飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなりヤバい。
2005年10月31日 (月) | 編集 |
困った。困ったよ。どうしよう。何がって、Macですよ。我が愛しのMacが最近体調不良なんですよ。何で?どうして?ノートン先生に診て貰っても「軽度のエラー」程度だと言うけれど、使っている身はひしひしと「これは、かなり、ヤバい!」と感じる訳で。脳内で警告音が響き渡る訳で。

何がおかしいって、まず起動。起動画面が真っ白なまんま次に進まない(正常だと林檎マークが現れる)。で、やり直すと普通に起動出来る。こんな事が数日前に起こって「??」と思っていた、その矢先。いきなり画面が横ブレする現象が!「ズッ」って感じに5mm程ブレるんですよ。これがもう怖いのなんの(((;゚д゚)))数秒で戻るんですが、いつ何時ブレたまま戻らなくなるかと思うと怖くて怖くて、戻るまで息を止めてしまう。度々起こるこの現象は何やらMacの発作のようで怖い。そんな感じであまりに調子悪いもんだから、再度ノートン先生に診て貰った。だが、相変わらず「軽度のエラー」で終了。んな訳あるか!と思うのに。次にウィルスを疑って最新ファイルをDLした上でチェックしてみたが異常は無い。仕方無いので、昨日一日寝かせておいた。

で、今朝試しに起動してみたらなんと!画面は総ブレで停止!ブレた画面を解読してみれば「?」マークがついたフォルダがぼんやり見えるではないか!これは「起動に必要なファイルが見つからない or 壊れている」状態を示しているのだ!ガ━━(゚Д゚;)━━ン!昔の「Macファン」付録のレスキューハンドブック(残してて良かった)と首っぴきで再起動を試みる事十数回。やっとこ見慣れたデスクトップが現れた時には感激のあまり涙が出そうになりました。でも、油断は出来ない。昔iBookを使っていた時、「調子悪いな~、ヤバいな~、MO買って来ないとな~」と悠長に構えている内にクラッシュしてしまった暗い過去があるので、この時の二の舞は踏むまい!と早速重要なデータはバックアップしておきました。

実はこれを書いている最中にも何度もブレ症状が出たんですよ(;´Д`) 最後の手段はOS再インストールですよ(泣) せっかく1年かけて育ててきたこの環境を一からやり直しなんて最悪なんですが、愛しのMacには代えられません。でも、なんとか維持したまま治したいものです。ノートン先生に再診して貰います…_| ̄|○ 昨日ウキウキとFM-Vのパンフを見てたせいなのかしら。違うのよ!Mac!見てたのはノートPCだってば!しかも買う予算なんか無いんだってば!信じて~~・゚・(ノД`)・゚・
スポンサーサイト
3連発キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!
2005年10月28日 (金) | 編集 |
昨日の朝、ボケーッとTVを見てたら来ました来ましたSMAP情報!なんと3連発で新シングル、ドラマDVD、ライブDVDの発売情報キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!! 元々ライブDVDが出るのは承知してたんだけど、他の二つは初耳だ。新曲は24時間テレビでも歌った「トライアングル(きっと英語表記)」とか。歌詞が重くてメロディは途中から「Dawn」になってしまう歌ですが、おバカ路線からいきなり反戦歌路線と相変わらず何でも来いのSMAPでございますな。年末はこれを引っさげて色んな歌番組のSPに出てくれたら嬉しい。その時にメドレーにして、バンバカ歌ってくれたらもっと嬉しい(*´∀`)

そして、ドラマDVDは去年の「クリスマ」。もう本放送をDVDに落としてるから、どうでもいいんだけど(おいおい)特典映像が良ければ買うかも。特にあの、本放送時にはガキの映像と台詞のせいで見られなかった木村くんのソロパートがきっちり見られるなら買ってやってもよくてよ(何様)。最後にライブDVDの方はもうハウルDVDと共に予約済みでございます 金はもう用意した!さぁ、来いSMAP!!

しかし、1年は早いねぇ…。「クリスマ」からもう1年か。て、事はうちのHDDレコも買ってもうじき1年て事か。早い!!年取る筈だよ。
男だらけの「大奥」
2005年10月26日 (水) | 編集 |
4592143019大奥 1 (1)
よしなが ふみ
白泉社 2005-09-29

by G-Tools


「隠し剣 秋風抄」を買う時に、それだけでは送料が勿体ないからと(1,500円で送料無料)よしながふみの「大奥」、「愛すべき娘たち」、「それを言ったらおしまいよ」の3冊も一緒に購入。こんな時、つくづくネットは便利だと心底感じる。ネットがあって本当に良かった。

で、早速読み耽った訳ですが「大奥」が本当に面白かった!最初「逆大奥なんてドタバタコメディなのかしら」なんて思っていたのですが、ところがどっこい!結構シリアスなんですよね。どうして逆大奥が成立する世の中になったのかもきちんと描かれているから、全然荒唐無稽な感じがしない。女性の将軍吉宗も、普段男装をしている訳でもないちゃんとした「女性」として描かれているのも良い。しかも、格好良いんだ!この将軍吉宗が!(*´∀`) 大奥での振る舞い方が堪りません。男前過ぎだ。そして密かに、同じように男らしい大岡越前も好きだったり。今回数コマしか出演されてませんが、今後活躍される事を祈りたい。

よしながふみは「西洋骨董洋菓子店」で知ったのですが(遅い)、サカサカした絵柄とシリアスな話に盛り込むギャグの比率が絶妙で凄く好きな漫画家です。BL系(ボーイズ・ラブですな)が多いんですが(しかも激しい)、普通の恋愛だったり家族愛だったり学園物だったりなんかも描きこなす、数少ない漫画家の一人だと思います。「西洋…」がドラマ化してくれて良かった…。でなかったら、きっと知らないまま過ごしていた筈だから。そういや、彼女のエッセイ漫画「愛がなくても喰っていけます」も面白かったなぁ。

で、「大奥」なんですが以下続刊で非常に今から楽しみで仕方ありません。私はコミックス派なので次が出るのに時間かかるのがじれったい(;´Д`) あぁ、この後どうなるのかしら。外国人も絡んで来たりするのかなぁ…と、悶々としてしまう。きっと色んな事が待ち受けているんだろうけど、あの男らしい吉宗ならばガンガン乗り越えて行って下さると信じておりまする。
今日の見所は「眼鏡部」
2005年10月25日 (火) | 編集 |
今週のビストロゲストは山田優。私は最初彼女の化粧品のCMを見た時、篠原涼子だと信じて疑っていませんでした。いや、本当にソックリで。今はさすがに間違う事は無くなったけど、ふとした拍子に激似で驚かされます。で、今回の勝者は木村香取チーム。もう、食べてる時から勝者が分かってましたな。意外性のないビストロでございました。…しかし、母親若い。でも、いい年して公の場で「ママ」はないだろうと思ってしまった。こうして人は老けていくのだなぁ…しみじみ。

で、お次は「ルーレットボウリング」。ゲストは陣内さんと松下姐さん。二人共好きなので、正直もっと違うコーナーに出て欲しかったっす。お金かけたセットの元は充分取ったと思うんで、もうここら辺で終わりにして貰えませんかね?それが駄目なら、せめて何度も何度も角度を変えての再現フィルムを止めて下さい。毎回「もうええっちゅうねん」と裏手ツッコミをTVに入れるのも空しいのです。

しかし、木村くんピンクが良くお似合いで(*´∀`) こんなにピンクの似合う32歳(来月33歳)がいてもいいのっ?でも、SMAP全員ピンク似合いますな。なんて素敵なおっさんアイドル なんて萌えてたら、なんですか?赤チームは入るのはいいけれど、プレゼントばっかりじゃないですか!剛と吾郎ちゃんが、珍しく全然入れられなかった程の不調だったというのに、プレゼントの連続で勝っちゃったんだから大笑い(#・∀・)最後の陣内さんのラストプレゼントにはまさに_| ̄|○ポーズでしたよ。 まぁ、面白かったから良いんだけど。

そして、その白熱(?)するボウリングの間に挟まった「眼鏡部」。こういうシュール系って久しぶりだよね。出だしの慎吾も良かったが、木村くんの不気味キャラがなんとも言えずにツボでした。声だけならハウルなのにっ!(笑) あの奇妙な動きに妙に細いシルエットの制服がなんとも言えない。ああいうシュールな役上手いよね!「Dr.コロー」を彷彿とさせる大仰な予告に爆笑させて頂きましたが、あの予告までが一つのコントで正解ですね?でも、続編希望。

そして、歌はO-ZONE。なんか今更感もあるけれど、スマスマではちゃんと本来の歌詞の字幕が出たのが嬉しかった。Mステなんか空耳のまんまで「え?それは酷いんじゃないの?」と思ったんだよね。でもって、こないだの寒い替え歌も無かったから胸を撫で下ろしたわ。木村くんが調子に乗ってあの替え歌を歌い出したらどうしよう(((;゚д゚)))と思ってさ。流石にそこまでの勘違い野郎じゃ無くて良かったよ。ま、「オゾン層について」な質問には耳を塞ぎたくなったけどね…(;´Д`) O-ZONEの大人な返しに拍手でした。まぁ、あれもお茶目なヒカルさんのした事だと思い込めばなんとか割り切れそうだわ。

歌は原曲のままでしたね。皆ホストチックでモエ(´∀`*≡*´∀`)モエでございました 先週もあんなんじゃなくって、O-ZONEとメンバーでコントしてから歌って流れだったら大喜びだったのになぁ…。

そんな訳で今週は先週と打って変わって楽しい1時間でございました。もう、週によって差が有り過ぎ!
SMAP度テスト!
2005年10月20日 (木) | 編集 |
asahi-tugboat.jpにて、SMAP度が分かるテストが開催中と聞いたので早速チャレンジしてみました~!で、結果は…

870POINT…。

数字だけ見ると高得点に感じますが、あちこちでチャレンジした人の結果を見た感じ平均900POINTって感じだったので明らかに落第生でございます(´Д⊂) なんか微妙なネタが多くてさ…。剛の好きなジーンズのメーカーなんか知らないし、木村くんが最初にベストジーニストになった年まで覚えてないし、吾郎ちゃんの得意科目なんか聞いた事ないし、多い時に日に何回公演したかなんか知らないっちゅうねん!後基本かな?って所では今現在で何枚シングル出してるかって事も実は知らない…

自分では結構オタクなつもりでいたのに意外とそうでも無かったのかしら…(´・ω・`)ショボーン まぁ、皆様も一回試してみて下さい。一応870POINTでもSMAPERの称号は頂きましたぜ
スマスマ~。
2005年10月18日 (火) | 編集 |
え~、昨日は2週間振りのスマスマだった訳ですが…。ですが…。

くそ面白くなかった…_| ̄|○

特にホストマン最悪。いやもう、頼むからもうマイアヒは止めましょうよ。最後の替え歌なんか、ここんとこ急に秋めいて来た我が家には寒過ぎましたがな。竹中さんもただひたすら寒いだけで、何処に笑い所があるのかとスタッフの胸倉掴んで問い詰めたい気分でございました。あぁ、くだらねぇ。ヒカルさんのビジュもイマイチだったし、優雅が背景にされてたし、ぜんっぜん面白く無かった!なんかダラダラし過ぎなんだってば。もっとサクサク編集できねぇのかよ( ゚Д゚)ゴルァ!! 我が子の成長ビデオの何処を切っていいのか分かんないよぉ~てな感じの編集にイライラするってんだ( ゚Д゚)ゴルァ!! プロならサクッと編集しやがれ( ゚Д゚)ゴルァ!!

「投稿ボーイズ」(だっけ?)も最後のオチ以外に笑える所が無かった…_| ̄|○ ホストマンよりはマシ程度だった。せっかく久しぶりのスマスマなのに、何でこんな事になってんの?こんなしょうもないのしてる暇があるのなら、夏に録って以来放映されてないスケートボーイズやってくれよ!でもって、ビストロは普通。本当に普通。特に面白い訳でも下らない訳でもない程度。うちの新聞では「インドア派の小泉と中居で部屋での過ごし方について盛り上がる」ってあったのに、全然そんな事無かったのが残念。

唯一良かったのが、歌。でも、これにも文句がある。女性ダンサー邪魔。CG邪魔。変なカット割り邪魔。もっと、もっとSMAPを映せ!!!SMAPの踊りをメインに撮れ!!!ホストマンではダラダラなのに、何で歌はそんなものの見事にSMAPを削除するかぁ!!( ゚Д゚)ゴルァ!! しかもせっかくのエロエロソングなのに、冬ごもりな格好なのは何故だぁ~~~!!せっかく倖田クミが露出度高いんだから、合わせなさ~~い!合わせて薄着しなさ~~い!!吾郎ちゃんは嫌がりそうだが、慎吾ソロん時のハードゲイ風衣装着なさ~~い!!YOU達脱いじゃいなっさ~~~いっ!…ちょっと取り乱してすみません。いやでも、久しぶりに踊るSMAPが見れたのは嬉しかった(*´∀`) やっぱ、踊るSMAPは良いねぇ。なのに、慌ただしい画面でじっくり見れなかったのが残念無念!木村くんのビジュも歌ん時は凄く良くて嬉しかっただけに欲求不満だったわ。これを言うと本末転倒なんだけど、「キューティハニー」はSMAPだけで見たかったなぁ~~。

次回はオゾン出演みたいだね!(ヒカルさん発見)これを機にホストマン終了でしょうか?いい区切りになると思うんで、よろしく。そして眼鏡部が非常に楽しみな私なのでした。来週は面白いといいなぁ。ボウリングもそろそろ止めて欲しいんだけどね…(;´Д`)
「バルバラ異界」最終巻を読む。
2005年10月17日 (月) | 編集 |
409167044Xバルバラ異界 4 (4)
萩尾 望都
小学館 2005-09-26

by G-Tools


昨日大型スーパーに行ったついでに、藤沢周平の映画原作本を探してみたが置いてなくて残念無念(´・ω・`)が、その代わりと言っちゃなんだが、ずっと出るのを待ち望んでいた「バルバラ異界」の新刊を発見したので早速購入。4巻で最終巻である。非常に淋しい。凄く良く出来た話で、並の漫画家ならついつい大風呂敷を広げ過ぎてダラダラ続けたのはいいものの、畳み切れずに結果尻つぼみなラストになってしまいがちな所を、流石の超ベテラン・萩尾望都はそんな事にもならずにスパッと綺麗に終わらせていて感動致しました。

なんかね、さりげないんだけど自然に涙が沸いて来るようなラストでした。切ないなぁ…(つД`) 今度全巻読み通してみよう。しかし上にも書いたけど、この内容で4巻に収めるなんて凄い!としか言えない。同じ年代の青池保子といい、この時代の漫画家の底力には本当に惚れ惚れします。特に萩尾望都なんか絵柄も若い世代にひけをとっていないんだから凄い!私はこの人の色彩が凄く好きなんですが、今回の世界観にもマッチしててうっとり致しましたよ。かなりの年齢だと思うのに(60代に入ってるか?)、このパワーは一体何処からわいてくるんでしょうか?衰える事無き才能に感服致します。

最近若い子の読む漫画が受け付けなくなってしまったので、こういうベテラン勢がもっともっと活躍してくれる事を望みます。そして、早くも次の連載が待ち遠しい私なのでした。

しかし、藤沢周平の映画なんか今公開中なんだからさ、もっとフェアみたいに沢山置いといてくれよ!!全然無いじゃんか。仕方無い、通販するか。こんな時本当にネットって便利。ついでによしながふみの「大奥」も注文しとこう。
ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
2005年10月15日 (土) | 編集 |
ネットをフラフラさまよっていた時に複数の場所で「昔やったシークレットパーティはおいしかったね!」ってのを見たので、ビデオをひっくり返していたらラベルに「シークレットパーティ」の文字を発見!早速ウキウキして再生してみたら…

消してた…_| ̄|○

上からスマスマ録っちゃってた━━━━━━┌(_Д_┌ )┐━━━━━━ !!! しかも'00.12.24放送の翌日に上録りしているじゃありませんか!!あの頃の私は馬鹿ですか?恐らく見返す事も無く消してますね?5スマ放牧の貴重映像を何故に??あの頃の自分に空手チョップ&バックドロップしたい気分・゚・(ノД`)・゚・ と思って、よくよく考えてみたら2000年の12月…と言う事は、あの悪夢の'00.11.23の直後ですな…。一番SMAP熱冷めてた頃だ…。はははは…_| ̄|○ 消した当時の自分の心情を思えばあまりあの頃の自分を怒れないな…(;´Д`)

まぁ、それでも別のタレントの番組ではなくスマスマ年末SPと「世にも奇妙な物語/SMAP SP」と新年SPを録画してある辺りに未練をひしひしと感じます(笑) これもまた懐かしい映像なのでうっかり全部見てしまいましたけど、年末SPの木村くんがやけに疲れた表情してるのが妙にリアルでした(笑) 新年SPで元に戻ってる辺りが凄いけど。「世にも…」は剛のと木村くんのが良かったなぁ…。でも、剛のは最後が救われないんだよね(;´Д`) またこんな感じのやって欲しいなぁ~。

そして何故か最近中居が気になって仕方のない私なのですが、なんなんでしょうか?少し前のTBS50周年記念ん時に汗だくになってた辺りからふと目で追ってしまっている。見返したライブDVDでも目で追ってたし、泣いたシーンでは思わず「かっ…かわいい…( *゚д゚)」なんて呟いてる始末。凄い時差で萌えが来てる(笑) 今日見返してたビデオでも「俺、メンバーと話すの好きなんだよ~」なんて言ってて(*´∀`)モエだし。どうも髪がサラサラの時の方がより一層萌えるようです。ふわふわしてて可愛い。SMAP好きになって10年目に萌えが来るとは、恐るべし中居パワー(笑) いつまでもSMAP命の中居でいて下さい。好きだと言いつつ呼び捨てですみません。
人に薦めたくなるライブ
2005年10月14日 (金) | 編集 |
オリコン調べの「人に薦めたくなるライブ」のベスト5が発表されたのだが、なんとSMAPが2位に!!B'Zやらサザンやらのもの凄い面子が並ぶ中にSMAPの名があるなんて凄い!いやでもホント、薦めたくなりますよ。これ以上薦めてチケット取りにくくなるのは困るけど、SMAPライブ最高ですから! (`・ω・´)

丁度こないだ、時間がかかる手仕事のBGVに「エスマ」「ウラスマ」「ドリスマ」まで一気に通して見た所だったんで尚更激しく同意してしまいますわ。もうね、改めて見ると本当にSMAPって格好良いんですよ!うっかり忘れがちになってしまうんですが、彼等ってアイドルだったんですよね。マジで、格好良い!惚れ惚れしちゃったよ。「FIVE RESPECT」なんか卒倒もんに格好良いってばよ!でも「ウラスマ」は都合上4スマでさ…。凄く良いライブだっただけにそれが本当に残念でならない(´・ω・`)で、続けて「ドリスマ」見たら5スマじゃないですか。もう、それだけの事が嬉しくて嬉しくて、泣けてきちゃいましたよ。手仕事しつつ。オーラスの泣いてしまって歌えない中居にもらい泣き。ライブん時の中居が一番好きな私はもう撃沈ですがな。

そして、やっぱりエロい木村くんの細腰に(*´Д`*)ハァハァ ライブはこれだから堪らん。「エスマ」から「ウラスマ」で随分顔立ちが変わって凛々しくなったなぁと思ってたら「ドリスマ」で「何処のかわいこちゃんですか?」な顔になっててビックリ。なんだ、何で若返ってんだ!!「MIJ」でもかわいこちゃん継続中だったよな…。見返したいぜ。「SAMPLE」も、見た限りではかわいこちゃん路線のままだった。早くモエ(´∀`*≡*´∀`)モエ したい~~!! かわいこちゃん路線好きなので嬉しいっす!でも、「ス」の凛々しい路線も良いんだけどね~。近寄りがた過ぎて困る位綺麗でさ~(痛)

やっぱ、SMAPは良いっすよ!SMAPのファンで良かった。一緒に歩める時代に生まれて良かった。5人共好きで良かった!一人しか好きじゃないとか、大嫌いなのがいるなんて勿体なさ過ぎるもんな。来年も萌えさせてくれる事を激しく希望。上二人が40歳になってもライブが見たいぞ(* ゚Д゚)ゴルァ!!
移行すべきか否か。
2005年10月13日 (木) | 編集 |
いきなりだが、私はMac使いでTU-Ka使いのマイナー人種である。Macは、周囲にMacユーザーしかいなかったので自然に選んだのであるが、TU-Kaは「一番安かった」から選んだのであった。私は携帯で長電話なんか絶対にしないし、メールも日に数度だし、WEBに至ってはパソコンで閲覧した方が手っ取り早くて綺麗なので、着メロを年に数回落とす意外は利用しないので好んで高い他のキャリアを使う必要性が無かったのである。

それは今も変わらない。変わらないが、この度TU-KaがKDDIと合併しちゃったからさぁ大変。「番号をそのまま引き継げて、使用年もそのまま引き継げて、ポイントもそのまま引き継げて、auに移行できますよ」となったのである。で、うっかりauのサイトを覗いてみたらTU-kaではお目にかかれない豪華絢爛な携帯の数々。つーか、端末種類多過ぎ!!TU-Kaなんか選ぶ程も無いっちゅうねん。しかも機能も豊富過ぎ!理解できんっちゅうねん。CDMA X1とWINはどう違うのよ?ダブル定額とはなんぞや?もう、疑問符の嵐。なので、電気屋さんからパンフを取ってきて色々調べてみた。で、調べたらauに移りたくなってしまった。元々新発売の電化製品好きな性格の私が豪華絢爛な端末や仕様を見て欲しくならない訳が無い。あまり移行の必要性を感じていない家族を強引に説得して移行手続き開始の10/11をワクワクして待っていた。

だが。

移行する人が予想を反して上回ったせいで、代理店はてんてこ舞い。受付も11時で締め切られ、手続き終了までに半日以上もかかるという有様。聞けば、手続きにはFAXを使用していて、その台数も非常に少ないせいで一気に大量の受付が出来ないらしい。てゆーか、今時FAX??天下のKDDIが、受付業務をFAXで?DOCOMOに次いで2番目のキャリアであるau by KDDIがFAX???うそーん!てっきり大昔にそんなもん、全部オンラインでやってると思ってたよ。意外な展開。なので、1日に4000人しか受付出来ないらしい。11時に閉め切ってるのに。そんなアホな。11日から移行手続き開始って言っててこれか。どんだけTU-Kaの使用人口少なく見積もってたんじゃ。

どうもしばらくはてんてこ舞い状態らしいので、11月過ぎるまで待っていようかと思っております。丁度うるさい位「メタルネットプラスに変えませんか?」と勧誘されてるんでついでに一緒にしちゃおうかなと。今使ってるプロバイダーに愛着あるんだけど、ヤフーに吸収されちゃったしな…(´・ω・`)メタルネットのキャンペーンが11月末日までなので、いくらなんでもそれまでには落ち着いてるだろうと薄く期待しておく。

…てか、それまでに業務改善しておいて下さいな。
「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」
2005年10月11日 (火) | 編集 |
裏のトヨエツの太宰治と吾郎ちゃんで悩んだ結果、吾郎ちゃんの白衣を取ってこちらを見ました(白衣萌え)。「飛鳥へ…」はその昔に確か名高達男主演でドラマ化してて、子供心に「何て足の長くて格好良い人なんだろう(*´∀`)」と思った記憶がうっすら残ってて、今回改めて見てみたいと思ったのもある。

で、見た訳であるが…。ドラマ前半が多少はしょり過ぎて視聴者おいてけぼり感があったものの、とにかく映像が綺麗で後半は丁寧に描かれてて凄く良かった。沢村医師の潔い生き様に胸を打たれたよ。どうして神様はこういう素晴らしい人に限って、連れ去ってしまうんだろうか。こういう人にこそ長生きして欲しいのに。

映像の美しさもさる事ながら、吾郎ちゃんの癒される笑顔が堪りませんでした。最後の夜の父親との会話が凄く良かった。切なくて泣けて仕方が無かった。二人目の子供にも会わせてあげたかったなぁ…。飛鳥ちゃんでさえ、まだ2歳位だったんだよね。早過ぎるよ…(つД`)

そんな潔い沢村先生とは正反対ないしだあゆみ演じる守銭奴の患者。まさに人の死ぬ時って、仏になるか餓鬼になるかなんだよね。なんとも哀しい人生だよ。あの娘さんは財産なんか狙ってないし、本当に泣いてたってのに。沢村先生は「幸せな人生でしたよ」と言ってたけども、やっぱり彼女の人生は哀しい人生だったと思うよ。「哀れ」っていう方が当てはまるね。誰も信じる事が出来ずに死ぬなんて私は嫌だ。大体死後の世界にお金なんか持って行けやしないのに。私はせめて最後位は毅然としていたいとこのドラマを見て思ったよ。

そういえば、名高版ではこの患者役を故・ミヤコ蝶々が演じてたよなぁ…。こっちはいしだあゆみと違って可愛いおばあちゃんだった。先生がしばらく休んだのを、自分を見捨てたんだと怒って拗ねてたんだけど、片足になった先生を見て「先生、死んでまうん?死なんといて」と泣き出したりしてさ。ほとんどのシーンを忘れてるのに、このシーンだけは鮮明に覚えてるんだよね。何でだろうか。

最後の現在のシーンも凄く良かったよ。場面が沖縄に戻って来て、ひたすらに美しい海と結婚指輪のエメラルドを比べる場面(新婚当時によくしてた)が胸に沁みたよ。沢村父はもっと早くに指輪返してやれよとは思ったけどさ。そして机の上の沢村先生の写真が本当に良い笑顔でね…(´Д⊂) 娘達は二人共綺麗に育ってて、沢村先生も天国から喜んで見ていたに違いない。あんなに良い子に育ったのも、沢村先生の生き様と母の背中を見て育ったからだと思うよ。亡くなっても、残していけるモノは絶対にある。それは形では無いけれど、確かにあるのだと思う。そんな事を教えてくれた、良作でございました。


神様、それだけは。
2005年10月09日 (日) | 編集 |
大阪のローカル番組のラテ欄に「キムタク映画裏事情」なんていかにもな見出しを発見したのでチェックして見てみる。大抵しょうもない事なんだけど、見てしまうのがファンの性。で、見た訳ですが。裏事情自体はほんまにどうでも良い事でした。「ヒットを約束された映画で撮る前から国際映画祭に出品が決まっている」とかなんとか。そんなもん、観る側には関係無いし、どうでもええわい。私にとって「萌える映画」なのかどうかだけが重要なんだよ。受賞しようが海外で上映されようが、萌えなければ観る価値は無い(キッパリ)。

まぁ、そんな事は今はどうでもいい。今回重要なのは、その芸能記者が言い放った言葉である。共演の女優の話になった時に、あろうことかその記者はこう言ったのである。

「いっそ奥様でもいいと思うんですよ。」

よくねぇよ!!!!( # ゚Д゚)

この時ばかりは普段は嫌いな駒井と一緒に高速で首を横に振りましたがな。ありえないってーか、あってはいけない。正直マジでそんな事があれば流石の私もファンを辞める。まぁ、普通に考えてそんな自ら芸能生活にピリオド打つような真似はしないと思いますが、平然と言い放った芸能記者の脳みそを調べてみたくなりました。まさか、真剣にそう思っているとは思えないので、木村くんの抹殺を計画している組織の人間かも知れない(どんな組織だよ)。いわこでじまいわこでじま(((;゚д゚)))

共演女優に関しては、駒井も三日三晩考え続けているそうであるが(この人は、カンヌ行きの時に木村くんに優しくされて以来手のひらを返したかのようにSMAP派になっている)、私も事ある毎に考えてみた。まだ原作も読んでないので何とも言えないのであるが、中谷美紀、篠原涼子、松雪泰子、深津絵里、常磐貴子なんて名前が浮かんだ。水野美紀も好きなんだけど、ちょっと身長が辛いかなと(・∀・;) 早く原作読みたいぞ。最初京都の話かと思ってたのだが、どうも東北の話らしい。映画では方言どうすんのかな?大昔に「言葉のない部屋」(だっけ?)で上手い東北弁を披露してたらしいので、是非挑戦して頂きたいわ。耳が良いから上手く話せると思うのだが。

他の共演俳優も楽しみでございます。敵討ちの話ならば、敵方もいる訳だよね。ワクワクv そっちの方が楽しみかも知れない。木村くんは「GL」の時の堤さんみたく、相手が上手ければ上手い程お互いに高め合ってもの凄く良い演技をするから、実力のある俳優さんをお願いしたい。そして、その際にはこっそりと脇でいいから葛山さんを入れておいてくれませんかね?かつてはNHK時代劇の若手ホープと目されてた人なんですが(全て過去形なのが哀しい)。めちゃ声も良く、姿勢も良いので時代劇に最適な人材でございますよ。どうでしょうか、山田監督。是非ご一考下さいませ(こんな所で頼まれてもな)。

ここんとこずっと髪を伸ばしているのはライブ仕様だと思ってたんですが、もしかしたら地毛で髷を結うつもりなんでしょうかね?わくわくと期待しておきます。木村くんは黒髪の方が好みなんですわ(*´∀`)
映画キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
2005年10月08日 (土) | 編集 |
なんかもういきなり私生活が忙しくてブログどころか、Macを起動する事もままならなかったこの1週間。そんな多忙な私への神様のプレゼントなのか、いきなり飛び込んで来た大ニュース!木村くんの映画出演キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!! もう、この顔文字程私の感動を端的に表しているものは無いね。朝っぱらから小躍りしちゃったよ。

しかも、藤沢周平原作の時代劇で山田洋次監督だとか。更に盲目の侍だとか!!!もう、これ以上どう萌えろと言うのだろうか。萌えの宝庫ではないか!あぁ、早く観たい。でも、公開は来年秋なのね。くそぅ待ち遠しいぜ。山田監督の褒め言葉に自分が言われた訳でもないのに「いやぁ、そんなぁ、まだまだですよ」何て頭をかいてしまったアホです。多分社交辞令だと思ってても、嬉しいお言葉でございました(*´∀`)

難しそうな役だけども、演じ切って欲しいですな。出来ればきちんとした武士言葉でお願いしたい。変に現代風に変えたりしないでね。私はあの時代の言葉遣いにもの凄い色気を感じるので、木村くんの声で聞きたいんですわ。それに、武士言葉ならどう転んでもホリの物真似みたいにはならないしな!(ここ重要)ハウルを越える萌え声でお願い致します。映画館の大音響で腰くだけになりたいっす!!!

しかし、盲目の侍か…。あの目ヂカラをどう封印するのか楽しみですな。「綺麗な目なのに見えない」と言う表現が原作にあると聞いて(*´Д`*)ハァハァしております。原作買って来よう。時代小説は山岡荘八と宮部みゆき位しか読んだ事がないのだが、多分大丈夫だろう。時代劇好きだし。足のチラリズムも期待できるのかしら(*´∀`) そして、共演者が誰になるのかも楽しみです。読んだ人によると「中谷美紀」や「木村多江」のイメージらしいんだけど。中谷美紀だと良いなぁ~。着物とか凄く似合いそう。キムタエも良いんだけど、姉さん女房っぽくなっちゃいそうで(どうも原作は年下女房らしい)。

しかし、スポーツ誌には「超多忙の木村に合わせて、撮影は東京で行われる」とあったのだが…。超多忙?「週休4日制」だの「失業中」だの言われているのに?スマスマ収録以外は正直暇なんじゃないの?(超失礼)来いよ、京都に!絶対に見に行くから!はっ…Σ(゚Д゚)まさか京都で撮るなんて言ったら皆京都に詰めかけちゃうから敢えて「東京で」なんてフェイントかけたとか??(そんなまさか韓流スターじゃあるまいし)でもいくらなんでも全てを都内で撮る訳じゃないよね?京都にもロケで来るんじゃないの?京都なら日帰りで見に行ける!是非是非京都で撮っておくんなまし。雪深い山奥だろうが駆けつけるんで!

来年の楽しみが出来たので年を取るのも楽しみでございます。でも、このニュースを聞いた時に浮かんだイメージは10年程前のビジュアルでございました(笑)ロン毛でオールバックに括ってた時のイメージね。今もあの髪型になるとガラッとイメージ変わるんで、期待大ですわ。でも月代はちょっといやんなんですが、果たしてどうなる事やら。
「ずっと逢いたかった。」
2005年10月01日 (土) | 編集 |
昨日家族が揃って近所の銭湯に行ったので、一人でのんびりしようと思ってつけたら始まったのが「金曜エンタテイメント」の「ずっと逢いたかった。」である。元々幸四郎さんが好きなので興味を持って見始めたのだが、これがめちゃくちゃ良かったのだ。

幸四郎さんは30年勤めた会社からリストラされて、それを家族には言えない初老の男で、その妻は大学時代の同級生と不倫未満のお付き合い中で、一人息子は1年近く引きこもっている大学生と言う現代社会の歪みを凝縮したかのような家族である。似合わない制服着てファーストフード店でバイトする姿は涙を誘う(´Д⊂) 生来の生真面目さが却って哀れさを醸し出してます。でも、家族としてはリストラされたんならされたでハッキリ言って欲しいと思うんだけど、何で言わないかな。この夫は。

そんなある日、男(村川義純)はふと10年前の家族写真に目を留めた。まだ家族が家族らしくあった頃の写真には、引きこもる未来等感じさせない明るい表情の息子が、古い瓶を手にしていた。その瓶には手紙が入っていたのを思い出した村川はその手紙を宛先(「雪子様」と書いてあった)に届けようと思い立ち、旅に出るのだが…

っていうのがおおまかなストーリーだ。哀しいのが、涙を堪えつつ息子に「お父さんは、バカな事をしに行く。手紙を届けて来ようと思う…」と玄関から2階の息子の部屋に向かって声をかけるのだが、息子聞いちゃいねぇんだよな(´Д⊂) 聞いたれよ!少しはさ。声のトーンが普段と違うだろうがよ!でも、これも仕方が無い。息子は息子で自分の事に精一杯で他人なんかに構ってられる精神状態では無かったのだ。…って、年取った身からすればただの甘ったれにしか見えないのだが。これも世代の差だから仕方が無い。

そんな訳で、奈良→京都→大阪→広島→神戸→明石と村川の旅は続く。途中で大阪のアホなヤンキー崩れにお金を取られたり、でも同じく大阪で気の良いトラックの運ちゃんに助けられたりしつつ段々雪子さんに近づいて行く。そして手紙を書いた勝一と妻の雪子の物語を追いかけて行くにつれて、段々村川は変わって行く。その、微妙な変化の出し方が非常に上手いんだよね。幸四郎さんはもとより、脚本や演出なんかも。SPドラマでここまで質が高い作品は久しぶりに見た気がする。

しみじみと村川側の話が進むと同時に残された家族の話も進んで行く。引きこもり息子は、チャット相手のアリス(唯一の友だち?)との世界にどっぷりと浸っていたのだが、うっかり手首を切っちゃってパニック状態→「死にたく無い!!!」となり、ちょっと冷静になる。妻は息子に拒絶されるわ、夫はいきなり家出するわ、リストラした事言って貰えなかったわで非常に可哀想な感じ。いきなり一遍にあれもこれもが起こってしまい、パニック通り越して呆然となってましたな。まさしく( ゚д゚)ポカーン 状態。息子には良い食事を用意して、自分は素麺啜っている姿が哀れでした。流石の息子もあれを見たら憎しみも減ったんじゃないかな。そうであって欲しい。母親はよほどの例外を除いて、いくつになっても子供の心配して生きてるんだからさ。

そして、村川は遂に雪子に辿り着く。だが、その時には雪子は死の床にあって。ギリギリ間に合って本当に良かった。村川に「おかえりなさい」と声をかけたけど、朦朧としてて混同した訳では無かったと思う。きっと、彼女には見えたんだよ。手紙と共に帰って来た勝一の姿がさ。でなきゃ哀し過ぎる。雪子亡き後に、勝一の手紙が朗読されるんだけど(玉鉄の声で)もう、この時はボロ泣きでした・゚・(ノД`)・゚・だって、てっきり遺書だと思ってたら帰ってからの生活を書いてるんだもの。生きて帰る事を前提にした希望に溢れる手紙だったんだもの。映像で流れた無事に帰れた後の生活と家族の姿。実現させてあげたかった。帰って来て欲しかった。純粋に結ばれた二人の絆にひたすら涙がこぼれた。清々しい涙だった。この手紙は、雪子さんと共に荼毘に付されて誰も読まなかった手紙だったんだよね。それもまた涙を誘う事であった。しっかりした足取りで自宅に向かう村川。でも、家の中からは明るい家族の声がする。ここにも希望がある。まだ間に合うんだもんね。頑張って元の家族に戻って欲しい。

下手な映画より素晴らしい出来でございました。本当に、見て良かった。こういうドラマしてくれるなら、「火サス」の後番組にも期待しちゃうよ(局違い)。最後に、軍服姿の玉鉄にはモエ(´∀`*≡*´∀`)モエ でした。涙しながらも萌える事は忘れない、私の人生もまた先の見えない旅の途中である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。