飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラマイゼロ。
2004年12月19日 (日) | 編集 |
マクモニーグルファンだったおかげで思いかけず超能力開発実験に参加するSMAPをゲット出来てラッキー!でも、木村くんが喋っている声が聞き取りにくくて音量を上げようとしてビデオと連動している停止ボタンにうっかり触ってしまい、奇麗に喋っている間だけ停止してしまいガックリ…_| ̄|○ 折角の幸運が台無しです。いつもは感度悪くて乾電池動かさないと連動できない癖になんでよりによってこんな時だけ敏感になってやがるんだ!!!バカバカバカ~~~!

…まぁ、気を取り直して。半分おふざけで参加のSMAPは可愛かったですが、木村くんだけ真剣でしたな(笑)全然違ってたけど。番組はイマイチだったんだけど、大好きなアフレコも聞けたし、SMAPも見られたし、満足でございました。

で、サプライズゲストに喜んだ後は「さんスマ」。年々詰まらなくなって行ってる番組ですが、貴重な5スマなのでビデオセットして待っていたら…なんで髪縛ってますか。なんでおでこ全開ですか。スーツは格好良いんですが、その髪型で台無しです。ガッカリ…(´・ω・`)なので、残す事はなさそうです。今年は結構面白いと感じたんですが、これも毎年あまりに酷いのでこのレベルでも面白く感じてしまっただけかも知れません(笑)ハセキョーのあまりの寒さに震え上がりましたけど。要らね~~~。曙も要らね~~~。だから、ゲスト要らないって言ってるじゃん!「踊るさんま御殿:ゲストSMAP」で良いんだって。この10年言い続けてるのに、ひつこく面白くもない事ばっかやるよな、日テレは。

今回は清原のマジ寝の一本勝ち~~!

スポンサーサイト
いよいよ買うぞ!
2004年12月18日 (土) | 編集 |
いよいよ明日念願のHDDレコーダーを買う予定なのである。今からウキウキしまくっている。浮かれついでに価格.COMの買う予定の機種の掲示版を念入りにチェックもしてみた。字の読み過ぎで目がショボショボするよ(バカです)。結果、概ね好評で不良報告も少なくて一安心。本当ならば今日までに買って「さんまとSMAP」から録画したかったのだが仕方がない。まぁ「クリドラ」からは録れるんだから良いとしよう。

買う機種は決まっている。パナソニックのDIGA(E330H)だ。どっちも録り機能と大容量HDDが決め手。散々東芝RD-XS46と悩んだのだが、どうも東芝は不具合報告が多過ぎて怖くて勇気が出なかった。結構家電のくじ運は良い方なのだが、今度もそうとは限らないし。XS46はドライブがパナソニック製らしいので大丈夫かな~って気もするのだが、矢張りここは安定性を優先してDIGAに決定。フォルダ機能やマニュアルレート変換やネットDEナビとか心惹かれる機能満載なので非常に後ろ髪は引かれるんだけどね。

でもこれでやっとこ念願のスマスマの編集ができるわ~~V 欲しいコントと歌に分けてDVD保存したかったのだ。ビストロはおいしいシーンだけ残っていれば良いもんね。スマスマSPはまんま保存するけど。でも、それでも元のテープはしばらく残しておきそうだ(笑)念の為にね。後は子供用のアニメ番組だな…。おそろしい数だ。ビデオはそのまま残すとして、今後は低レートで録ろう。どうせ画質なんかにはこだわらないだろうし。勿論スマスマはSPで録るのだ。歌番組だったらXPかなv 夢は広がる。

でも、所詮HDDって消耗品だから今までみたいに10年も使うなんて出来ないんだろうね。高いのにさぁ。消耗するHDDだけ有償で交換とか出来ないのかねぇ。勿体ない。掲示版とか読んでたら「チラッと確認しただけのRAMを久しぶりに見たらノイズだらけで見られなかった」みたいな書き込みも見つけて(( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル これってデジタルの弱点だよね。テープなんかケース無しで子供が超乱暴に扱っても、余程の事がない限り中身全部が見られなくなるなんて事無かったのに。データなんか一瞬でしょ。一瞬。一カ所のエラーが全データをおじゃんにするでしょ。怖いよねぇ…。凄く繊細で。もうちょっと堅牢に出来ないものなのか。数年後には出来るようになるのかな?大容量の規格が定まればなるのかな?早く統一されますように…。DIGAを買う手前、ブルーレイをひっそり応援してしまうけど(笑)でも安価だったらパナと東芝2台所有しちゃうかも。

どうでもいいが、マクモニーグルが日テレに出ている。彼の声のアフレコがもう、ぴったしで大好きなのだが、生放送だったら地声だよな…(´・ω・`)ショボーン VTRは企画物みたいだし残念すぎる。

年末特大号!
2004年12月15日 (水) | 編集 |
SMAP表紙のTV誌が勢揃いで圧巻な年末もこれで10年目とか。すごい…。それが「いつまで表紙やってんだ」感がなく、普通に「大活躍だったもんねぇ」と納得してしまえるから更に凄い。今回「ザ・テレビジョン」「TVガイド」「TVぴあ」「TV LIFE」の4誌全てをゲットして来ましたがな!結果「ジョン」「ぴあ」「ガイド」「LIFE」の順にオススメ(木村くん重点で)。クリドラの事も載ってたけど木村くんと慎吾がペアでなにげに嬉しい。この二人のペアって好きなんだよね~。威張ってる方が小さいのも好みだ。子供中心になりそうなのがちょっと萎えだけど、まぁいいか。

で、上記の本を買う時にハウルの「ロマンアルバム」が売っていたので迷わずゲット!映画の全シーンのほとんどが載ってて嬉しい。制作側のインタビューも豊富だし、試写会の声優陣3人の会話も全部再現されてて、こちらも嬉しい。写真は無いんだけど大満足っすよ。裏話も色々読めたしね。元々アニメオタクな面があるので十分楽しめましたわ(*´∀`)設定資料の髪を両手でかき上げてるハウルの可愛い事!!設定資料だからモノクロの鉛筆描きなのに、何でそんなに色っぽいんですか!!靴のヒールが間抜けチックなのすら愛おしい。監督のイメージボードも素晴らしい!ハウルはちょっと幼い感じだったけど城やソフィはもう圧巻!60歳越えててこのイマジネーションとは、流石の「白髪の生えた少年」ですな。色んな補足説明もあったお陰で結構疑問点も解消したり深読みが当たってたりして、中々の収穫でございましたv オタク系に強くてハウルに萌えている人には超オススメの一冊でございます。鳥ハウルが一杯載ってたのも嬉しいワァ*・゜゚・*:(n'∀')η・*:゜゚・*これでサイトが作れる(違)

TV誌に戻って。メンバー全員がコンサートへの希望を持ってて嬉しいね。踊って下さい!是非ともに!木村くんはなんかドラマしそうな感じ?春ドラマかしら?どうせなら「Good Luck!」国境編の映画化なんかして欲しいんだけどなぁ…。香田CPと新海の密室劇だ!映画化が駄目ならSPドラマでも良いから。木村くんの職業ドラマって好きなんだよなぁ…。その内職業ドラマの天才織田と共演して欲しいもんである。「振り奴」系に対立する二人でよろしく!

そういえば「LIFE」の方におすぎのハウル評が載っていたのだが…。この人大丈夫か?ベネチア映画祭に出品された事に触れて「分かったのかしら?字幕で。分からないわよねぇ」と来た。自分が分からないから他人も分からない。ましてや外国人に分かる訳がないって事?そんな事言ってたら邦画しか分からないって事になっちゃうじゃん。なんか極端な人だなぁ…。一応映画評論家で、一杯映画観ててそれかよ。外国人で観て感動した人に凄く失礼だと思ったよ(´Д`;) ちょっとたけしに賛同した一瞬。つか、おすぎって木村くんが嫌いなだけじゃないのか?

まぁ、そんな雑音に負けずに私は萌えるし、木村くんも頑張ってくれれば嬉しいよ。「さんまとSMAPクリスマス」はもうそろそろ要らないんだけど(笑)「さんタク」は普通に楽しみにしているので早く見たい。その頃にはHDDレコーダーもゲットできている筈!!来年は任しとけぃ!!念願だった「スマスマ」の名場面集作るぞ~~~!!

後ろ頭~~~~!!!
2004年12月14日 (火) | 編集 |
昨日のスマスマ感想はただ一つ。「後ろ頭萌え~~~~~!!!!」でしょうか。

いや~、えがった。歌の時のあの後ろ頭だけで一週間萌えがもつって位に良かった。織田裕二は大好きなんだけど、歌っている姿には一切興味が無い…寧ろ歌わないで欲しいと常日頃思っているので期待度は低かったのであるが、これが別の意味で大誤算。大サビ歌う時にカメラがグルーッと木村くんを回り込むんですが、そん時の後ろ頭がもう!!!!転がる程萌えでした(*´∀`) 肩のすくめ具合といい、頭の傾げ具合といい、なによりロン毛の光具合がっ!!!一周回って来た時の前髪の乱れ具合なんか黒髪ハウルを思い起こさせてより一層の萌え!!いや~~、あの一瞬で「局長」も送信屋も吹っ飛びました(飛ばすな)。

でも、一夜明けてSMAP掲示版を覗いてみたらあら不思議。ほんの一部だけが萌えているだけでまた煽り~な到来中(;´Д`)そんなに目くじら立てて発音チェックしなくても。普通に原曲聴いてそれに近い発音練習しただけだと思うんだけど。てか、そこまで発音にこだわるなんてあなた、ネイティブなんですか?と小学生のように揚げ足取りたい。スマステ見て一口に英語って言っても日本と同じように方言があって、有名なハリウッド俳優でさえ、色んな発音で喋っていると知ってからは「発音が発音が」と五月蝿い人はスルーさせて頂いてますが、ほんまにうるさいってんだ!!!黙って萌えやがれ!!!!それが出来ないなら来るな!!!!

…失礼しました。

そんな訳で(どんな訳だ)、今関西では「プライド」が再放送されているんですが矢張り木村くんは髪が長い方が似合うなぁとしみじみ実感したのでありました。短髪の時はそれはそれで萌えていた筈なんだけども、実際今の髪型に慣れてからハルを見ると何だか妙な違和感があってね。矢張り髪が乱れないと!風になびかないと!!ロン毛万歳!!長い内にコンサートして欲しいんだけどなぁ…。髪振り乱して踊って欲しい。できたら、東京国際映画祭に出た時の長さとスタイリングでお願いしたい。あれは萌えだった(*´∀`)

そいでもって、こないだ「ネクサス」に出て来る男を『プライド時の容姿が低下してた木村くんに劣化フィルタを5回かけたような』と表現したのであるが、実際再放送を見て実感。5回を10回に訂正しておいて下さい。劣っていても萌えだよ、あんた。しかもそれより1年経った今の方がビジュアル良いって何よ?本当は魔法使いなんじゃないの?と半分マジで思ってしまった昨日のスマスマなのでした。

そういや、新曲出るね!洋楽に疎い私には名前しか知らないが、クラプトン(だっけ?)って…。普通に筒見京平作曲の踊れるノリの良い曲で良かったのに(つД`)…また叩かれるじゃん。とほほ。普通のおっさんアイドルに戻してやってくれ。
ハウルに再会。
2004年12月12日 (日) | 編集 |
今日は二度目の「ハウルの動く城」を観て来ました!前回は一人だったけど今回は総勢5人です。2、3に分かれて座ったのですが、私と姉が座った席の2つ向こうの席(端っこ)に座った男が最悪(;´Д`)なんか上映前から一人でブツブツ言ってて嫌な予感はしたんですが、案の定上映が始まっても延々とブツブツ…。更に何度も立ったり座ったり。ええ加減にせぇ!って感じでしたが、姉によると城が出て来たら前の席にがぶりついて真剣に観てたらしいので「城萌え」なのではないかと推察。いや、でも、周りに迷惑だから。そんなに城が好きならばDVD出てから一人で勝手に萌えてて下さい。お願いしますよ。_| ̄|○ 2回程係員がチケット(全席指定)の確認に来たんでその度に「間違ったチケット持ってますように!」と祈ってたのだが、残念な事に正規のチケットだった模様。

まぁ、そんな中でも萌えまくりましたけどね。2回目なので、話もすんなり入って来て1回目よりも分かりやすく感じましたわ。最後の方ではウルッと来たし。そしてやっぱり鳥ハウルに萌えだ(*´∀`)羽毛に覆われているのに胸筋がぁあ~~~~(;´Д`)ハァハァ 人間に戻る前の呻き声がぁあああ~~~~(*´Д`*)ハァハァ 毎回ここで脳天突き抜ける程萌えまくります。シリアスちっくなカルちゃんも良いのよねぇ~~。マルクルは相変わらず可愛いし。おばあちゃんの美輪さんの素晴らしい事。最初のシーンと声が違うよ!流石です。

で、上映が終わって合流したら私と同じく今回で2回目の友人が「ハウルが可哀想で…(つД`)」と号泣してるじゃありませんか!で、飲み屋で話した結果「この映画は2回目観たら来るね!」となりました。でも、うちの姉は城萌え男の妨害にも負けず1回目で激しく感動していたみたいだけど。普段から理解度の低い奴なので心配していたのだが、まんまストレートに受け取っても良しだったみたです。友人のように行間と裏を読みまくって泣くのも良し。私のようにひたすら萌えるのも良し。実に色んな見方のある映画だと思いました。

でも、姉が城萌え男に邪魔されて気が散ったからもう一回観たいと言ってたので、一緒にまた観に行くつもりです(・∀・)てへ。絵コンテ集と原作本の続編も買っちゃったよv esブックなので、まだ手元にはないけどさ。

で、その後ハウル話も混ぜながら「忘年会だからね~」と結構食べてから更に鍋を食す。鴨のハリハリ鍋。中々に美味でしたv 諸君、美味し糧を食べてますか?
なんやねん。
2004年12月11日 (土) | 編集 |
毎朝土曜日は子供が見るので一緒に「ウルトラマンネクサス」を見ている。元々「クウガ」や「ガイア」や「ガオレンジャー」なんかを萌えつつ見ていたので、特撮を見るのは苦にはならない。いや、むしろ好きな方かも。

だがしかし、最近の特撮はなんかこう、子供ではなくその保護者に媚びているのが見え見えで好きになれない。特に仮面ライダーシリーズはもう止めても良いんじゃないのか。ギリギリ「龍騎」までかな、許せたのは。今やってる「ブレイド」なんか最悪だ。なんだ、あの胸糞悪くなる糞ガキは(女。推定年齢10歳)。出て来る度にほっぺたひね切りたくなる。日曜の朝から嫌な気分になるのも鬱陶しいので、最近は専ら「ポケモンサンデー」を見る事にしている。

で、「ネクサス」なのだが。これがまた「ブレイド」顔負けに鬱陶しい。主人公がウルトラマンではないのが売りらしいが、それがどうした!って位に出て来る奴皆が皆鬱陶しい。ウルトラマンに変身するのは、「プライド」時の顔が劣化してた木村くんを更に5回「劣化」フィルタをかけたかのような微妙な顔をした男で、どういう性格なのかイマイチ不明。元戦場カメラマンだったらしいが、お世話になった村人が次々と銃弾や爆弾の犠牲になっていくのを淡々とカメラに収めてたくせに、いざお気に入りだった女の子が犠牲になった途端にショック受けまくって自分の殻に閉じこもってんだよ。意味不明。だったら、はなっから戦場カメラマンなんかになるな!!!主人公もイマイチ良く分からない。偽善と根拠の無い正義感だけで生きてる感じ。この主人公の上司(女)も出るだけで不快感が。いつもエラそうにしているのだが、なんだか見てて尻の座りが悪くなる感じの女なのだ。こちらはりょうを3回劣化フィルタかけた感じ。なんかもう芝居も下手で見てて辛い。

更に主人公の彼女。これが今日なんかエライ事になっていた。普通の家の普通のお嬢さんかと思ってたらいきなり誰も出てない電話に向かって「今度彼を連れて行くねv だって、約束したもんねv」と家に掛けてる設定で喋っている。「お前は『素晴らしきかな人生』の富田靖子か!」とマニアな突っ込みを朝っぱらから入れてしまった。怖いって!で、肝心のウルトラマンは黒い目をしたちょっと偽物系が5分程出ただけだし!これって何?ウルトラマンじゃないの?なんでわざわざ特撮という子供のドラマの分野でこんなマニアな気色悪い制作側のオナニーみたいな後味の悪い物朝から見なきゃならないの?

もう、いい加減特撮は子供に返してくれないか。全然イケメンでも無いのがウロウロ出て来るのにも飽きたし。そこの柳の下に第二のオダギリはいないぞ、絶対。あれは本人の輝きだ。
携帯からこんにちは
2004年12月10日 (金) | 編集 |
いきなり酷い腰痛になってしまったので携帯から書き込みです。最近すぐに充電が切れる携帯からなのが辛いとこですが、仕方ありません。ごはんの支度が出来ない事は元々料理が大嫌いな私にはむしろ好都合なんですが、目下の不安は12日の映画です。ハウル不足で枯れそうな私は這ってでも行きたい所。なので、湿布を貼って安静にしております(安静=ゴロ寝)。

ゴロ寝ついでに何度目の観賞か分からない位見倒している「MIJ」を見る。…SMAP最高!あぁ、コンサート行きたかったなぁ。来年はちゃんとありますように…m(_ _)m なんかクリスマスドラマ(略してクリドラ)は宇宙空間に住むスマ達とお子様が織り成す愛と夢とファンタジー+コントと歌とCG満載ドラマだそうですよ。慎吾ママ並の脱力系しか浮かばないんですが(´Д`;)SMAP揃えてそれか!究極の贅沢やな。

それでもきっと「プライド」よりはマシなんだろうな。因みに、今関西では「王様のレストラン」の後に「プライド」の再放送をしている。嫌がらせか。
萌え過ぎだろう。
2004年12月06日 (月) | 編集 |
おはようございます。毎朝昼晩とハウルサイトをグルグル回って頭ん中ハウル一色になってている狸山です。BGMはSMAPです。なんかもう末期な気分です(;´Д`)でも、幸せだから良いの。

いや、それにしても改めて私は木村くんの声が好きだと実感。「眠れる森」での「目が覚めたらそこにいてくれる?」に対する「うん…いいよ」の囁くような呟くような声に転がる程萌えたし、瀬名君の「南ぃ」の「ぃ」にも頭が沸く程萌えたよなぁ…。凄く好きな声なんだよね。声フェチには堪りません。で、歌声も好きなんだよ。歌唱力については色々な意見があると思うんですけど、私は普通に上手いと思うんだわ。声にも表情があるっていうか…歌のイメージによって、声の出し方が微妙に違ってて良いんだよ。「MIJ」に入ってる吾郎ちゃんとのデュエット曲の「Touch me,Kiss me」なんかもう、タッキー&翼かよ!って位爽やかで可愛くてすげぇ好きなんだよね~(*´∀`) これはDVDでも激可愛くて、二人共とても30越えているとは思えません。何度リピートした事か。

で、何が言いたいかと言うと。木村くんの声すらハウルを思い出して萌えまくる私の脳を誰か止めて下さい(涙) SMAP萌えが始まってから、二次元キャラにはとんと萌えを感じなかったのに、これは一体どういう事?ここ数年まともに絵を描いた事なんか無かったのに、気付くとダラダラと木村くんともハウルともつかない黒髪ロン毛を描きまくっているのは何故。もうこれは神様がハウルサイトでも開きなさいって言ってるのかしら?てか、その前に元々20年来愛し続けている二次元サイトを再開しなきゃならないんですけど!!

なんかもう、絶対相乗効果で萌えている気がする。きっと声が木村くんじゃなかったらここまで萌えていない筈…多分。そりゃ激しく萌えた筈だが、ここまででは無かったと思う。後、原作を映画のあの姿&声で読んだのもあるか。あぁ、段々記憶が薄れて行くのが我慢出来ない。また今週木曜日辺りに観に行こうかな。何度思い返しても、物語の完成度としては断然「魔女の宅急便」や「千と千尋の神隠し」の方が高いんですが、なんちゅうか…瞬間萌え度みたいなのがダントツ「ハウル」のが上なんだよな…。てか、今まで他のジブリ作品で「萌え」なんか感じ無かったのに(唯一ハクには萌えたが)。「それは作品としてどうなのよ?」と言われれば「どうなんだろう」と答えざるを得ないんだが、あのキャラ一つで「何度でも観たい!」と思わせるのはある意味凄いって思うんだよね。絶対にコンテ集と美術集は買う気だし。これも今までのジブリ作品では無かったんだよな…。この映画はきっと萌えた者勝ちだな。間違いない。その意味で私は勝ち組だぜ!イエイ!(・∀・)

そして今BGMは「夏日憂歌」だ。この歌好きなんだよなぁ…。「たてながの自由」も堪らん程好きだ。最初「MIJ」聴いた時はイマイチかと思ってたのに何度も聴くと凄く良い。スルメのようだ。
観たぞ!萌えたぞ!
2004年12月03日 (金) | 編集 |
B000AOXE0Yハウルの動く城 特別収録版
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 宮崎駿 倍賞千恵子
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-11-16

by G-Tools


うっかり忙しくて書けないでいる内に12月になってしまいましたよ!驚き。いや~、こないだ大掃除したばっかだと思うのに月日の流れるのって本当に早いですな。単に年取っただけかも知れないが。

そんな多忙な合間をぬって「ハウルの動く城」を観に行って参りました!!昼の1時には戻らないとならないキツキツなスケジュールだったのですが、行って参りました!12日に友人達と観に行く予定なんですが、それまで待てなかったのだ。あちこち散らばるネタバレ大会を避けてハウルサイト巡りも出来ないし。思う存分感想読みたいし。

で、観た訳ですが。

感想を言えと言われたら一言「ハウルに萌え過ぎて物語をよく覚えていない」としか言いようがない自分が嫌。でも、実際そうだったんだもの。もう、萌えの固まりっつーか、我ら婦(腐)女子を萌えさせる為だけに巨匠が創り上げたのではないのか?と疑いを持つ程に何から何まで萌えで出来ているハウル。彼がいけない。彼が画面に出てると釘付けになっちゃって、その間の物語が飛んじゃうんだもの(*´∀`)

なんともアホな感想だ。自分でも自覚しているので、あまり突っ込まないで下さいまし(つД`) でも、本当にそれ程に萌えキャラだったんですってば!!まず初登場時の王子様っぷりにノックアウトされちゃって、ソフィーと一緒に空中散歩気分っすよ!めちゃ腰にくる良い声で「上手だ」なんて言われた日にゃもう、その細腰に縋って良いですかっ!?と叫びたくなるっちゅうねん!!!しかも再登場時にゃ、華麗な手さばきで卵割ってるし!!なんですか?あの優雅な手の動きは!!!ソフィーを押しやる動きすら優雅ですよ!動きに合わせて繊細に揺れる髪なんてもう、「美」の一言ですよ!!!ソフィーはお下げなせいもあるんだけど結構おざなりに描かれているのに、もうハウルの髪の動きだけで何枚セル使ってんねん!って感じっすよ!!アップになれば瞳がキラキラしてるし!!!!!

更に萌えなのは、鳥ですよ!鳥ハウル!あれに萌えずして何に萌える!?てな位に萌えですよ!!!!傷を負って戻って来て足を暖炉に投げ出したシーンなんか萌えの固まりですよ!段々人間の姿に戻って行きながら苦痛に呻く、あの声!!!!その場でグルグル回りそうになりました。だ~か~ら~、腰に響くっちゅうねん、あの声は!

そうですよ。声がまた良かったです(*´∀`) ファンの欲目があるから割り増しで良く聞こえるのかも知れないけど、良かったですv そりゃ確かに下手ですよ。大塚明夫に比べたら(笑) もうちょい、抑揚を!と思わないでもないシーンもありましたよ。だが!それを凌駕する程に良い声でございましたv それに「心を悪魔に取られた」って設定だから、あれ位淡々とした話し方で良かったのかも。ソフィーを王宮に送り込む時とか、引っ越しの時とか、髪がベーコン色になった時とかのハイテンションぶりもすげぇ可愛くて良かったよ~~v

マルクルの声も心底可愛くてね~v 可愛い子は声も可愛いのかしら。「待たれよ」が可愛くて悶えそうでした(笑) 賠償さんも良かったよ~。そりゃ18歳時の声は無理が無いって言ったら嘘になるけれど、サリマンにハウルを庇う発言をした時、おばあさん~18歳まで段々戻って行くんだけど、その声の移り変わりがはっきり分かったのは凄かった!!このソフィーの外観がコロコロ変わるのは、きっとソフィーの心情っつーか、テンションの変化を表しているんだと思うんだけど、この辺りの説明が一切ないので分かりにくいと言われる一因かも知れない。誰も突っ込まないのも不思議だったしね(笑)

萌えと離してこの映画を語るのは非常に難しいのですが(笑) 何回も観たい映画だなぁと思いましたね。「一回観ただけじゃ分からない」ってんじゃなくて、何回も観て新たな発見がしたいって感じ。一回で十分!って人と何回でも観たい!って人にクッキリ分かれるタイプの作品だと思う。実際分かれているみたいだし(笑) 主に女性に支持されてるようですが、それも分かる。なんたって、王子様とそれに惚れちゃう女の子(でも大半おばあさん)の物語なんて、男が観て楽しいかって言ったら違うと思うし。しかも王子様が萌えの化身だしね。前回の「千と千尋の神隠し」は「小さい女の子の為の作品が少ない」と宮崎監督が作ったと聞いたが、それで行けば「ハウルの動く城」は純真な乙女心を失って久しい婦女子達の為に作ったのかも知れない。ええ、純真な乙女心なんざとっくの昔に葬り去ったと思った私でさえ、あの頃に戻ってときめきめときすさせて頂きましたとも!

さすがだ、宮崎駿。萌えキャラまでお茶の子さいさいか。平伏します。ですから、原作のあんなシーンやこんなシーンを入れて続編作って下さいっ!!勿論声もそのままで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。