飼い猫の話を中心に、漫画だの小説だの日常の話も少々。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヲタによるヲタの為の映画。
2010年10月14日 (木) | 編集 |
最寄りのシネコンでやってるから、土曜日辺りにでも観に行こうと気軽に構えていたら、午前中上映は今週金曜日までで、それ以降は夕方と夜しか上映が無いと知ったのが、昨日の朝8時過ぎの事。奇遇にもこの日は仕事が休み。上映時刻は9時40分。余程渋滞してなければ、9時に家を出れば余裕で30分までにはシネコンに着ける計算だ。私は瞬時に決断した。ネット予約で席を取って、速攻シネコンに向かった。上映に間に合うよう用意出来る時間ギリギリで、映画館のスケジュール確認した自分、ъ(゚Д゚)グッジョブ!! 最早運命としか言いようが無い。

なんとか時間内に着いてチケット交換して辺りを見回す。流石田舎のシネコン。レディースデーだと言うのにガラガラ(笑) ロビーに居る人はざっと見積もって30名いるかいないかって感じ。まぁ、平日初回の時間帯だからこんなもんだろうな。併設のショッピングセンターも閉まってる時間帯だし。

飲み物買って上映館に行くと、見事に客は私だけ!「JPを貸し切ったりぃ~~!!!。゚+.(・∀・)゚+.゚」と喜んでいたら、後から2人増えて結局3人での鑑賞となった。少ないと思うなかれ。上記でも述べたように、ロビー全体ですら30人いるかいないかって寂しい状況なんだから、貸し切りじゃ無かっただけでも驚きな位なのだ。広い空間に見事にバラけて座る事になったお仲間は、別な意味でもお仲間だった。そう、それは『アニメヲタク』一目でそれと分かる、今時珍しいタイプの男女(それぞれ一人で鑑賞)であった。うん、親近感♪

前置きが長くなりましたが…感想を一言で言うならば、まさにタイトルの言葉。

アニメヲタは観るべし!これはアニメヲタの為の映画だ!

声を大にして言いたい。

過去に、ルパン三世、ガンダム、マクロス、北斗の拳、AKIRA、エヴァ、トランスフォーマー、ウテナ、カウボーイ・ビバップのどれかにハマった事のあるそこのヲタクなあなた!!観るべきです。心底楽しめると思うから。他にも色んなエッセンスあると思うんですが、自分が過去ハマったアニメでエッセンスを感じた作品を列挙してみました(笑) キャラ的な要素で「千と千尋の神隠し」も入ってます(*´艸`) くもじい(違)ラブ

先に観た萌え友HTさんが「千と千尋」「AKIRA」を挙げてて、「これとこれがどうやったら一つの作品に存在するの??」と思ってたけど、存在してました!(笑) まさに絡み合ってました!!ちょっと感動

キャラ造形が一々素敵で面白くて。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!
いっそJPが地味に見える程、皆様個性的で。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!
JPとくもじい(だから違うって)との掛け合いが。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!
物凄い濃い世界観を、一切説明台詞ナシで押し切ってしまう感じが。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!

「考えるな、感じろ」ってヤツでしょうか(笑) 星の名前だのなんたら条約だのあの世界独特のモノの名前だの、一切説明する事なく物語が突き進んで行く。この突き放し加減が、ヲタには堪らない(´∀`*)萩尾望都のSF漫画もそうなんだけど、「画面に映る情報から察せよ」って事なのよ。そうすれば、感じ取れる。100%感じなくてもいい。70%は感じ取れればそれで充分面白い。

そんな感覚、久しく忘れてたからすっげぇ楽しい時間でございました。誰の声も浮く事無かったから、物語に没頭出来たしね(´∀`*)木村くんは勿論、蒼井優がすげぇ上手くてビックリした!くもじいの声は青野さんだったのねぇ~~(人´∀`)ス―パーデビル様っすよ!!(誰も知らねぇ~~)早く元気になって下さいね!!そしてボルトン大佐はCSIマイアミのホレイショだ~~~(*・∀・)すげぇ!!

ロボワールド側の人達が、悪役な癖にイマイチ憎めない感じで好きだ~~(´∀`*)補佐官みたいな人(名前失念)がどんな内容の伝令にも冷静でワロタ(*´艸`) 参加者も強烈で。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!! あの歌って踊るレーサーの二人組も好き(´∀`*)合間合間に入る「REDLINE NEWS」も好き(笑)あんな番組、有りそうだし!!

そして、音楽がこれまた。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!これはサントラ買うぞ~~!!
最後の展開にはビックリしたけど(笑) 上手く過去の伏線も生かせてるし(これが中々に難しいのよ)、無条件に楽しめた約2時間でした(人´∀`)DVDも出るだろうけど、出来れば映画館であの音楽を体感して欲しい所。でも、いかんせん上映館が少な過ぎる・゚・(ノД`)・゚・どうか、無事にナツリちゃんが観られますように…!!(絶対好きな世界観だと思うの)


スポンサーサイト
逆効果。
2010年03月10日 (水) | 編集 |
私は、テレビシリーズの時から「踊る大捜査線」が大好きで、勿論映画も観ているしDVDも持っている程だ。で、今回映画の第三弾が公開されるっつー事で、製作に関わっているフジテレビが、まだ撮影中の今から張り切って「めざましテレビ」の芸能コーナーで特集を組んだりしている。それは、いい。別に他の局でもしている事だし。

だが。

その、特集が問題なのである。皆藤愛子という、お天気キャスター上がりのキャスターが、「怪盗愛子」と称して「踊る」の現場を取材しているのだが…

これが
果てしなく鬱陶しいのだ

この、腹の底から湧き上がる嫌悪感は一体何なんだろう。普段軽部と一緒に芸能コーナーやってる時は何とも思わないのに(「愛子の会いたいYOU」はイラッとするが)。で、考えてみた所、肝心な映画よりも、「ほぅら、うちの愛ちゃん、可愛いでしょ!踊るのスタッフもメロメロでしょ!今日は、愛ちゃん婦警さんコスだよ~!ほぅら、とっても似合ってて可愛いねぇ!」って声が聞こえて来そうなスタッフの自己満足と内輪受け満載で、映画なんか二の次さんの次扱いなのがムカつくんだろうと言う結論に至った。「踊る」のファンは「踊る」の情報を普通に知りたいだけなんだよ!誰も怪盗愛子なんか見たくねぇんだよ下手な軽部との小芝居まで付いて来た日にゃ、映画を観る気すら失せそうだ

昔なら、普通にスリーアミーゴズか、真下辺りがレポーターになって映画の紹介をしていた筈なのになぁ…めざましの暴走はどこまで続くのか。めざまし見なきゃ済む話なんだけど、次の月9木村くんだから、見ない訳には行かないし、コーナーで時間測ってるから他の局だと動きにくいんだよな(;´∀`)

なんにせよ、内輪受けはみっともないって事だ。

Σ(゚Д゚)ハッ
まさか、月9には絡んでこないよな…?怪盗愛子…((((((;゜Д゜))))

拍手レス
フジの女子アナで好きだったのは、八木アナと小島なっちゃんと、現役なら高島彩位かなぁ…。てか、怪盗愛子はアナウンサーでは無いんだよね。一体あの立ち位置は何なんだ(´А`)もう、マジで止めて欲しいのよ怪盗愛子出る度にTVに向かって怒ってるキモイ母に引く子供の姿も見たくないし。←大人げない

頼むから、月9には絡んで来ませんように…!(-人-) 「会いたいYOU」←(「YOU」と書いて「よぅ」と読む)にでも絡もうもんなら自慢のLED AQUOSをかち割ってしまいそうだ


「魔法にかけられて」を観た。
2008年04月06日 (日) | 編集 |
魔法にかけられて


昨日は久々に映画を観に行った。子供達とママ友と一緒に。連れの子供は全員男子なのに、完全女子向け映画だったので「大丈夫か?」「間が持つか?」と危惧していたのだが、大丈夫であったようで安心した。

さて、映画の方はディズニーアニメの見本中の見本って感じのアニメで始まる。韻を踏んでいきなり動物達と歌い踊りだすヒロイン・ジゼルに、ディズニーのセルフパロディー力を見た!(;・∀・)お見事!でもこの皮肉は子供には伝わりにくいんだろうなぁ…。子供に連れて来られた大人向けのささやかなプレゼントって感じ?

俳優に似せてアニメのキャラクターを設定したってのは分かっててもあまりに「そのまんま」なのが面白かった!特に悪の女王なんかアニメより現実の方が怖いし!((((;゚Д゚)))) アホっぽい王子様も面白くて良かった。ええ人やったし(笑)

特に何も考えずに観れるし、映像や音楽は良いし、ジゼルのドレス(カーテンだったりカーペットだったり)は可愛いし、中々楽しい映画でございました(*´∀`)

…ただ、ただね。ジゼルは歌声で周囲にいる動物達を引き寄せて、家事を手伝わせる力があるんですけども、その中にね…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルあぁ、文字にするのも嫌な生き物がぁあああ~!!超リアルなCGで動いておりますよ!!群れをなして!!!ひぃ~~~!!

でも、一緒に観てた観客達は動じない人達だったのか、「ぎょえ~~!」となってたのは私とママ友だけで、なんとも静かな館内…(;・∀・)ああいう場面では他の方々と「ぎょえ~!」となりたいもんざんす。

最後のオチもディズニーらしいっちゃあ、らしい終わり方でそれもまた良しでしたわ。
「HERO」観ました!
2007年09月10日 (月) | 編集 |
本日、一回目の上映を観て参りました~(´∀`*)田舎のシネコンの平日の一回目にも関わらず、結構埋まっておりましたよ取り敢えず、その場に居た人のほぼ80%以上は「HERO」を観に来ていた人みたいでした。へへ。自分の事のように嬉しいぜ。

さて、感想ですが!

月並みな言葉になりますが、面白かった!城西支部が城西支部のまんまで居てくれた事の喜びと久利生さんが久利生さんのまんまで居てくれた事の喜びが、メインテーマが聞こえて来た時にピークになって

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

と心の中で絶叫致しましたよ(笑)

上手く脚本を練っているなと思いました。色んなエピソードが繋がってほどけて行く様を見守るのは、上質のミステリーのクライマックスの謎解きを見て行くような心地で凄く気持ち良かった!最初「韓国ロケ&ビョンホン出演」の一報を聞いた時には萎えたものでしたが、そこは間違えない製作陣です!色んな雑誌での発言を見ていて「これは信頼出来そうだ」と思ったんですが、実際見て実感しました。上手く使ってますね!ドラマでも、ほんの少しの登場時間しかないキャラでも凄く印象的に描く事を得意としている「HERO」の真骨頂を見せつけましたね!この辺、凄く上手かったです。

無駄なモノを省いて、でもお遊びもキッチリ入れて、城西支部の各メンバーにも見せ場を与えて…。凄く上手く作ってありました。そして、そこかしこに感じる製作陣の作品に対する愛情が本当に心地良かったです(´∀`*)色々危惧してた部分は、ほぼ杞憂に終わりました~それが何より嬉しい。

以下、ネタバレ含んでるので別枠で。




[READ MORE...]
「しゃべれども しゃべれども」を観ました~♪
2007年05月29日 (火) | 編集 |
ツンデレ戸川


いつものメンバーで観て参りました~♪原作も未読で前情報も限りなくゼロ状態での鑑賞だったのですが、非常に良い映画でございました(´∀`*)で、今公式見に行ったら普通に国分の画像満載(しかも予告編もあり!)で驚いた!映画はかなり規制が緩くなって来た模様ですな。そういや、「武士の一分」でも木村くんの画像は解禁されてたっけ。この調子でドラマも解禁しろ!J事務所!

さて、この映画は登場人物が整理されてて見てて散漫にならない所が良いですね。それぞれのキャラも立ってたし。特に香里奈演じる十河のツンデレっぷりには感動すら覚えました(笑)いや、「デレ」すらない「ツンツン」と言った所か。「美人だけど無愛想」っていうキャラにピッタリ!私なら声かけられないわ(笑) なまじ美人だから無愛想な表情に迫力が出るんだよね(;・∀・)

どのキャラも個性的で、良い感じなんですが、中でも大阪から越して来て馴染めない村林少年がすんごく良かった!喋る事が一々可愛い!表情も可愛くてね~(´∀`*)ぶかぶかの阪神の帽子被って喋ってる所が倒れる程可愛かったわ~。ちびっこい村林少年と、でかい湯河原さんのコンビが何気に好きでした(´∀`*)この二人の会話がツボ!笑うシーンのほとんどがこの二人関連だったように思います。

実は今回初めて、国分が芝居をしているのをまともに見ました(すんまそん)改めて見ると、やっぱり「あぁ、国分もジャニーズなんだねぇ」と思いましたわ。いえ、顔立ちが。矢張り整ってますな。着物も似合ってて良かったし。練習時とは見違える程良い出来だった「火焔太鼓」は全編通して聞きたかった程でした(´∀`*)しかし、十河とのカップルは二人共ツンデレなので、今後のこの二人の恋路は色々前途多難なのではないかと心配してしまいます(余計なお世話)。

みつ葉(国分)のおばあちゃん(八千草薫)がこれまた良い味出してましてね(´∀`*)ちゃっきりしたおばあちゃんで、皆の「まんじゅうこわい」を聞いてたら覚えちゃって「私の方が上手いねぇ」って呟いたりしてて、可愛いんですよ。いいなぁ、こんなおばあちゃん。こんなおばあちゃんが欲しかった…(実際のばあちゃんの立場は)。

そして、伊東四朗は矢張り上手かった!流石師匠です。「タイドラ」ん時の西田さんも本当に上手かったけど、矢張りプロですなぁ。大御所と言われる所以だと実感しましたわ。一門会にて、みつ葉は「火焔太鼓」を披露するんですが、それが改心の出来で、それを見て「お?」となる師匠。が、そこは矢張り師匠です。軽くその改心の出来を上回らなければならない。そこを見事に演じてらっしゃいましたね。ちょっと話の筋とはズレた所で感動しました。「火焔太鼓全編通して見たかったなぁ~。

村林少年が落語に興味を引かれた、上方落語・桂枝雀の本物のビデオ。一瞬映っただけの映像だったのに、これがやっぱり見事でした!もうちょっと見たかった~~。今度レンタルして見てみようかなぁ…。

そんな感じで、派手な展開も劇的な事もない、極々普通の日常を切り取った映画だったんですが、ほっこり出来る良作でございました(´∀`*)



で、映画の前にある次回作の予告編で私は驚愕の新事実を知ったのです。

くらもちふさこ原作の「天然コケッコー」。これを、私はナレーションが音読したのを聞いて「天然コケコッコー」ではないのだと言う事を、生まれて初めて知ったのです!あまりに驚いて、友人に確認した所3人が3人共「コケコッコー」だと思っていた模様。映画が始まる前にチラシを見つつ普通に「あぁ、今度これやるんだ。「天然コケコッコー」って言ってましたからね。

人間の目ってのは何ていい加減なのかと、改めて実感した次第でございます_| ̄|○ でも、絶対に私達以外にもあのナレーション聞いて「えっコケコッコーじゃないの??」と思った人が10人はいた筈だ!!!

そして、更にその後の飲み会で新たに知った真実。オーランド・ブルームを、語感だけで今回の来日ニュースを見るまで女優だと思い込んでいた私は、彼が「指輪物語」のレゴラスだと初めて知り、心底驚愕致しました。さすが、俳優だぜ!(いや、それ以前の問題だから)

この外国俳優(特に西洋人)への認識力の無さはいい加減なんとかせにゃなりませんな(;´Д`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。