れた「華麗パン」でも買って来ようかしら(´∀`*)けっこう美味しいらしいし。
「華麗なる一族」第一話
2007年01月14日 (日) | 編集 |
さて!ついに始まりました!「華麗なる一族」です。「演歌の女王」では期待度85だったのに満足度40で_| ̄|○だったんですが、「華麗なる…」はどうなるか。本当に9時5分前はドキドキして心臓が口から出そうな感じでした(´∀`;)

結果。期待度95で満足度85といったところでしょうか。これはかなり嬉しい誤算でした。もっと期待はずれな感じかと思ってたんですが、あっという間の90分でしたね。何が良いって、まず音楽!良いドラマの条件は主題曲(歌ではありません)だと私は常々思っています。「HERO」しかり「GOOD LUCK!」しかり「踊る大捜査線」しかり。その曲がかかっただけでワクワクしてキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!って気分にさせる音楽。それが良いドラマには必要不可欠なのですが、今回の主題曲もこれまたドラマに合った重厚さで、もの凄くワクワク致します。さすが服部先生でございます。下手に主題歌を付けなかったのが良かったと思います。

ただ、萎えポイントもございました。まずはナレーション(倍賞さんだったんですね!)。なんか説明台詞ぽくてドラマの流れを切られる感じ。「大奥」とかなら気にならないんだけど、なんか一々気になったのでした(´∀`;)そして、最大の萎え。それは敬介(鉄平の祖父)の肖像画…。まんま鉄平過ぎるだろ_| ̄|○ 絨毯に二千万円かけるのなら、もうちょい絵に力入れて欲しかった(つД`)なんでドラマに出て来る肖像画ってどれもこれも妙に安っぽくなるのかしら今まで見た中で唯一許せたのは「眠れる森」の肖像画だけだわ。結構物語上重要なアイテムなんですからもうちょい重厚な感じに出来なかったんですかね…(;´Д`)後、若々し過ぎるような…。もっと髭の生えたじいさんだと思ってたのに、妙に若くて違和感が私が想像してた敬介の肖像画は伊藤博文みたいな感じだったのよ(´∀`;)想像力が貧困なだけかもだけど。

あと、芙佐子(稲森いずみ)がえらく重要な役になっててビックリ。まぁ、原作でも出番は少ないなりに結構重要なポイントを担ってはいたんですけども、あそこまでピックアップされるとは意外だった。最初から若女将で出るのかと思ったら違うみたいだし。鉄平を主役に持って来たせいなんでしょうね。今後も色々絡んで来るんでしょうかね?鈴木京香さんのNGシーンから見るにそんな感じ。あれは原作にないエピソードだったもの(女将の入院費がどうのこうのって場面)。

まぁ、萎えはあったけど、それを上回って萌え…っていうか良いシーンは沢山ありました。まず、想像通りピッタシだったのが鈴木京香演じる高須相子。もう、私が原作読みながら想像したそのまんまのお姿でした(´∀`*)やっぱりええ声です。そして、矢張り想像通り迫力満点の大介こと北大路欣也。流石のベテランです。その存在感は流石!原作のイメージのまんまでした。当初名前の挙がってた渡哲也だと少し甘い感じになってしまってたかも。渡さんはどっちかっていうと三雲さんな感じだし。これから深まる鉄平との対決が楽しみになって来ました。木村くん、北大路さんにビシバシ鍛えて貰え!絶対にいい経験になる。

ヤマコーの銀平も良かったっす!(´∀`*)クールで投げやりな感じがとても良く出ててこれまたイメージ通りです。西田さんも流石の存在感で圧倒されましたし津川雅彦の老獪な大臣もこれまたイメージ通り!この辺の名優わんさかな三雲頭取就任パーティのシーンはマジで映画観ている気分になりました。豪華!そしてその豪華さを上手く使ってますね。要所要所に超ベテランを置く方法は上手いです。だって、上記の華麗なる俳優陣はそんなに出ずっぱりではないんですよね。重要な局面になると出て来る超ベテラン。その存在感がますますドラマを重厚なものにして行く事でしょう。流石開局55周年の意地ですな、TBS。

さてさて、最後になりましたが木村くん演じる鉄平。ファン目線からなのでどうしても甘い評価になってしまうんですが、私は結構良かったと思います(´∀`*)なにせスーツですし!(そこかよ)言葉遣いも丁寧ですし!(ここ、萌えポイント高いです)子供の額にキスする仕草がハマってて素敵でしたあの自然さは演出?それともアドリブの動き?子供を持つ親なら一度はする仕草ですよ。キスというより髪の匂いをかぐ感じなの。さりげなく胸に置いた手もトントンしてるし。あのシーン、凄く良かったっす。勿論、一番良かったのは矢張り大介と話すシーンですけども。お互いの間に火花が見えそうな緊張感が堪りません。不思議な事に、よく言われてる「キムタク演技」の癖が「武士の一分」の時よりも薄まっているように感じました。まぁ、ファンの欲目と言われればそうなのかも知れないですけどね

専門用語がちょっと舌回らない感じなのがちょっと気になる所ですが(・∀・;)頑張って自分のモノにして下さいな。来週は以前どこかのブログで見た工場のシーンですな。NG出しまくったという曰く付きの。どれだけ自然に喋れてるのか、ドキドキしつつ見たいと思います。あ、それで思い出した!銭高の西村さんも良い味出してますね専務付きの目付役なので、きっとほとんどペアで出て来るだろうから楽しみです。

色々外野の声の煩くなりそうなドラマですが、今の所、私的には良いドラマに仕上がってて嬉しいですね。この感じで最後まで突っ走って欲しいと思います。しかし、木村くん。あれじゃ第一話を見ても最後に鉄平がどうなるのか分からないんですけどもでも、ちょっとホッとした。最初に結末な演出あんまし好きじゃないんで。
「演歌の女王」第一回
2007年01月14日 (日) | 編集 |
華麗なる祭りの真っ最中ですが、天海祐希が好きなので「演歌の女王」もきっちりチェック

さて、第一話です。ライトファンなので番宣もチラ見程度、あらすじも流し読み程度の前知識で見ました所、いきなり昔の自分との対話があってちょっとビックリ。え?オカルト?最初は子持ちなのかと思ったんだけど、服装や雰囲気からそうじゃないかと予想して見てたら早々に「過去の自分」とのネタバレあり。だけど、なんか唐突っつーか、謎な設定な気がしました(;・∀・) その内「過去の自分との対話」が何時からどうして始まったのか分かるんでしょうかね?もっとライトに笑えるドタバタコメディーかと思ってたら、ひまわりさんは孤独だしダメンズにあっさり騙される女の人の話は他人事ながらマジにムカつくので、早く目を覚まして欲しいっすよ(泣) 予告でタンカ切るひまわり姐さんの姿に萌えたので、もっとそういう路線でお願いしたいですわ。

「マイボス」でもクールな弟を演じていた黄田川君が更にクールな弟で出演。しかし、高身長な血筋なのね。羨ましい(笑) お母さんの大阪弁が上手過ぎて、ひまわりの大阪弁が上手いのに微妙に感じてしまった不思議(´∀`;)(いや、本当に天海さんの大阪弁は発音完璧なんですよ。さすが元宝塚!)この二人も段々話に絡んで来るんでしょうかね?

一体どんな話でどんな展開になるのか全く分からないんですけども…。正直、初回は「次回早く見たい!楽しみ!(人´∀`)」って感じでは無かった…_| ̄|○ 「役者魂」再び!って予感が…(;´Д`) これから面白い方向に向かう事を祈っております(-人-) しかし、社長の「ユー、」って口癖はいいのか?(笑)そのうち「ユー、○○しちゃいなよ」と言い出すんでしょうか。言ってくれたら楽しいのだが。

取り敢えず、次回も見ます!
怒濤の番宣攻撃!
2007年01月13日 (土) | 編集 |
「華麗なる一族」にちなんでドラマやってる間はこの華麗なテンプレートで行こうかと思います(笑)アホな萌え話が多いのに全然似合ってないデザインですがそこんとこ宜しく!

さてドラマ放送に先がけまして、9日に「ぴったんこカンカンSP」、11日に「ピンポン!」で舞台裏、12日に「朝ズバッ!」「ピンポン!」「ニュース23」に生出演の番宣でございます!…え?「2時チャオ!」と「ニュースファイブ」がないって?

番組自体ないんですよ(怒)

喉から身体が出そうな程見たくてもやってないんだから仕方が無いっすよ!・゚・(ノД`)・゚・TBSのアホ~~!地方者は視聴者にも入りませんか流石に諦め切れない日曜日の「華麗なる一族ナビ」は関東在住の友人に頼みました(ありがとうを百回歌っても足りないくらい感謝です!!)

あちこちで「宣伝必死だな」の声を聞きますが、実際TBSは必死でしょう。『開局55周年記念』らしいですから…(´∀`;)普通に見たいのに色んな思惑が頭をかすめるわ雑音の入らない頭が欲しい。でも、思惑と萌えは別問題!怒濤の番宣チェックです!(関西は極一部だけだけどねっ!

■ぴったんこカンカンSP
題して「華麗なるツアー」ラテ欄が「華麗」のオンパレードで、ここまですれば笑うしかない感じ(´∀`;)最初は「泉ピン子と一緒かぁ~(;´Д`)」なんて思ってたけど、このぴったん子さんのキャラがはっちゃけまくってて凄い!一言、凄い!徹底しまくっている!(笑)最初から最後まで笑いっ放しの2時間でございました。

最初映った時は「なんじゃこの顔は!」と思う程妙な顔つきになってた木村くんですが(早朝?朝日が眩しかった?)、ロケが進むつれて段々男前になって行くのが面白かったです(笑)しかし妙なジャケット着てたね…(・∀・;)最初「なんでガウン?」と思ったよ。中のブルーのチェックのシャツは可愛かったんで、ずっと脱いでて欲しかったわ。しかし、足が細い!!細すぎる!絶対その辺の女より細いだろ!有り得ないって!!

女子大で嬉しそうだったのが可愛かった(´∀`*)ゾロゾロ付いて来る女子大生を振り切る為に、ぴったん子を置いて安住とダッシュで逃げる後ろ姿が可愛かった(´∀`*)テニスで負けず嫌いスイッチが入ったのも可愛かった(´∀`*)借りたラケットはきっちり丁寧に返す所が素敵だった(´∀`*)←ちゃんと柄の部分を相手に向けてるのよねぴったん子の異常な盛り上がりに引きつつも笑ってるのが可愛かった(´∀`*)たまに安住に隠れる所も可愛かった(´∀`*)高級食材よりスマトラカレーの方が断然美味しそうだった庶民派な味覚に萌えた(´∀`*)

ある意味「さんタク」よりも萌えの山だったんじゃないでしょうか?安住とは「GL」で共演してたのもあって相性良くて面白かった!安住、結構ナイスなキャラだよね。泉ピン子に遠慮ナシだし(笑)木村くんにも必要以上の持ち上げもしなくて、素の表情を沢山引き出してくれてたので凄く嬉しかったわ。またこの3人でロケして欲しいざんす(´∀`*)

■朝ズバッ!
前髪下りててメチャクチャ可愛い~~(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~ 最初に映った時思わず「可愛い!」と声に出してしまいましたよ(笑) 朝早い割にスッキリ目覚めた感じで、スーツで鉄平モードで来ると思ってたのにレザーな感じで服も凄く良かったよ~~本人の前で堂々と真似してるし(´∀`*)あのいたずらっ子な瞳が堪りませんわ…しかし、つくづく足が細い…。

最後はスタジオに戻って来たお天気のお姉さんが可愛かったです

■ピンポン!
服は同じでも、こっちは前髪上げて鉄平モードです(´∀`*)…それはいいんだけど。木村くんはいいんだけど…。どうも福澤アナが微妙(;´Д`)なんか、ちょっと小馬鹿にしてない?慇懃無礼って言うか。なんでこの場に木村くんがずっと居てなきゃならないのって感じまだ本人が来てない昨日の方が見応えあったんですけども。木村くんの釣瓶の真似には癒されましたけど(上手い!)、場のムードが白けた感じで、木村くんもちょっと居心地悪そうな感じでしたな。みのん時の方が楽しそうだったよ。正月のインタはそんなに悪く無かったんだけどなぁ…。ちょっと微妙な番宣でございました。せっかくの生出演なのに残念。

■ニュース23
たった7分の出演でしたけど(泣)、あまり番宣番宣してなくて良かったかも(´∀`*)服はグレーのスーツに着替えておりました。番組のムードに合わせているんでしょうね。すっかりスーツ姿がハマっておりますいや、元々似合ってたんだけどね。なんかそれよりもっとハマって来たっつーか、着慣れて来た感じ?スーツ萌えな私には嬉しい限りでございます。

受け答えもすっかり安心して聞けるようになったし!(これは凄い進歩ですよ!!)SMAPを家に例える時に一瞬「6人」と言いかけてたのがなんかすっごく嬉しかった。いつまでも一つ屋根の下にいるSMAPでいて下さい。きっちり「家庭を持っている」事も言ってましたね。「武士の一分」以来飛び石を飛ぶように精神的に大人になって行ってる気がします。でもはっちゃける時にははっちゃける部分も持っている。そんな所も大きな魅力なんだと思います(´∀`*)

■わっつ
ドラマ関連以外のメールは読まない!宣言の通りドラマ一色の30分でございました(´∀`*)でも、危惧してた通り最後の場面から物語は始まるんですね…(;´Д`)そういうパターンあんまし好きじゃないんだけどなぁ…京極の「絡新婦の理」並のレベルでの使い方なら効果あるけど…。どうなんでしょうね期待半分不安半分ですな(´д`;)

しかし、また出た釣瓶さんの物まね!上手過ぎ(笑)どっから出してんだ。共演者さん達とアドレス交換もしている様子。しかし、あんなにメカオンチだった木村くんが赤外線通信出来るまでに成長したとは驚き!横でどさくさに紛れて通信したかったぜ。共演者さん達とも仲良くやっているようで一安心です。脚本も最終回まで出来上がっているみたいなのも良かった。やっぱりドラマはそうやって作るべきだと思うよ。でもまだ初回は出来上がってないみたいですけどね(・∀・;)大丈夫なのかCGに時間がかかるようですな。

かつての神戸には60年代当時のまんまの風景があちこちに残っていたんだけどね…。震災で無くなっちゃった所が凄く多くて本当に残念です。よく飲みに行ったビアホールなんて石造りで本当に素敵だった。震災で潰れてしまったと聞き、泣いた事をふと思い出しました。…泣けたと言えば、最後にかけた「鉄平に捧げる」「TAKE OFF」。聴いててちょっとジワッときましたよ(´∀`;)小説の感想ではボロクソ言ってごめんなさいm(_ _)mって思いましたええ歌ですな。この歌聴くと元気になる反面胸のすみっこが切なくなります。どうせならこれをシングルにして欲しかったなぁ~。



さて。怒濤の番宣はドラマ放送直前まであるようですが!捕獲出来る限り捕獲して明日に備えたいと思います。段々ドキドキしてきたよ(;・∀・) DVD-BOXを迷う事なく買おうと思えるような作品になりますように(-人-)
小説「華麗なる一族」
2007年01月09日 (火) | 編集 |
華麗なる一族〈上〉華麗なる一族〈上〉
山崎 豊子

新潮社 1970-05
売り上げランキング : 62

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ドラマ化の帯が付くのを待って購入した3冊をやっとこ読了。感想は思い切りネタバレしまくりなので、別枠で。


[READ MORE...]
年が明けても鷲掴み!
2007年01月06日 (土) | 編集 |
年末年始と怒濤の出演ラッシュを消化しきれない内に雑誌ラッシュ再度到来!!今年も忙しくて何よりでございます。一塩でも二塩でも吹かせて頂きましょう!!

てな訳で…。

■紅白
FNS、Mステでの危うさから比べたら遥かに上手く歌えて何よりでございました~(あくまで当社比でございますが)サブちゃんの「まつり」も超盛り上がって楽しかった~♪裸になんぞならなくても盛り上げる方法はいくらでもあるのだと大御所自ら示してくれた気がします。OZUMAの歌は好きだったので、飛んで歌うだけじゃ駄目だったのかねぇと思ったわ。充分盛り上がってたのに。

それにしても中居司会上手過ぎ!(笑)見事な安心感でございましたわ。そしてあの半パン姿は誰に対するアピールですか?除夜の鐘も間近なのに更に煩悩増やしてどうするよ!自分!!(*´Д`)ハァハァ 木村くんのビジュアルは普通でしたな…。あの髪型やっぱりあんまし好きじゃないっす。でも、「まつり」で盛り上がる姿は可愛かったんで差し引きゼロでございます。


■元旦スマスマ
まずはビストロ。あの~、餅つきしている4人のわちゃわちゃっぷりをもうちょっと映しておいてくれませんかね?片隅に小窓作ってでもいいですんで。聞こえて来る楽しげな声に悶えておりました_| ̄|○ そして、せっかく下におりたのに、他の方々は何故相手チームに行ってしまうんでしょうか(´∀`;)おかげで中途半端な木村・吾郎チームでございました_| ̄|○ 勝ったけど。しかし、長かったね!ビストロ!まさかもう一戦あるとは思ってもおりませんでしたがな。意外な神田正輝のキャラがツボでした(笑)

パイ・ロット!はナイナイがゲスト。最初岡村オマメ状態が面白くて大笑いでした!これ打ち合わせとかしてたのかな?してなくてこの展開だったらお見事!これ一回SMAP全員でやって欲しいんだけどなぁ…。

ルーレットボウリングはプリクラが良かったね~♪ピン子は邪魔だったけど(笑)木村くんの投球前の凛々しい表情に(*´∀`)モエ

ホストクラブはビジュアルは良いわ、時間も短めでテンポも良いいわ、何よりお見事なバク転が見られるわで百点満点でございました~~モエ(´∀`*三*´∀`)モエ しかし助走もナシにいきなり回れるって一体どんな身体の作りになってんのかしら。剛の連続バク転も毎回キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!って感じで見ておりますが、あんな風に身体が軽く動く人に憧れますわ。スローで見ても無駄な動きがなくて素敵(人´∀`)

歌はマッチと少年隊。マッチは歌ゲストこないだ来たところだけど、少年隊は初めてなんだよね。カッちゃんが激痩せしてて岡村がカツラかぶったみたいになっててビックリΣ(・ω・ノ)ノ どうしたんだ?病気か???ニッキは相変わらず面白く(「本牧ラット」が出た時は懐かしさの余りひっくり返ったよ)、お東様は相変わらずクールビューティでございました(笑) マッチさん少しふっくらしたかな?歌はどれも懐かしくて良かったわ♪少年隊の歌って結構好きなんだわ。良い歌多いよね。でも木村くんちょっと鶏冠育ち過ぎじゃございませんか(;・∀・)まぁ、あの衣装には似合っておりましたけども…。歌後のマッチと笑顔で語ってるシーンが微笑ましかったです



■さんタク
毎年新年のお楽しみでございます(´∀`*)木村くんの素顔満載で楽しいったらありゃしない。でも年々時間が減って来てるのは何故?去年は確か編集した状態で2時間だったのにぃ~。今年は時間が無くて、スタジオトークすらありませんでしたがその分中味はこゆかったような。てか、何故さんまはロッククライミングしなかったのさファイト一発のCMでっすら諦めた難所に一人で挑戦する羽目にでも、見事にやり遂げる姿に惚れ直したわ常時クライマーズ・ハイ状態の案内人ジャックがなにげに凄い!足だけで絶壁に斜めに立ってビデオ撮ってたよ!この人!木村くんの「次はどっち?」に(*´∀`)モエ 端正な横顔にモエ(´∀`*三*´∀`)モエ マラ岩頂上で「チンチンの先っぽ気持ち(・∀・)イイ!!」と叫ぶ余裕に(((⊂⌒⊃*´Д`)⊃)))モエ~ 高所恐怖症の私には見るだけでも恐怖な映像でございましたけど(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

山荘での人生ゲームも面白そうだった!もっと他の文面見たかったなぁ。あすなろ抱きにドキドキしちゃったわ。不覚にも。相手はさんまだってのに(笑) あの手の回し方はさすがです動きが妙にエロいんですよ!(*´Д`)ハァハァ 彼女探しはもうどうでもいいんですが(笑)木村くんのカメラ技が良かったですわ。

昼食の蜂の子だのイナゴの佃煮だのに拒否反応示してるのが可愛かったわ(*´∀`)モエ 私も虫嫌いなんで絶対あれは無理なんですけどね。口の中でイナゴ転がしてるのが(・∀・)イイ!! 蜂の子は流石に無理だったのだろうか(;・∀・) あの女将さんナイスでしたな。

男の料理はどっちも美味しそうで良かったんだけど、一つ不満を言えば…「その帽子を取れぃ!」って事でしょうか スタジオトークが無くて、最初はTMCのビストロシェフ姿だった為にもう最初から最後まで形は違えど帽子かぶりっぱなし!!!有り得ない!!(つД`) 鶏冠のない普通の素の髪型を拝みたかったっすよ。

ムササビ観察は目の良さにビックリした!私なんて赤外線映像で見てさえ判別できなかったのに、きっちり動きを捉えてて驚いた。本当に目が良いよね。目に悪そうな仕事してるのに。

乗馬はさんまの格好を木村くんにして欲しかったなぁ~。と、ちょっと残念に思ったり。絶対に似合うと思うんだけど、あの格好 裸馬を軽々と乗りこなす姿に(*´∀`)モエでございました。

来年は是非とも海外でのびのびロケできますように(-人-)


雑誌とハプニング大賞はまた後程。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。